海外ドラマ

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド」第九話『Unity Day/統一記念日』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド」第九話『Unity Day/統一記念日』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season1 登場人物/キャスト

クラーク → イライザ・テイラー
フィン → トーマス・マクドネル
ベラミー → ボブ・モーリー
オクタヴィア → マリー・アヴゲロプロス
ジャスパー → デヴォン・ボスティック
モンティ → クリストファー・ラーキン
ウェルズ → イーライ・ゴリー
マーフィー → リチャード・ハーモン
アビー → ペイジ・ターコー
ケイン → ヘンリー・イアン・キュージック
ジャハ議長 → イザイア・ワシントン
レイヴン → リンゼイ・モーガン

 

第九話/エピソード9のあらすじ

クラークとフィンは、グラウンダーたちと穏便に和解するための仲介役を務めようとする。だが、ベラミー、ジャスパー、レイヴンたちが、武装した上、戦う意欲満々で姿を現すと、事態は突然大混乱に陥る。一方アークでは、統一記念日の式典で悲惨な事件が起きる。(公式サイトより引用)

 

The 100/ハンドレッド Season1動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason1の第九話『Unity Day/統一記念日』のネタばれになりますので注意してください。

アークでは統一記念日の式典が行われていた。

100_a

アークでの式典は地球にも中継されておりクラークたちもにぎわっていた。

そんな中フィンだけはアークの成り立ちは決して平和からではなかったといい喜んではいなかった。

地球ではモンティが作った酒を皆でのみ多いに浮かれていた。

e6b3c92d7b064336c3b6ae74c8b9cd80

だがオクタヴィアだけは違っており、皆が酔っている隙をついてキャンプから抜け出してしまう。

フィンだけがこれを見ていた。

1x09-Unity-Day-Episode-Stills-the-100-tv-show-37056659-500-300

抜け出したオクタヴィアはリンカーンが用意していた目印の花を頼りに彼のもとまで向かった。

リンカーンの元へ来たオクタヴィアは言葉を交わすこともなく彼と寝るのだった。

The-100-1-09-Unity-Day-Linctavia-the-100-tv-show-37116258-500-250

一方、アークでの式典では恐ろしいことが起こっていた。

なんと式典の最中に爆弾が爆発したのである。

しかもその爆弾は明らかにジャハ議長を狙ったものだった。

幸いジャハ議長は無事だったがこれによって何人もの命が奪われた。

Unity Day

多くの人間が参列している中、アビーは爆発直前にシドニー議員がいなくなっていたことに気が付く。

これによってシドニー議員が黒幕ではないかと疑いがかかった。

ジャハを殺すことに失敗したシドニーは数名の仲間と脱出艇を奪って地球へ行く計画に切り替える。

そのころ、地球ではオクタヴィアを見ていたフィンが彼女の後をつける。

そしてリンカーンと二人でいるオクタヴィアを発見する。

フィンはもともとリンカーンに用があったようで、彼が使っていたナイフを持ってきて話し合いたいと言った。

リンカーンのアジトでフィンはこのままでは確実に戦争になってしまうためどうにかしてそれを阻止したいと語った。

これに対してリンカーンは代表者同士で話し合うしかないといい、ベラミーではなくクラークを連れてくるよう指示。

アジトに戻ったフィンはクラークに戦争を止めるためにグラウンダーと話し合うべきだと主張。

これに対してクラークはそんなことはあり得ないと対立してしまう。

だがどうしても戦争を避けたいフィンはクラークを説得し、武装なしでグラウンダーと会うことを納得させた。

しかしクラークはフィンの言うことを無視してベラミーにこの話をして、銃を持ってついてくるよう指示した。

the100_1x9_unityday1

これを聞いたベラミーはジャスパーについてくるよう指示し、一緒にいたレイヴンもついてくることに。

こうしてクラークとフィンはグラウンダーとの話し合いの場に向かうことに。

そのころ、アークでは犯人探しが続いていた。

そこへ最有力候補の容疑者であるシドニーが犯人がわかったと言ってくる。

それはシドニーの仲間のうちの一人だった。

ケインはすぐにその男の取り調べを行った。

だがこれ自体がシドニーに仕組まれた罠だった。

取り調べの場にはシドニーの仲間がおり、ケインは襲われ逆に閉じ込められてしまう。

そして次にアーク内の電力が複数個所で落とされてしまう。

アークの電力が落ちると温度調整ができなくなり気温が下がり続けてしまう。

ケインが閉じ込められている区画の電力も同じように落とされていた。

この隙にシドニーは脱出艇に乗り込み地球へ行く準備をしていた。

この時脱出艇で物資の確認をしていたアビーも閉じ込められてしまうことに。

一方、地球ではグラウンダーの代表とクラークが話し合っていた。

the 100 1.09 1

グラウンダーは終始強気な姿勢で、クラークたちが始めた戦争だという意見を貫いた。

これに対してクラークは少しでも歩み寄ろうとする。

だが両者の間はなかなか折り合わない。

更にここでクラークの指示でついてきていたジャスパーが木の上に攻撃準備をした多数のグラウンダーがいるのを発見する。

武装はなしだというお互いの協定は早くも破られていたのである。

そして話し合いの最中にグラウンダーはクラークを攻撃しようとする。

危険を察したジャスパーはグラウンダーに向けて発砲。

これによって話し合いは決裂し激しい争いとなってしまう。

1x09-Bellamy_saves_Clarke

フィンはクラークを連れ出し急いでその場から逃げた。

フィンはクラークが約束を破ったことに激怒したが、クラークは悪びれるそぶりすら見せなかった。

そんなクラークにフィンはグラウンダーが信じられなくても俺のことは信じろと言ったが、クラークの目は信じられるわけないだろうという感じだった。

一方、アークではジャハがケインを救出し黒幕がシドニーであることが確定した。

この時シドニーは脱出艇にこもっており、そこへ来たジャハは外から扉をこじ開けようとしていた。

もし脱出艇が発射されることになればアーク内の電源は全て落ち、中の人間はみんな死んでしまうからである。

必死に止めようとするジャハだったが、ここでシドニーが脱出艇には住民全員が乗れないことをばらしてしまう。

これによってジャハ側の人間も揺らいでしまうことになり、その結果脱出艇は発射されてしまう。

アーク内の電源は全て落ちてしまうこととなる。

この時、地球ではクラークとベラミーが脱出艇が発射されるのを見ていた。

1x09-Unity-Day-bellamy-and-clarke-the-100-37609869-1916-1076

だが何か様子がおかしい。

そうクラークが思っていると脱出艇のパラシュートは開かずそのまま地球に落下してしまう。

the 100 1.09 3

----------------------------------------------------------------------------------

オクタヴィアは完全にリンカーンとできちゃいましたね(笑)。

ジャスパーがかなり哀れな感じです。。

レイヴンもフィンの気持ちが自分にないことに気が付き始めていて、いよいよどろどろし始めましたね(笑)。

グラウンダーとの交渉は決裂するし、ポッドは墜落するしお先真っ暗ですね。

脱出艇に乗っていたアビーは死んじゃったんですかねぇ。。

以上がSeason1の第九話『Unity Day/統一記念日』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.