ここでは実際に映画「プロジェクトA2 史上最大の標的」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

プロジェクトA2 史上最大の標的の評価・・・4つ星

原 題: A計劃續集、英題:Project A II
製作年: 1987年
製作国: 香港
出演者: ジャッキー・チェン マギー・チャン ロザマンド・クワン リッキー・ホイ
    : チャーリー・チャン デビッド・ラム カリーナ・ラウ トン・ピョウ マース ラム・ウェイ
監 督: ジャッキー・チェン
製 作: ジャッキー・チェン エドワード・タン
脚 本: ジャッキー・チェン エドワード・タン

あらすじ

前作でギャング団を壊滅させたジャッキーが、今回は水上警察に配属された。彼の担当は、指折りの凶悪地帯。様々な妨害に遭いながらも、彼はまたもや悪の組織と対決する。 (TUTAYA Onlineより引用)

 

感想/レビュー

ジャッキー映画の代名詞とも言えるプロジェクトAの続編になります。

率直な感想は非常に面白かったです。

5つ星に近い評価なのですが前作が素晴らしすぎたということでこの評価にしています。

笑える部分は確実にこちらの方が多かったですし、アクションも引けを取っていません。

残念だったのは前作で登場したユン・ピョウやサモ・ハンがスケジュールが合わず出演していないことですかね。

やっぱりあの二人の存在感は大きかったですね。

出演者にはジャッキー・チェンのほかにポリススト―リーなどに出演しているマギー・チャンなども出ていました。

後は前作にも出ていた俳優や他の作品で悪役で出ていた俳優さんなども多く出演していました。

そういえばあらすじにはいつもTUTAYA Onlineのものを引用させてもらっているのですが今回のはひどいですね。

まず壊滅させたのはギャングじゃなくて海賊ですし、水上警察には前から配属されていましたし、今回はそこから署長になって癒着などを暴いていくというものなのですが、このあらすじを書いた人は確実に作品を見ていないですね。

プロジェクトA2 史上最大の標的予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

ロン(ジャッキー・チェン)らの活躍により壊滅した海賊団の生き残りはボスの仇を討とうとドラゴンに復讐を誓いあう。

20世紀初頭、清朝末期の香港では犯罪が増え警察と犯罪組織との癒着が問題となっていた。

そんな中、最も犯罪組織とつながりがあると疑われていたのがザン署長(デヴィッド・ラム)だった。

ザンはノルマを達成するために金を渡して犯罪を起こさせそれを自分で取り締まることを繰り返していた。

ある時いつものようにザンの仕込みで強盗事件が起こり、ロンも犯人逮捕に協力したのだが、強盗の際に店主が心臓発作で死んでしまったため犯人たちは銃殺刑になってしまう。

強盗を行った2人組は話が違うとザンに詰め寄ろうとするがその場でザンに撃ち殺されてしまった。

警察署本部ではザンの悪行を食い止めるため、3つの署で署長を兼任していたのを1つ解任し、あいたポストに水上警察のロンを抜擢することに。

辞令をもらったロンは3人の部下を連れて新たな警察署へ赴任することに。

警察署に行く前に食事をしていると花を売りあるいているサンサン(マギー・チャン)とソウリン(カリーナ・ラウ)に会い花を買ってあげる。

2人は革命軍のメンバーであり、この時不当にお金を集めていたのだがロンが2人をとがめることはなかった。

だが2人が店から出るとすぐに強盗に襲われてしまい募金箱を盗まれてしまう。

騒ぎを聞いたロンは強盗を倒し募金箱を返そうとしたが、警察に見つかると都合の悪い2人は姿を消してしまう。

2人の強盗を警察署へ連れて行ったロンだったが、警察の腐敗が思っている以上に深刻で連れて行った2人は釈放されてしまう。

ロンは署長を出すように伝えるが、通された先の部屋で署員の人間に囲まれてしまう。

ロンは署員たちを返り討ちにし自分がこの警察署の新しい署長であることを皆に伝えた。

ロンと仲間たちはその地区で起こっている犯罪が全く取り締まられていないことをしり、ギャンブルや麻薬を取り仕切っている犯罪組織のフーを捕らえることに。

だがフーと強いつながりのある警察署員は誰ひとりフーの逮捕に協力しようとしない。

そんな中、ロンに就任祝いだといい部下の一人が署員から集めたといって金を渡してくる。

もちろんそれはわいろだったのだが、一人だけ集金に応じなかったものがいると聞かされすぐに呼び出した。

集金に応じなかったホー巡査(ケニー・ホー)は自分は貧乏で正義のために警察になったとロンに話し、ロンも署内で唯一信頼できる人物だと考えフーに関する情報を教えてもらった。

その後ロンがフーの逮捕へ向かうといい全署員を集めたのだが、ロンが連れてきたもの以外は誰もフーの逮捕に向かおうとせず辞職するとまで言いだしてしまう。

困ったロンはホーを加えた5人でフーの逮捕へ向かうことに。

フーがいるという店に到着したロンは敵の数が多すぎるため水上警察に応援を求めるが演習中で応援には来れないといわれてしまう。

ロンは自分たちでやるしかないと腹をくくりフーに逮捕状をつき付け戦いが勃発する。

だがあまりに多勢に無勢でさすがのロンもやられそうになってしまう。

そこへ演習をしていたはずの水上警察が応援に駆け付けフーの逮捕に協力してくれた。

捨てゼリフを吐くフーにロンは自分を倒せたら逃がしてやるといい再度戦いを挑む。

今度の相手は二人だったためロンも力を発揮し2人を叩きのめし見事に逮捕することに成功する。

そのころ、警察署では前任者のザンが荷物を取りに来ていたのだが、相変わらず署員はザンにゴマをすっていた。

そこへロンたちが帰還し、フーを逮捕したことを知ると手のひらを貸せしロンへ従ったのだった。

フーはザンに助けを求めるが、つながりを知られたくないザンはさっさと牢屋へ入れてしまえと口にするのだった。

フーは残の大切な金ヅルだったため当然ザンはおもしろくない。

そこでザンは金を儲けるために革命党と手を組むことにしたのである。

後日、保安司令(ボジダール・スミルジャニック)の誕生日パーティーが開かれ警護を任せられたロン。

ロンは怪しい人間をマークし仲間に監視させていたのだが、素性のわからない男が盗みを働いているのを発見する。

その男は革命党員のメンバーで、狙いは保安司令の高級な首飾りだった。

それを手に入れることができればザンから武器を回してもらえる手はずだったのである。

首飾りを盗んだ男は仲間にそれを渡して、疑われないように首飾りをロンのポケットに入れた。

そうとは知らないロンは皆の前で男を強盗呼ばわりし身辺検査をしようとするが、人を疑う前に自分の潔白を証明しろと言われる。

局長(トン・ピョウ)がロンの体を調べると盗まれた首飾りの一部が見つかったのだが、保安司令はこれを余興だといいその場を収めた。

司令はロンを呼び出してどういうことなのか問い詰めるが、ロンもなぜはいっていたのか身に覚えがない。

しかし直前に女にぶつかられたことを思い出したロンだったが言い訳は聞き入れてもらえず連行されてしまった。

ロンは連行されている途中でザンに会ってしまい、きちんと手錠をかけろと言われて連行していたホーと手錠で繋がれてしまう。

一方、パーティーが終わると革命党員のサンサンとソウリンが帰ろうとしていたのだが、革命党を調査している清朝の密偵にソウリンが誘拐されてしまう。

ソウリンは家に連れて行かれて革命党に関する情報を言えと尋問されそうになるが、そこへサンサンとロンをはめた革命党の男が帰ってくる。

2人はソウリンが囚われてしまったのではと危惧していたのだが、そこへロンとホーの2人がやってくる。

ロンたちはソウリンがいなくなったとサンサンから聞いており、心配で様子を見に来たのだった。

サンサンは革命党であることがばれないように男に隠れるように指示し2人の話を聞いた。

手錠で繋がっていることはうまくかくしていたのだが、ロンが催したため2人でトイレに行くことに。

すると今度は局長が家にやってくる。

局長は単純にパーティーでサンサンのことが気にいったためスケベ心丸出しで家を訪れたのだが、それはロンたちにとって都合の悪いことだった。

家の中では誘拐犯、革命党の男、ロンとホーがうまく身を隠しながらばれないようにしていた。

局長は家の水道が壊れているといい水浸しになりながら助けてくれた。

この時上着についていた手錠の鍵を使ってロンたちが解放された。

だがこの時すでに革命党の男は密偵に見つかり銃を突きつけられており、タンスの中に隠れたホーも中にいた密偵に銃を突きつけられていた。

調子に乗った局長はサンサンに手錠を見せて鍵がないのに実演してしまい、椅子と繋がれてしまう。

するとそこへ今度はザンがやってきたためサンサンは局長を必死で隠した。

結局局長とロンは顔を合わせることになってしまったのだが、この時ロンはタンスの中に誰かが隠れていることに気がついていた。

サンサンは手早くザンを追い返すとロンと局長と協力してタンスの中の敵を倒そうとする。

だがこの時2階にも敵がいることに気が付き作戦を変更。

局長とサンサンが歌を歌って注意をひきつけ2階の男を倒し、男を拷問するふりをしてタンスの中の男をおびきだし、囮を使って見事にとらえることに成功する。

密偵の2人は局長が連行することになったのだが、外に出るとザンが待ち構えており、ロンはザンに連行されることになる。

ザンは手錠を使ってロンが逃げられないようにしたのだが、今度はロンの命を狙う海賊がやってくる。

海賊は問答無用で2人を襲い殺そうとしてくる。


4分14秒まで

地元警察の協力もありなんとか逃げきった二人だったが、ザンはロンを刑務所に入れるために刑務所長に引き渡した。

しかしこれは罠であり、刑務所長は仲間を使ってロンを袋に詰めるとそのまま川に捨てたのである。

偶然これを見ていた革命党の男はロンを助け出した。

革命党のアジトに連れて行かれたロンは仲間にならないかと誘われるのだが、ロンは警察官として不正を正していくといい断った。

だが助けてくれたことには感謝し革命とのことはしゃべらないと誓う。

ロンが下の薬屋に行くとそこには自分を襲ってきた海賊の一人がいた。

男は金がなく薬を変えず困っていたのだが、素性も知らず命を狙ってきたにもかかわらずロンは自分のツケで薬を買ってあげたのである。

これにより海賊はロンを殺すべきかどうか迷い始める。

ロンが帰ろうとするとそこへ清朝の密偵と手を組んだザンがサンサンを捕らえようとしていた。

一時は革命党と手を組んでいたザンだったが、よりかねの支払いが良い清朝に寝返ったのである。

ロンはアジトの皆に逃げるように言い、自分も逃げようとするが敵に追い詰められてしまう。

抵抗するも敵の数が多く結局ロンと革命党員は捕まってしまう。

ロンはザンの手により処刑されそうになるが、絶体絶命のピンチから脱出したロンは革命党員を助けその場から逃げようとする。

革命党員は打倒清朝のための切り札となる不正帳簿を持っており、逃げきれないと判断するとそれをロンに託した。

帳簿を受け取ったロンはなんとか逃げきろうと奮闘する。


4分14秒ごろから

トウガラシまで食べて奮闘するロンだったが結局的に追い詰められてしまう。

するとそこへ海賊がやってきて、ロンに恩を感じているため彼を助けてくれた。

更にここで局長が部下を連れて応援に駆けつけてくれる。

状況が不利だと悟ったザンは一人だけでも助かろうと逃げようとするがロンはそれを見過ごさなかった。

一人ザンの後を追って仕留めることに成功したのである。

清朝の密偵も逮捕し、革命党員や海賊たちにはおとがめなしでめでたしめでたし。。

プロジェクトA2 史上最大の標的字幕なしフルムービー

——————————————————————–

この作品はDVDで見たのですが、どうやら古いものだったらしく日本語訳がはいっていなかったため字幕で見ました。

ジャッキー映画は字幕でも楽しめるのですが、やはり日本語で見たかったですね。

サモ・ハン・キンポーとユン・ピョウが出演していないのは残念でしたが、それを補って余りあるストーリーとアクションでした。

そういえばこの作品の試写会は日本が初めてだったようで、この試作版と完成版は中盤が大きく異なるのだとか。

Wikipediaより引用

完成版では、中盤で署長の策略で刑務所長に引き渡されたドラゴンはそのまま袋詰めにされて川に放り込まれてしまうが、試写版では刑務所長がそのまま刑務所に連れて帰り、死刑囚とすり替えてしまう。やがて処刑の時が来てドラゴンは刑場へ引き出されてしまうが、革命党員が刑務所の処刑担当者にすり替わっていたため辛くも一命を取り留め、救われる。一方チンは証拠隠滅のため刑務所長を暗殺してしまう、というくだりになっていた。

試作版は幻となっているため現在では見ることはできないようですが、どんな感じなのはか非常に気になりますね。

今作はプロジェクトAの続編なので是非前作と合わせてご覧になってみてください。

ちなみに自分はジャッキー映画で「唐辛子を食べるやつ」「最後に看板が倒れてくる奴」「局長が歌うやつ」がどの作品なのか気になっていたのですが、今作を見たことですべての疑問が解消しましたw

昔見た作品の記憶ってかなりあいまいですよね。

以上がプロジェクトA2 史上最大の標的の感想とレビューでした。

U-NEXT