ここでは実際に映画「サブウェイ123 激突」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

サブウェイ123 激突・・・3つ星

subway02

原 題: THE TAKING OF PELHAM 123
製作年: 2009年
製作国: アメリカ
出演者: デンゼル・ワシントン ジョン・トラボルタ ジョン・タトゥーロ ルイス・ガズマン
     : マイケル・リスポリ ジェームズ・ガンドルフィーニ ベンガ・アキナベ
     : ジョン・ベンジャミン・ヒッキー ヴィクター・ゴイチャイ
監 督: トニー・スコット
製 作: トッド・ブラック トニー・スコット ジェイソン・ブルメンタル スティーヴ・ティッシュ
脚 本: ブライアン・ヘルゲランド
原  作: ジョン・ゴーディ

 

あらすじ

デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの豪華2大スターを主演に迎えたクライム・サスペンス。ジョン・ゴーディのベストセラー小説を原作に、1974年の「サブウェイ・パニック」に続いて再映画化。ニューヨークの地下鉄を白昼堂々ハイジャックした凶悪犯と、その交渉相手に指名された地下鉄職員との息詰まる駆け引きの行方を緊迫感溢れるタッチで描く。ニューヨーク、午後2時。地下鉄運行指令室で勤務中のガーバーは、緊急停車したペラム駅1時23分発の列車へ応答を促す。その列車は、19名が乗車した1両目だけを切り離して停車している状態だった。すると、無線で応答してきたライダーと名乗る男から、“この1時間で市長に身代金1000万ドルを用意させ、期限に遅れた場合は1分ごとに人質をひとりずつ殺していく”との要求を告げられる。(TSUTAYA online より引用)

 

感想/レビュー

テレビでやっていておもしろそうだったので見てみました。

率直な感想を言うと、俳優のわりには面白くありませんでした。

見ていて単調なやり取りに少し飽きてしまいましたね。

あまりお勧めできる作品ではありませんでしたね。

出演者にはアンストッパブルやフライトなどに出演しているデンゼル・ワシントン、パルプフィクションやフェイス/オフなどに出演しているジョン・トラボルタ、トランスフォーマーシリーズに出演しているジョン・タトゥーロ、ラム・ダイアリーやキック・アスなどに出演しているマイケル・リスポリ、ジャッキー・コーガンやゼロ・ダーク・サーティーなどに出演しているジェームズ・ガンドルフィーニ、トランスフォーマーリベンジやボーン・コレクターなどに出演しているジョン・ベンジャミン・ヒッキーなどが起用されていました。

主演の2人以外はあまり有名な俳優は出ていませんでしたね。

単に私が知らないだけかもしれませんが・・・。

サブウェイ123 激突予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は地下鉄が何者かにハイジャックされるというもの。

ガーバー(デンゼル・ワシントン)は地下鉄運行指令室に配属されてまだ2週間しかたっていなかった。

というのも、少し前に賄賂を受け取った疑いをかけられ、罰として指令室勤務に変えられていたからである。

そんなガーバーがいつも通り指令室で地下鉄の運行を見守っていると、ペラム123号がトンネルで緊急停止していることに気が付く。

さらにペラム123号は1車両だけを切り離し、残りは逆走してしまったのである。

不審に思ったガーバーがペラム123号に通信すると、ペラム123号は何者かによってハイジャックされていたのである。

犯人はライダー(ジョン・トラボルタ)と名乗り、人質19人と1000万ドルを交換するよう要求してくる。

ガーバーは相手の口ぶりや話の内容から相手のことを少しずつ分析するが、警察がやってくるとその場から外されてしまう。

しかし警察がライダーに話しかけるとガーバーを出せと言いだし、人質の1人を殺してしまう。

警察はあわててガーバーを呼び戻す。

ライダーはガーバーと話している中で、ガーバーが賄賂を受け取った罪で役職を落とされたことについて言及する。

そして賄賂を受け取ったと言わなければ人質を殺すと言いだす。

ガーバーは仕方なく賄賂を受け取ったという。

このままでは人質の命が危ないと判断した警察は、ライダーの要求通り1000万ドルを用意することに。

なおこの時ハイジャックの影響でニューヨークのあらゆる株価は下落の一途をたどっていた。

実はライダーはウォールストリート出身で、経済のことに精通していた。

ライダーの真の狙いは1000万ドルではなく、株価の暴落によって引き起こされる利益だったのだ。

ライダーの乗る電車を包囲していた警察は、ちょっとしたミスで犯人の一人で運転手をしていた男を射殺してしまう。

このこともあり、ライダーは1000万ドルをガーバーに持ってくるように指示する。

仕方なく従ったガーバーは1000万ドルを入れたカバンに銃を隠し、自らお金を運ぶことに。

ライダーの元へお金を運ぶと、ガーバーはそのまま運転手をさせられ逃亡の手助けをやらされてしまう。

ライダーたちは一度電車を止めて、そこから逃走を図った。

電車は無人でも走るようにセットされ、人質を乗せたまま猛スピードで走り去ってしまう。

ライダーたちは降りた場所から別々に逃げようとすすが、警察の手際のいい行動により、あっけなく射殺されてしまう。

ガーバーは隠していた銃を持って、ライダーの後を追っていた。

そしてライダーを追い詰めると、打てなければ自分をお前を打つと言いライダーはガーバーに自分を撃てと言いだす。

追いつめられたガーバーはライダーが銃を持った瞬間仕方なくライダーを撃って、この騒動に終止符を打った。

暴走していた電車もなんとか終点前で止めることができ、人質も無事救出することに成功した。

こうして一連のハイジャック事件は幕を閉じるのであった。

簡単に描きましたが、内容はこんな感じです。

取り立てて盛り上がる場面も無く、ガーバーが本当に賄賂を受け取ったのかも謎のままでした。

あまりすっきりしない映画でしたね。

いまいちだったのであまりおすすめはしません。

まあ本当に暇な時に見てみるといいのでは・・・?

以上がサブウェイ123 激突のあらすじと感想のレビューでした。