ここでは実際に映画「ヒューゴの不思議な発明」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

ヒューゴの不思議な発明・・・3つ星

Hugo2

原 題: HUGO
製作年: 2011年
製作国: アメリカ
出演者: ベン・キングズレー クロエ・グレース・モレッツ エイサ・バターフィールド
    : ジュード・ロウ サシャ・バロン・コーエン エミリー・モーティマー
監 督: マーティン・スコセッシ
製 作: エマ・ティリンジャー・コスコフ デヴィッド・クロケット ジョージア・カカンデス
     : クリスティ・デンブロウスキー バーバラ・デ・フィーナ
脚 本: ジョン・ローガン

 

あらすじ

ブライアン・セルズニックのベストセラー小説を「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ監督が自身初の3Dで映画化したファンタジー・アドベンチャー。1930年代のフランス、パリを舞台に、駅の時計台に隠れ住む少年が父の遺した機械人形の謎を追って不思議な大冒険を繰り広げるさまを、美しく幻想的な3D映像で描き出していく。1930年代のフランス、パリ。父を亡くした少年ヒューゴは、駅構内の時計台に隠れ住み、時計の整備をしながら孤独な毎日を送っていた。そんな彼の心のよりどころは、父が遺した壊れたままの不思議な“機械人形”。その修理に悪戦苦闘していたヒューゴは、冒険好きの少女イザベルと仲良くなり、一緒に機械人形の秘密を探ってゆくのだが…。 (TSUTAYA online より引用)

 

感想/レビュー
 

CMを見ておもしろそうだった映画だったので取りあえず見てみた作品になります。

出演はシンドラーのリストなどに出演しているベン・キングズレー、モールスやダークシャドウに出演している今波に乗っているクロエ・グレース・モレッツ、縞模様のパジャマの少年に出演したエイサ・バターフィールド、シャーロックホームズシリーズでおなじみのジュード・ロウなどが出演しています。

ヒューゴの不思議な発明予告編動画(これからみようと思っている方に)

日本語版

英語版

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は時計台に住む少年ヒューゴことエイサ・バターフィールドが父の死をきっかけに父の残した機械仕掛けの人形を修理するという物語です。

人形を修理している間にいろいろな人とのつながりができ、その人々と人形が大きくかかわっていることが分かってきます。

人形を作ったのはイザベルことクロエ・グレース・モレッツの父親であるジョルジュ(ベン・キングズレー)であることが分かり、最初はヒューゴに対して否定的だったジョルジュも最後には心を開くという感じのストーリーです。

自分は最初ヒューゴがいろいろな発明をしていくようなストーリーだと思っていたので見ていて少し違和感がありましたが、初めからこのストーリーとわかっていればもう少し評価も高かったかもしれません。

この映画で忘れてはいけないのは名わき役のジュード・ロウです。

彼は駅の警備員の役をしているのですが、多くの場面で笑わせてくれます

さすがジュード・ロウと言った感じです。

クロエ・グレース・モレッツを初めて見たのはダークシャドウの時だったんですが、この作品とキャラが違いすぎて驚きました。

個人的にはダークシャドウの時の方が好きでしたね。

エイサ・バターフィールドはまあ普通の子役といった印象でした。

初めてみましたが別に衝撃的なものはなかったですね。

ヒューゴの不思議な発明はストーリー自体はよくできているのでわりと楽しめる作品だと思います。

本当なら4つ星評価にしたいところだったんですが、CMを見た時の印象と違ったので1つ下がって3つ星です。

内容的には悪くなかったですよ。