ここでは実際に映画「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の評価・・・4つ星

epi202

原 題: STAR WARS EPISODE II: ATTACK OF THE CLONES
製作年: 2002年
製作国: アメリカ
出演者: ヘイデン・クリステンセン ユアン・マクレガー ナタリー・ポートマン
    : イアン・マクディアミッド ペルニラ・アウグスト アンソニー・ダニエルズ
    : サミュエル・L・ジャクソン クリストファー・リー ジミー・スミッツ ケニー・ベイカー
監 督: ジョージ・ルーカス
製 作: ジョージ・ルーカス リック・マッカラム
脚 本: ジョージ・ルーカス ジョナサン・ヘイルズ

あらすじ

青年へと成長したアナキン・スカイウォーカーはオビ=ワン・ケノービの指導の下、フォースの力を習得し優秀なジェダイの騎士となるべく修行に励んでいた。その頃、銀河元老院では、ドゥークー伯爵の画策により、数百もの惑星が一斉に共和国からの脱退を宣言する。これにより、ジェダイだけでは銀河を統治できないと判断した元老院では、クローン軍隊の是非を問う重要な投票が行われようとしていた。この会議に出席するため惑星コルサントに向かっていたナブーの元女王アミダラは、途中で何者かに命を狙われる。オビ=ワンとアナキンはこの事件の調査のためナブーへと派遣されるのだったが……。(TUTAYA Onlineより引用)

 

感想/レビュー

スターウォーズの第5作目に当たるエピソード2ですね。

今作ではアナキンがジェダイの騎士見習いとして暴れまわります。

また作中ではシリーズで唯一の恋愛ストーリーが描かれていることも特徴ですね。

作品を見ての率直な感想は、SF映画としてはもの足りなかったというのが正直なところです。

ただスターウォーズ全体でみると非常に重要な回であることは間違いありません。

とはいえアナキンの苦悩する姿は見ていてイライラさせられるのも事実ではないでしょうか・・・。

ヨーダが生き生きと動いていたのには心が躍りましたけどね(笑)。

出演者には前作同様ユアン・マクレガーナタリー・ポートマンイアン・マクディアミッドペルニラ・アウグストアンソニー・ダニエルズサミュエル・L・ジャクソンケニー・ベイカーらが出演し、新たにジャンパーなどに出演しているヘイデン・クリステンセン、ブレイズ・ザ・チャイルドなどに出演しているジミー・スミッツなどが起用されていました。

このころのナタリー・ポートマンが一番かわいいと思っているのは私だけでしょうか?(笑)

また吹き替えで見ているからなのかヘイデン・クリステンセンの演技があまりうまくないと感じるのは気のせい?

個人的に今作で一番好きなのはR2D2だったりする私です(笑)。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

物語の背景(Wikipediaより引用)

『エピソード1/ファントム・メナス』より約10年後、旧態依然として腐敗による機能低下が進む銀河共和国を見限り数千の星系が離脱を表明、元ジェダイのドゥークー伯爵を中心に分離主義勢力を形成して共和国との間に緊張状態を生じていた。この事態に対して、共和国の軍隊保有の是非を問う元老院議会での投票のため惑星コルサントを訪れたパドメ・アミダラ元老院議員だったが・・・。

パドメ(ナタリー・ポートマン)が惑星コルサントを訪れるが、着陸した直後船が爆破されてしまう。

乗組員は全滅してしまいパドメも殺されたかと思いきや、船に乗っていたパドメは影武者だった。

多くの犠牲を出しながらも難を逃れたパドメはジェダイ評議会とパルパティーン最高議長(イアン・マクダーミド)が話し合っている場に顔を出す。

palpy05

マスター・メイス・ウィンドゥ(サミュエル・L・ジャクソン)はパルパティーンに戦争になれば勝ち目はない、ジェダイの騎士は兵士ではないと念を押す。

パドメはヨーダに自分を狙ったのはドゥークー伯爵(クリストファー・リー)なのではないかと思うと話すが、それを聞いたヨーダは元ジェダイの騎士であるドゥークーが黒幕であるはずがないと否定した。

だがパドメが狙われたことを重くとらえたパルパティーンは彼女に護衛をつけるよう提案する。

ジェダイ評議会はパドメの護衛にオビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)とアナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)をつけることに。

オビ=ワンとアナキンはすぐにパドメの元へやってきて久しぶりの再会を懐かしむ。

パドメは一瞬大きくなったアナキンに気が付かず、この10年間片時もパドメのことを忘れたことがなかったアナキンは少し不満に思った。

その夜、パドメが眠りにつくとオビ=ワン達は寝ずの番をしていた。

どうやらアナキンはいつまでも自分を子供扱いするオビ=ワンに不満が募っているらしく、彼に対してはいつも否定的な態度を取っていた。

その夜もいつものように言い争いになるが、ここで2人がフォースに異変を感知する。

寝室で眠っていたパドメが刺客に襲われたのである。

Kouhun-hd

パドメはなんとか無傷で済み、オビ=ワンは刺客を確かめるために外から狙っていたドロイドに飛び乗る。

アナキンはスピーダーに乗りオビ=ワンの後を追った。

オビ=ワンの飛び乗ったドロイドは暗殺犯の元へ帰って行ったが、犯人はオビ=ワンを確認するとドロイドごと彼を撃ち落とした。

撃ち落とされたオビ=ワンはアナキンのスピーダーにより拾われ、2人は暗殺犯を追っていく。

sw_speeder

アナキンは犯人の経路を予測し先回りすると、スピーだーからか飛び降り相手のスピーダーに乗り移った。

アナキンの活躍により敵のスピーダーは墜落するも、犯人の女にはバーに逃げられてしまう。

そこへオビ=ワンも合流してバーの中で犯人さがしをすることに。

オビ=ワンはアナキンに捜索を命じると自分は酒を飲み出した。

landscape-1447669168-ewan-mcgregor-death-sticks

だがこれは相手を油断させおびき寄せるためだった。

オビ=ワンの作戦通り、敵はオビ=ワンを狙ってくるが見事に返り討ちにし捕らえることに成功する。

敵はザム・ウェセル(リーアナ・ウォルスマン)という名前である賞金稼ぎに暗殺を頼まれたのだという。

オビ=ワンはその賞金稼ぎの名前を聞き出そうとするが、そこへ毒矢が飛んできて女は死んでしまう。

どうやらその賞金稼ぎが口封じのために殺したようだった。

黒幕を突き止めるためオビ=ワンはその毒矢を持って古い友人を訪ねた。

するとその毒矢は非常に珍しいもので惑星カミーノという場所で使われているものだと教えられる。

Dex_Obi

また惑星カミーノではクローンの製造を行っておりその技術は非常に高いのだとか。

古い友人はオビ=ワンにカミーノ人と仲良くなるにはへりくだることだとアドバイスし、カミーノについては公文書館で調べるといいと教えてくれた。

オビ=ワンはすぐに公文書館で惑星カミーノについて調べようとするがなぜか教えてもらった位置に惑星がない。

職員に尋ねてみてもそこにないのなら存在しない惑星ですと言われてしまう。

jedi-library-e1450231910810

不審に思ったオビ=ワンはこのことをヨーダに報告した。

ヨーダはオビ=ワンに重力の痕跡が残っていることから、その中心に行けば惑星があるはずだとアドバイス。

オビ=ワンは公文書館の記録を改ざんできるのはジェダイだけだと言い、ヨーダは用心するよう言い付ける。

一方、パドメの護衛はアナキンに一任されることになる。

パドメは身を隠すためにナブーへと戻ることを提案し、アナキンもそれを承諾。

2人は森の中にある別荘のような場所で過ごし、アナキンはパドメに恋心があることを明かす。

x240-5g0

だがジェダイの掟では人を愛することは執着心をうむとされ禁止されていた。

パドメもそれを理解しており、キスしてきたアナキンに理性で歯止めをかける。

そのころ、オビ=ワンが惑星カミーノに到着していた。

オビ=ワンが建物に入ろうとすると中から人が出てきてずっと待っていたと言われる。

そして首相ラマ・スーのもとに連れて行かれたオビ=ワンは10年前に今は亡きマスター・サイフォ=ディアスからクローンの軍隊を作るよう依頼を受けたと教えられる。

何が何だかわからないオビ=ワンは取りあえず話をあわせ、クローン軍団を見せてもらうことに。

sw_lgi_gallery_06

その規模は想像以上のものであり、そのクローンの元になっているのはジャンゴ・フェット(テムエラ・モリソン)という人物であると聞かされる。

オビ=ワンはジャンゴに取り次いでもらえるようお願いすると快く承諾される。

ジャンゴのもとにやってきたオビ=ワンは挨拶も早々に、コルサントに来ていたのではなどとゆさぶりをかける。

尻尾はつかめなかったものの、オビ=ワンは彼がザムを殺した賞金稼ぎだと確信。

オビ=ワンはカミーノで知ったことを全てジェダイ評議会に報告した。

それを聞いたヨーダはジャンゴを生きたまま連れてくるよう指示。

指示を受けたオビ=ワンは逃げようとしているジャンゴの元へ向かい、激しい戦いとなる。

Obi-Wan_vs_Jango_AotC

激闘の末ジャンゴを追い詰めたオビ=ワンだったが、あと一歩のところで反撃にあい取り逃がしてしまう。

逃げたジャンゴは惑星ジオノーシスへ向かい、オビ=ワンも後を追った。

だが途中で気がつかれてしまい手痛いを食らうことになってしまう。

オビ=ワンはやられたふりをして身を隠しジャンゴをやり過ごすと、ジオノーシスに乗り込んでいった。

するとそこには多くの通商連合の船がとまっていた。

怪しい雰囲気を感じ取ったオビ=ワンは一人で捜索することに。

すると分離主義勢力のドロイド生産工場があることがわかり、通商連合の代表が分離主義勢力の代表とドゥークー伯爵とな話し合っているところを目撃する。

1-dooku-bio-1_copy_d3514fc0

船に戻ったオビ=ワンはすぐにジェダイ評議会に報告しようとするが、距離があり過ぎて電波が届かない。

そこでコルサントにいるはずのアナキンを中継して映像を届けてもらうことに。

一方、パドメを護衛するアナキンは母が殺される悪夢を見ていた。

以前から同じ夢を見ているアナキンは母を助けたい思いが強く、護衛を放棄してタトゥイーンに行くと言いだす。

アナキンを心配するパドメは彼を一緒にタトゥイーンへ向かうことに。

still-of-natalie-portman-in-star-wars-episode-ii-attack-of-the-clones-2002-large-picture

アナキンはかつて自分を雇っていたワトーの元へ行くが、母は水耕農夫ラーズという人間に売られた後だった。

すぐにラーズの家を訪れた2人だったが母はそこにもいなかった。

母はラーズの妻となり2人の子供にも恵まれ幸せに暮らしていたようだった。

ただ1か月前に盗賊タスケン・レイダーに誘拐されたというのである。

アナキンは一人でタスケンのアジトへ向かい母親を探した。

すると明らかに拷問されたような跡がある母を発見する。

しかし母はもう手遅れの状態であり、最後にアナキンに愛していると伝えると息を引き取った。

怒りを絶望に襲われたアナキンはタスケンを皆殺しにしてしまう。

starwars2-movie-screencaps.com-9459

ラーズの家に帰ったアナキンはこのことをパドメにも正直に話した。

パドメは全能な人間などいないと慰めようとするが、アナキンは全能になってみせると危ない一面を見せ始める。

その後ラーズ家の人間と一緒に母を埋葬したアナキンだったが、そこへ船に残していたR2D2がやってくる。

オビ=ワンからの連絡を受け取っていたからである。

アナキンはオビ=ワンの指示通りすぐに映像をジェダイ評議会に送った。

映像にはドゥークー伯爵が黒幕であることや大量のドロイドを生産していることなどが記録されており、最後にはオビ=ワンが敵に襲われるところも映っていた。

これを見たヨーダはアナキンにその場に待機しパドメの護衛の専念するよう指示を出し、ジオノーシスにはメイス・ウィンドゥが行くことに。

オビ=ワンを助けに行きたいアナキンだったが命令を無視するわけにはいかないとパドメに話す。

そこでパドメは自分がオビ=ワンを助けに行くから護衛してとオビ=ワン救出にジオノーシスへ向かうことになる。

一方、分離主義勢力がドロイドを生産し戦争を起こそうとしていることを知った共和国では対抗勢力を作る必要に迫られていた。

だがそれにはパルパティーン最高議長に全権を委任する必要があった。

パルパティーンはパドメの代理として残っていたジャー・ジャーをそそのかし、動議を発動させると全権を手中の収めることに成功した。

ian-mcdiarmid-as-supreme-chancellor-palpatine

これによってパルパティーンは軍隊設立を宣言。

それを見ていたヨーダとメイス・ウィンドゥはただただ悲観するだけだった。

またこれを見て戦争が起こると確信したヨーダはカミーノへ行きクローンの軍団を用意することに。

オビ=ワン救出のためジオノーシスにやってきたパドメとアナキンは必死にオビ=ワンを捜索。

そのころ、ドゥークー伯爵に捕まったオビ=ワンは一緒に共和国と戦わないかと誘いを受けていた。

ドゥークーは自分の弟子であるクワイ=ガンなら断らなかったと言い、オビ=ワンを誘惑するが断固として拒否した。

ジオノーシスに潜入したパドメとオビワンは数々の障害に阻まれ結局的につかまってしまう。

そしてオビ=ワンを含めた3人は処刑されることに。

死を悟ったパドメは死ぬ前にアナキンに愛していると告白し、それを知ったアナキンは驚きながらもうれしさがこみ上げてきた。

attackoftheclones_3278655a-xlarge

その後、3人は処刑のため闘技場で柱にくくりつけられた。

そこに3体の化け物が放たれる。

しかしオビ=ワン達は鎖を自力で外し、抵抗を見せる。

そこへ救助に駆け付けたメイス・ウィンドゥ率いるジェダイの騎士がやってくる。

闘技場ではジェダイの騎士とドロイド軍による戦いが始まった。

闘技場ではドロイドに加えジャンゴが参戦していたが、メイス・ウィンドゥにより首をはねられる。

だが数で圧倒的に劣るジェダイの騎士は次第に追い込まれていく。

そしてついにドロイド軍に囲まれてしまう。

star-wars-episode-ii-attack-of-the-clones2

ドゥークー伯爵は最後に降伏するよう提案したがメイス・ウィンドゥはこれを拒否。

ドゥークーは処刑の合図を送ったが、そこへカミーノからクローンの軍団を連れてきたヨーダによって助けられる。

ヨーダが連れてきたクローンの軍団の力は圧倒的で、ドロイド軍を制圧することに成功する。

Republic_Assault

逃げたドゥークー伯爵をオビ=ワンとアナキンが追っていった。

ドゥークーに追いついたオビ=ワンはアナキンに2人でかかると言ったが、アナキンはそれを無視して一人で戦いに行ってしまう。

だがオビ=ワンの予想通りアナキンはなすすべなくドゥークーにやられてしまう。

sw2

一人ドゥークーに善戦するオビ=ワンだったが、クワイ=ガンの師匠というだけありその実力は本物だった。

次第に劣勢になっていきとうとうライトセーバーを弾き飛ばされてしまう。

オビ=ワンにとどめを刺そうとするドゥークーだったが、ここで意識を取り戻したオビワンが戦いに復帰。

オビ=ワンを越えたと豪語するだけあり、互角の戦いを繰り広げるオビワンだったが、一瞬のすきをつかれて右腕を切り落とされてしまう。

Screen-Shot-2015-03-09-at-1.03.37-PM-e1425931549142

ドゥークーは2人にとどめを刺そうとするが、そこへついにヨーダがやってくる。

ドゥークーはフォースでヨーダに攻撃するがヨーダのフォースも強力で決着はつかない。

ドゥークーはライトセーバーで決着をつけようと言い、ヨーダもライトセーバーを構えた。

そして2人の激しい戦いが幕を開けたのである。

ドゥークー伯爵はフォースでオビ=ワン達のそばにあった柱を倒し、ヨーダがそれを止めているうちに逃げてしまった。

ひとまず勝利を手にした共和国だったがパルパティーン最高議長によりクローン兵団が作られてしまい、いよいよクローン戦争が始まろうとしていた。

一方、アナキンは失った右手に義手をはめ、ジェダイの掟にそむきパドメと結婚式を挙げるのであった。

936full-star-wars-episode-ii-attack-of-the-clones-screenshot

・・・という感じです。

ヨーダの軽快な動きが見れてよかったですが、ドゥークーのなかなかの手練でしたね。

アナキンは掟を破ってパドメと結婚してしまいましたし、ここから泥沼にはまることになるんですね。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐トレーラー

次回はいよいよダースベーダーの誕生ですね。

どうやってアナキンが暗黒面に落ちていくことになるのかに注目です。

以上がスター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の感想とレビューでした。