海外ドラマ

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第五章 竜との舞踏」第四話『Sons of the Harpy/ハーピーの息子たち』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第五章 竜との舞踏」第四話『Sons of the Harpy/ハーピーの息子たち』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第五章 竜との舞踏 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT2

 

第五話/エピソード5のあらすじ

サーセイはマージェリーの父メイスをブレーヴォスにある“鉄の銀行”に行かせる。さらに彼女は“雀”たちで構成した自警団を操ってロラスを投獄し、王都からタイレル家を失脚させようと画策。それを知ったマージェリーはトメンに怒りをぶつける。一方、ミーリーンでは“ハーピーの息子”たちが暴動を起こし、居合わせたグレイ・ワームとバリスタン・セルミーが反撃する。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第五章 竜との舞踏 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは 第五章 竜との舞踏の第四話『Sons of the Harpy/ハーピーの息子たち』のネタばれになりますので注意してください。

キングスランディングではアイアンバンクから負債の10分の1の金額の取り立てが来ていた。

10分の1とはいえ今の状況ではとても払える金額ではなかったためサーセイは大蔵大臣のメイスをアイアンバンクに向かわせ交渉させることに。

その後サーセイはハイ・スパローの元へ行きかつて行われていた信仰者に武器を持たせ独自の権限で罪人を裁く制度を復活させることを提案する。

rd-high-sparrow-cersei-game-of-thrones-sons-of-the-harpy

これにより兵たちは次々と娼館を襲い男たちをとらえていく。

”雀”の中にはあのランセルの姿もあり、ランセルは上の命令でロラスをとらえ投獄してしまう。

faith-militant

これを知ったマージェリーはトメンを奪ったことによるサーセイの報復だと言いすぐに兄を釈放するようトメンに迫った。

トメンはサーセイにロラスを釈放するよう求めたが、サーセイは今回の出来事はハイ・スパローの仕業で自分は関係ないとしらを切った。

mommy-release-him

トメンは自らハイ・スパローの元へ行き面会を求めるが祈祷中だと言われて会わせてもらえない。

tommen_sons_of_the_harpy_sept

ここで民衆からトメンに落し子などの罵声が浴びせられる。

城に戻ったトメンはマージェリーにハイ・スパローと会うことができなかったと報告すると、マージェリーは母親に報告すると言い国へ帰ってしまう。

一方、ドーンへ向かうジェイミーとブロンはオールドタウンへ向かう商船に乗せてもらう。

道中、ブロンはなぜジェイミーがミアセラを助けに行くのかと尋ねるが姪だからだと嘘をつかれる。

ただブロンはそれが嘘だとわかっていた。

ドーンにつくとジェイミーは送ってくれた船長に金を渡し口止めをした。

一晩ゆっくり休み、翌日ウォーターガーデンを目指した2人だったがすぐに敵に見つかってしまう。

4対2の戦いとなるがほとんどブロン一人で敵を始末してしまう。

season5_episode4_image

ジェイミーは敵に見つかるため死体を埋めるようブロンに指示する。

その頃、エラリアとサンドスネークスのタイエニー、ナイム、オバラは船長からの密告でジェイミーがドーンに来ていることを知っていた。

sand_snakes_torture_with_scorpions

オベリンを殺された恨みを晴らすべく、4人はジェイミーを殺すことを決意する。

カーセルブラックでは前回の戦いで置いて行かれたメリサンドルが次は同じ過ちを犯さないようにとスタニスに念を押していた。

その後メリサンドルはジョンの元を訪れ裸で迫り誘惑したが、ジョンは愛している人がいると誘惑に打ち勝つ。

melisandre_and_jon_sons_of_the_harpy

だがメリサンドルが部屋を出ていくとき「何も知らないジョン・スノウ」と言われてしまう。

その言葉はかつてジョンが愛したイグリットが口にしていた言葉だった。

一方、スタニスは娘のシリーンから自分を恥じているのかと聞かれる。

スタニスはシリーンが病気になった時石化人のいるヴァリリアへ送れと言われたが反対し、メイスターや薬師などを集めてシリーンを救った。

お前は王女シリーンで私の娘だと言い力強くシリーンを抱きしめた。

ウィンターフェルではサンサが地下墓地を訪れ火をともしていた。

game-of-thrones-sons-of-the-harpy_article_story_large

そこへリトルフィンガーが現れ、叔母であるリアナの話を聞かされる。

リトルフィンガーはサーセイから手紙がきたためキングスランディングに行くことを話した。

サンサは一人にしないでとリトルフィンガーにすがるが、リトルフィンガーはウィンターフェルに来た真の目的についてサンサに話した。

リトルフィンガーは壁にスタニスが来ていることをつかんでおり、もうじき彼らが攻めてくると予想していた。

そうなればボルトン達はウィンターフェルから追い出されることになり、スタニスはサンサを北部の総督にしてくれるだろうと話した。

それでもサンサは不安がぬぐえず、もしスタニスが来なかったり戦に負けたらどうすればいいのかと尋ねた。

それに対してリトルフィンガーはラムジーを手なずければいいと助言した。

そのころ、ジョラーに捕らえられたティリオンはクイーンの元へ連れて行くと言われ船に乗せられる。

sonsofharpy6

ティリオンはジョラーの言うクイーンがサーセイではなくデナーリスだと知り自分の目的もデナーリスに合うことだと明かした。

ティリオンは服装などから彼がジョラー・モーモントであることに気が付き、スパイだった過去などを思い出す。

ジョラーはティリオンに図星をつかれてしまい彼を殴って黙らせた。

一方、ミーリーンではバリスタンがデナーリスにレイガー・ターガリエンの話をしていた。

the_sons_of_the_harpy_06

レイがーはよく国を歩き回り歌を歌っており、集めた金を貧民街などに渡していたと話す。

そこへダーリオがやってきてヒズダールが謁見を求めていると話す。

デナーリスはバリスタンに街の様子を見に行くよう指示しヒズダールと会うことに。

ヒズダールは元奴隷や親方から伝統を奪えば積年の不満と恨みしか残らないと闘技場の再開を求めるがデナーリス断固拒否した。

そのころ、街ではハーピーの息子たちが暴動をおこしデナーリスの兵を殺していた。

巡回中のアンサーリードはハーピーの息子たちに囲まれ、その中にいたグレイワームは絶体絶命のピンチに陥る。

そこへ街に来ていたバリスタンが加勢に加わりグレイワームと奮闘し敵を全滅させることに成功するが、バリスタンは致命傷を負いグレイワームも瀕死の重傷を負ってしまう。

meereen-melee-0

----------------------------------------------------------------------------------

リトルフィンガーはラムジーと結婚させるつもりなんかなかったんですね。

リトルフィンガー自身がサンサを狙っているようにしか見えませんが果たしてどうなることやら。

キングスランディングではサーセイがマーテル家を追い出すのに必死ですね。

タイウィンの後ろ盾がなくなって焦っているのでしょう。

ミーリーンではまたもや暴動が起きて、今度はかなり大切なポジションにいるグレイワームとバリスタンがやられてしまいましたね。

グレイワームは生きそうですけど、バリスタンは死にそうですがどうなるんでしょうか?

そうなったら返り咲きを狙っているジョラーの復帰もあり得ますね。

以上が 第五章 竜との舞踏の第四話『Sons of the Harpy/ハーピーの息子たち』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.