ここでは実際に映画「エイリアンバスターズ」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

エイリアンバスターズの評価・・・4つ星

thewatch03

原 題: THE WATCH
製作年: 2012年
製作国: アメリカ
出演者: ベン・スティラー ヴィンス・ヴォーン ジョナ・ヒル
     : リチャード・アヨエイド ローズマリー・デウィット ウィル・フォート
     : メル・ロドリゲス ダグ・ジョーンズ
監 督: アキバ・シェイファー
製 作: ショーン・レヴィ
脚 本: エヴァン・ゴールドバーグ セス・ローゲン

あらすじ

「ナイト ミュージアム」のベン・スティラーと「僕が結婚を決めたワケ」のヴィンス・ヴォーン、そして「マネーボール」のジョナ・ヒルという豪華なメンバーが顔を揃えたSFコメディ。監督はアキヴァ・シェイファー。脚本はジャレッド・スターン、コメディ俳優としても活躍するセス・ローゲンと「グリーン・ホーネット」のエヴァン・ゴールドバーグの三人が担当した。オハイオ州の田舎町で大手スーパーのエリアマネージャーを務めるエヴァンは、ある日、職場の警備員が何者かに惨殺されたことから、町の安全を守るため悪友三人とともに自警団を結成。遊んでばかりの四人だったが、そんな彼らの目の前に現れたのは地球外生命体=エイリアンだった! (TSUTAYA online より引用)

 

感想/レビュー

見るからにコメディ色の強そうなパッケージでついつい手に取ってみてしまいました。

好き嫌いがはっきり分かれる映画でしたが私は好きな映画でした。

おバカグループが繰り広げる様々な出来事についつい笑ってしまいました。

評価は4つ星ですが私的には5つ星に近い評価ですね。

普通に面白い作品でしたよ。

ただ下ネタが多かったですね。

一緒に見る人に気を使わなければいけないかもしれませんね(笑)。

出演者にはナイトミュージアムシリーズなどに出演しているベン・スティラー、ウェディング・クラッシャーズやMr.&Mrs. スミスなどに出演しているヴィンス・ヴォーン、21ジャンプストリートやマネーボールなどに出演しているジョナ・ヒル、サブマリンなどに出演しているリチャード・アヨエイド、レイチェルの結婚などに出演しているローズマリー・デウィットなどが起用されていました。

ジョナ・ヒルは最近よく見るようになりましたね。

21ジャンプストリートもおもしろかったです。

エイリアンバスターズ予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は平和な田舎町に突然殺人鬼が現れるというもの。

地元を愛するエヴァン(ベン・スティラー)は地域の様々な活動や団体のリーダーを務めており、コストコの店長も務めていました。

しかしある日警備員が皮膚をはぎ取られ殺害されているのが発見されてしまいます。

大切な友人を失ったエヴァンは町を自らの手で守るべくご近所ウォッチャー(Neighborhood Watch)を結成します。

アメフトの試合でメンバーを募るも集まったのはまともに活動をしようと思っていない3人でした。

警察にも目をつけられていたエヴァンは事あるごとに警察から犯人ではないのかと疑われます。

いつものように夜の街を巡回しているとエヴァンは車で何かを引いてしまいます。

車には見たことも無いようなたこあしのようなものに、緑色のねばねばした液体でした。

そして近くには見たことも無い球体が落ちていました。

4人はその球体を拾うと、それは地球にはないようなすごいメカニズムの兵器のようなものでした。

持ち帰った4人はその日のことを胸にしまい通常業務に戻ることに。

その後すぐに謎の物体を轢いた場所の近くに住むおじいさんから苦情の電話が来ます。

ご近所ウォッチャーが駆け付けるとそこにはなんとエイリアンの姿が。

コミュニケーションを取ろうとするエヴァンでしたが、問答無用で襲いかかってきます。

しかしエヴァンが一瞬のすきをついて瓶で頭を殴ると首の骨を折ったのか動かなくなってしまいます。

死んだと思ったエヴァン達はこのエイリアンを家に持ち帰り、大はしゃぎで記念撮影を始めます。

ところがエイリアンは死んではおらず家の中で暴れたエイリアンは逃げてしまいます。

近所を捜索するも有力な手掛かりが見つからない中、突然メンバーの一人であるジャマルカス(リチャード・アイオアディ)が自分はエイリアンであるということを明かします。

そしてエイリアンは近々通信機を使って仲間のエイリアンを地球に呼び寄せる計画を立てているとエヴァン達に教えます。

そして拠点になっているのは最初の犠牲者が出たこすとこの地下であることもわかります。

ご近所ウォッチャーは意を決してエイリアンと戦うことに。

そしてみごと地下に潜むエイリアンを一掃することに成功します。

こうして町に平和が戻りました。

という感じです。

内容には一切笑要素が入ってないような感じで書きましたが、映画を見てもらえれば笑のオンパレードであるということがすぐにわかると思います。

とにかくくだらない作品でおもしろかったですよ。

人も普通に死んでしまうのですが、それすらも笑になっていておもしろかったです。

是非ご覧になってみてください。

以上がエイリアンバスターズの感想とレビューでした。