ここでは実際に映画「ウォッチメン」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

ウォッチメン・・・1つ星

watchmen02

原 題: Watchmen
製作年: 2009年
製作国: アメリカ
出演者: マリン・アッカーマン ビリー・クラダップ マシュー・グード
    : カーラ・グギーノ ジャッキー・アール・ヘイリー ジェフリー・ディーン・モーガン
    : パトリック・ウィルソン スティーヴン・マクハティ マット・フルーワー ローラ・メネル
監 督: ザック・スナイダー
製 作: ハーバート・W・ゲインズ トーマス・タル
脚 本: デヴィッド・ヘイター アレックス・ツェー

 

あらすじ

80年代後半に発表されたアラン・ムーアの傑作グラフィック・ノベルを「300 <スリーハンドレッド>」のザック・スナイダー監督が完全実写映画化したヒーロー・ミステリー。1985年当時の米ソ冷戦下の世界情勢を背景に、現実世界で活躍するスーパーヒーローたちのリアルな実像と、彼らに迫る巨大な陰謀の行方を描く。1977年、アメリカ政府はスーパーヒーローによる自警活動を公式に禁じる。1985年、一人の元スーパーヒーローが何者かに殺された。禁止後もただ一人、マスクを脱ぐことなく、非合法に悪党退治を続けていた“ロールシャッハ”は、事件の背後に陰謀の臭いを嗅ぎとり、独自に調査を開始するが…。 (TSUTAYA online より引用)

 

感想/レビュー

最近アメコミが映画化されることが多くなって、それなりに面白いものが多いので、これも面白いのかなと思ってみてみた作品になります。

結論から言うと時間の無駄でした。

全く面白くありませんでした。

ヒーローもの=アクション映画っていうイメージが勝手についていたっていうのも原因ですが、この映画はとっても退屈でした。

160分もあるのにおもしろいと思った場面は1回あるかないかぐらいでした。

時間をかえしてほしいとさえ思いました。

この映画は全くおすすめできません。

特にアクション映画好きには退屈な映画になるでしょう。

出演者にはゲットバックやロック・オブ・エイジスなどに出演しているマリン・アッカーマン、ミッション:インポッシブル3などに出演しているビリー・クラダップ、シングルマンなどに出演しているマシュー・グード、スパイキッズシリーズに出演しているカーラ・グギーノ、ダークシャドウなどに出演しているジャッキー・アール・ヘイリー、キリング・フィールズ 失踪地帯などに出演し最近人気が高まってきているジェフリー・ディーン・モーガン、インシディアスやプロメテウスなどに出演しているパトリック・ウィルソンといった知る人ぞ知る俳優陣が出ていました。

かなり玄人好みの俳優ばかりだと思います。

ウォッチメン予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は・・・

大して面白くもないのに160分もあったので正直書くのが面倒です。

グーグルで「ウォッチメン 映画 wiki」と検索したらwikipediaでかなり詳しい内容が書いてあったので興味があるならそっちを見てみてください。

なのでここでは感想だけにしときます。

マリン・アッカーマンを見たのはゲットバック以来2回目でしたが、ゲットバックの時の方がきれいだったように思いました。

私は髪の長い時より短めの時の方が好きでしたね。

ジャッキー・アール・ヘイリーを見た時は衝撃が走りました。

すぐにダークシャドウのあの全く目立っていなかった庭師?であることがわかりました。

あまりの役の違いぶりに驚きました。

後の俳優は見たことがあったようですが全く気付きませんでした。

ウォッチメンは「俳優名 映画」と検索した時に出てくる映画一覧で人気順に並べたらだいたい上位の方に来ていたのでかなりおもしろいんだろうなと思ってj見た作品だっただけに落胆の色をかくせませんでした。

まあたくさんある映画の中では面白くないものも中にはありますよね。

以上がウォッチメンのあらすじと感想のレビューでした。