海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第七章 氷と炎の歌」第五話『Eastwatch/イーストウォッチ』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第七章 氷と炎の歌 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT2

 

第五話/エピソード5のあらすじ

奇襲に成功したデナーリスは生き残ったラニスター兵たちにある選択を迫る。“三つ目の鴉”となったブランは“死の軍団”が“壁”に向かっていることを確認し、直ちにジョンと“知識の城(シタデル)”に使い鴉を送る。ウィンターフェルでは、アリアがリトルフィンガーに対する警戒心を強くする。北に迫る脅威をサーセイに認識させるため、ティリオンは王都に潜入しジェイミーに会う。同行したダヴォスは町の鍛冶屋で、ある人物を見つけドラゴンストーンに連れ帰る。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第七章 氷と炎の歌 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは第七章 氷と炎の歌の第五話『Eastwatch/イーストウォッチ』のネタばれになりますので注意してください。

ただ一人ドラゴンに向かっていったジェイミーは炎に焼かれる寸前でブロンに助けられていた。

2人が水面から出てきた時にはすでに戦争は終結しており、あたりには味方の死体が転がっているだけだった。

ティリオンはその死体の中にジェイミーの姿がないかを心配そうに確認していた。

デナーリスは残兵を集め自分に跪くか死ぬかの選択を迫っていた。

デナーリスの言葉だけでは屈しないものもいたがドラゴンに威圧され膝を折るものも多数出てくる。

そんな中サムの家族でもあるランディル・ターリーとディコン・ターリーは服従を拒否し死を選ぶ。

ティリオンはこれ以上名家を失うのはウェスタロスにとっても大きな損失だといい処刑をやめるように説得するがデナーリスは聞き入れない。

ターリー家の2人はドラゴンの炎によって灰になってしまった。

そのころ、ウィンターフェルではブランが能力を使って鴉に乗り移り死の軍団が迫っているのを確認していた。

ブランはメイスターにすぐに使い烏を送るように指示し、シタデルとドラゴンストーンのジョンの元へ手紙が送られる。

北部諸侯は自分たちの警告を無視し南に向かったジョンに不満を募らせており、サンサはそれを黙って聞いていた。

アリアはそんなサンサに従わないなら首をはねればいいと過激な発言をする。

首をはねれば諸侯を団結させることができなくなると反論するサンサにアリアはジョンが戻ってこない方が自分にとって都合がいいのではないかと指摘する。

アリアはサンサをけん制しながらリトルフィンガーの動向もチェックしていた。

リトルフィンガーがなにやら不穏な動きをしていると察したアリアは部屋に侵入し布団の隠し場所からある手紙を発見する。

すぐに部屋を後にしたアリアだったがその様子を影からリトルフィンガーが見ており、このアリアの行動もすべて計算されたものであるようだ。

一方、シタデルではブランから手紙が届いておりメイスター達がその手紙の内容について話し合っていたが誰一人としてその内容を信じようとしない。

その場にいたサムはその手紙を書いたのはブランドン・スタークで以前自分が壁を超えるのに手を貸したと話す。

サムはブランの言っていることは真実でシタデルのメイスターが警告すれば皆それを信じて準備を始めるはずだと主張するが、メイスターはこれがデナーリスの罠である可能性もあるといいまずは学匠ウォルカンに確認させることにとどまった。

その夜メイスターの指示で本を書き写していたサムだったがその内容がシタデルの階段の数や窓の数、果てには自分の大便の数であることにいら立ちが募り、メイスター達が本気になれば夜の王に対抗するすべがなにか見つかるかもしれないのにとジリに不満をぶちまけてしまう。

サムは図書館へ行き再び制限区域に忍び込みいくつかの書物と巻物を拝借するとジリと子供を連れてそのままシタデルを後にしてしまう。

ドラゴンストーンに帰ってきたティリオンはヴァリスから女王の暴走を止めるために同行したのではないかと非難されていた。

ティリオンは決断したのは女王で自分ではないと反論するが、ヴァリスは狂王に仕えていた時自分も殺すのは自分ではないと言い聞かせていたといい、よき相談役がいなければデナーリスは狂王と同じ道を歩むと警告する。

ジョンが丘で一人たたずんでいるとそこへドラゴンに乗ったデナーリスが帰還する。

ドラゴンは鼻息荒くジョンの方へ向かっていくが、ジョンも勇気を出してドラゴンに触れてみた。

するとこれまで誰にもな付かなかったドラゴンがジョンには従順な態度を示し、デナーリスもそれに驚いた。

デナーリスはジョンに心臓に刃を受けたという話は本当かと質問し、ジョンは周りは大げさに言うものだと笑ってごまかした。

そこへドスラク人が一人の男を連れてやってくる。

その男はドラゴンスケイルが完治したジョラー・モーモントであり、デナーリスはジョラーの帰還を心から喜んだ。

その後ウィンターフェルから手紙が届き、ここで初めてジョンはアリアとブランが生きていたことを知る。

更にその手紙には死の軍団がイーストウォッチに迫っていると書いてあった。

ジョンは今すぐ帰らなければいけないと申し出るがデナーリスはそれを許可しようとしない。

デナーリスは仮に北に戻っても戦力が足りないだろうと指摘し、自分たちも今はサーセイと戦争状態にあるため兵を貸すことはできないと話す。

ジョンは死の軍団のことを信用していないサーセイ達にその存在を認めさせるために死人を壁の北から連れて帰るという無茶な作戦を言いだす。

他に方法がないためその作戦を決行するためにティリオンはサーセイへ伝言を伝えるためにキングスランディングへ向かうことに。

壁の北にはジョンを通じて野人たちにも協力させサー・ジョラーも同行することに。

更にジョンも自ら北に向かうと言いだし、デナーリスはジョンの帰還を許していなかったが切迫した事態に対応するためジョンの同行を許可する。

ダヴォスは自分が北に行っても足手まといになるためティリオンと共にキングスランディングへ向かうと言いジョンもそれを許可した。

ダヴォスとティリオンがキングスランディングにやってくるとダヴォスが知っている抜け道をティロンに教え、自分はノミの溜まり場へと向かった。

ジェイミーはブロンに呼ばれ訓練をするという名目でジェイミーを地下へと呼びだすがその先に待っていたのはティリオンだった。

ティリオンはデナーリスから休戦の申し出を授かってきたといい、死の軍団を信じようとしないサーセイ達に証拠も持ってくると話す。

2人は父親のことで口論になるが、ジェイミーはまずはその証拠を見てからだと答えた。

ノミの溜まり場へと向かったダヴォスは鍛冶屋を訪れロバート・バラシオンの落とし子であるジェンドリーと再開する。

ジェンドリーはいつかこのような日が来ると思っていたといいダヴォスに詳しい話を聞かずついて行く決心をする。

ダヴォスは自分の素性は明かさないように指示し船に戻ったがそこへ警備兵がやってくる。

ダヴォスは2人にわいろを渡し何とかごまかすがそこへティリオンが戻ってきてしまう。

さすがの警備兵もティリオンには気が付いてしまい、やむを得ずジェンドリーが持ってきていた戦槌で兵士を撲殺した。

ジェイミーはサーセイの元へ行きティリオンにあってきたことを報告するが、サーセイはそのことも把握していた。

ジェイミーはティリオンからきいた死の軍団のことと休戦を申し出ていることを伝え、それを聞いたサーセイは自分がジェイミーとの子供を身ごもっていることを明かしデナーリスの休戦協定に応じるのもやぶさかではない態度を示す。

子供を再び身ごもったことに驚くジェイミーにサーセイは2度と裏切らないようにくぎを刺した。

ドラゴンストーンに戻ったダヴォスはジェンドリーに自分の身分を明かさないように言っていたにもかかわらず、ジョンへの自己紹介であっさりとロバートの落とし子であることをばらしてしまう。

そんなジェンドリーをジョンはあっさりと受け入れ、ジェンドリーは自ら壁の北へ行くと志願しジョンもそれを了承する。

ティリオンはジョラーとの再会を喜び共に奴隷であったころに手に入れた金貨をジョラーに渡し無事を祈った。

ジョンはジョラー、ジェンドリーらを連れてドラゴンストーンを後にする。

イーストウォッチに到着したジョンらはトアマンドに迎えられ、壁の北に行くことを説明した。

あまり乗り気ではなかったトアマンドだったがどうしても北に行くなら志願者がいるといってジョンたちを牢へ連れて行った。

するとそこにはハウンドとベリック、ミアのソロスらブラザーフッドが捕らえられていた。

ジェンドリーはブラザーフッドに売られたことをまだ根に持っており動向を反対するがジョンは同行を許可した。

ジョンはジョラー、ジェンドリー、トアマンド、ベリック、ソロス、ハウンドと数名のナイツウォッチを連れて壁の北へと足を踏み入れるのだった。

———————————————————————————-

ターリー家の2人はサムの家族だったんですね。

すっかり忘れていました。

ジョンがドラゴンに触れられたのはやっぱりターガリエンの血なんでしょうね。

サムはしびれを切らしてシタデルから出て行ってしまいましたが、持ってきた本に重要なことが書かれているといいんですけどね。

最後に書き写していた本にはレイガーのことが描かれていたようなのでおそらくジョンにつながるのでしょう。

ジェンドリーも久々に登場しましたし主要キャラクターが続々と集まってきましたね。

ただウィンターフェルではサンサとアリアが対立するような感じになってしまいましたし、アリアはリトルフィンガーの手のひらで踊らされているような感じも否めないので早くジョンに戻ってもらいたいですね。

北に向けて出発したジョンたちですがまあ無事には戻ってこれないでしょう。

話数的にもそろそろ重要人物が死んでいくころあいですしね。

果たしてどうなることやら。

以上が第七章 氷と炎の歌の第五話『Eastwatch/イーストウォッチ』のあらすじと感想のレビューでした。

U-NEXT