ここでは実際に映画「ジャスティス・リーグ」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

ジャスティス・リーグの評価・・・3つ星

原 題: Justice League
製作年: 2017年
製作国: アメリカ
出演者: ベン・アフレック ヘンリー・カヴィル エイミー・アダムス ガル・ガドット
    : エズラ・ミラー ジェイソン・モモア レイ・フィッシャー ジェレミー・アイアンズ
    : ダイアン・レイン コニー・ニールセン
監 督: ザック・スナイダー
製 作: チャールズ・ローヴェン デボラ・スナイダー ジョン・バーグ ジェフ・ジョンズ
脚 本: クリス・テリオ ジョス・ウェドン

あらすじ

DCコミックスが誇る人気スーパーヒーロー総出演で贈るアクション・アドベンチャー超大作。スーパーマン亡き世界を舞台に、滅亡の危機を迎えた世界を救うべくバットマンによって結成されたスーパーヒーロー・チーム“ジャスティス・リーグ”の活躍を圧倒的スケールで描き出す。出演はベン・アフレック、ガル・ガドット、エズラ・ミラー、ジェイソン・モモア、レイ・フィッシャー。監督はザック・スナイダー。スーパーマンの犠牲によって世界は救われたが、彼のいなくなった地球にはさらなる魔の手が迫っていた。バットマンはそんな世界滅亡の危機をいち早く察知すると、先の戦いで出会ったワンダーウーマンとともに超人たちのスカウトに乗り出す。こうしてフラッシュ、アクアマン、サイボーグといういずれ劣らぬ個性派超人たちが集結するが…。(TUTAYA Onlineより引用)

 

感想/レビュー

DCコミックシリーズの第5作目に当たります。

そこまで好きってわけではないんですけどなぜか欠かさず見ているシリーズです。

作品を見ての率直な感想は思っていたよりも・・・でしたね。

いきなりヒーローを詰め込み過ぎていてちょっと中途半端な感じになってしまっていたと思います。

また敵が出てくる経緯が昔の話ありきで視聴者を置いてけぼりにするような感じだったのでそれもいまいちでした。

アベンジャーズのようにうまい感じにまとまっていませんね。

出演者には前作から引き続きベン・アフレックヘンリー・カヴィルエイミー・アダムスガル・ガドットジェレミー・アイアンズダイアン・レインらが起用されており、新たにファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅などに出演しているエズラ・ミラー、海外ドラマゲーム・オブ・スローンズなどに出演しているジェイソン・モモア、今シリーズが初出演となるレイ・フィッシャー、ワンダーウーマンなどに出演しているコニー・ニールセンなどが起用されていました。

ドラマのフラッシュやアローとはちょっと設定が違ってその辺の違和感はありましたね。

どっちが本当なのか知りませんが、その辺の設定は統一してほしいところではありますね。

あとやっぱりバリー・アレン役はグラント・ガスティンの方がよかったです。

ジャスティス・リーグ予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

スーパーマン(ヘンリー・カヴィル)の死後、世界では犯罪が急激に増え始めていた。

バットマンことブルース・ウェイン(ベン・アフレック)も犯罪者を取り締まっていたのだが、ある時謎の空飛ぶ生命体が襲い掛かってくる。

迎撃には成功したものの敵は死んだ際に3つの箱のような絵を残していた。

それを見たブルースは世界に再び危機が訪れようとしていることを悟るのだった。

ブルースはこの危機を乗り越えるためにはチームを作る必要があると考え、以前手に入れたリストをもとにチーム集めを始める。

ブルースはまず1年に一度しか地上に姿を現さないというアクアマンことアーサー・カリー(ジェイソン・モモア)の元へ向かった。

アーサーは恵まれない人々を救済するための活動を行っており、それを知っていたブルースはタイミングを見計らってアーサーを訪ねた。

ブルースは世界に危険が迫っているため協力してほしいと頼むがアーサーは断った。

ブルースは壁に描かれていた3つの箱についても質問したのだがそれについても教えてもらえなかった。

一方、アマゾン族の故郷セミッシラに安置されていたマザーボックスという箱が長い眠りから目覚めようとしていた。

原因は不明であり女王は厳戒態勢を敷いていたのだが、そこへステッペンウルフ(キアラン・ハインズ)がやってきたのである。

ステッペンウルフはかつてマザーボックスの力を自分のものにしようとしてアマゾン族やアトランティスや神の連合軍に敗れていたのだったが、今回のマザーボックスの覚醒により呼びもどされていたのだった。

ステッペンウルフはアマゾン族の戦士を次々に殺していきマザーボックスを奪っていった。

女王は5000年間使われていなかった人間へ緊急メッセージを起動させ、人間には意味はわからなかったがダイアナ(ガル・ガドット)にだけは伝わっていた。

ダイアナはスーパーマン亡きあとワンダーウーマンとして各地で悪と戦っていたのだが、その知らせを受けてすぐにブルースの元へ向かった。

所変わって、ブルースがもう一人ピックアップしていたのがビクター・ストーンという男だったのだが、公式記録ではその男は死亡したことになっていた。

だが画像認証などから生きていると予想されており、事実彼はサイボーグとなって父のいるスターラボにかくまわれていた。

彼は死に淵をさまよっていたのだが、特殊な技術を使ってサイボーグとなって生まれ変わっていたのである。

ただし彼は日々変わっていく自分の体に不安を感じており自分が地球を滅ぼす側になるのではないかとさえ思っていた。

ビクターは自由にネット接続もできるようになっており、ブルースが自分のことを探していることも知っていた。

一方、地球の危機を知ったダイアナはブルースに会いに行き、マザーボックスについて知っていることを教えた。

マザーボックスはそれ自体がエネルギーの塊で地球を作り直すことができるほど強力なものだという。

かつてステッペンウルフという男が3つのマザーボックスを奪って世界を支配しようしていたことも話し、戦いに勝ったアマゾン族たちはマザーボックスを3つに分けて保管したという。

1つはアマゾン族、1つはアトランティス、1つは人間によって保管されたのだ。

だがすでにアマゾン族のものは奪われていた。

ブルースはチームを作るといい自分は高速で動く男に会いに行くといい、ダイアナにはビクターという男について調べてほしいと頼む。

そしてブルースは高速で動くことができるフラッシュことバリー・アレン(エズラ・ミラー)の元へ向かった。

ブルースは自分がバットマンであることを明かしバリーは友達が作りたいからという理由でチームへの参加をOKする。

ダイアナはブルースの基地でビクターについて調べていたのだが、それに気がついたビクター本人がハッキングで話しかけてくる。

ダイアナは協力してほしい旨を伝え信頼できないと一度は断ったビクターだったが、ダイアナは自分たちをつけていたことを知っていたと明かし、ビクターはダイアナを自分の元へ招いた。

ビクターに会いに行ったダイアナは彼から力を得て不安だけが広がっていくと聞かされ、だからこそビクターにはチームが必要なのだと説得した。

残念ながら説得は失敗に終わってしまいビクターは飛んで行ってしまう。

一方、2つ目のマザーボックスを求めてステッペンウルフがアトランティスに侵攻していた。

それに気がついたアーサーは必死に応戦するが結局マザーボックスは奪われてしまう。

これによりアーサーはブルースの提案に乗ることをする。

またスターラボの周辺で多くの失踪事件が起こっていた。

これはステッペンウルフがマザーボックスの気配をスターラボで感じとっていたためであり、関係者が次々にさらわれていたのである。

その中にはビクターの父親も入っており、実はビクターの体にはマザーボックスの技術が使われていたのだった。

父親をさらわれたビクターもブルースに協力することを決意する。

警察も捜査を進める中でバットマンのマークを空に投影し協力を要請する。

ブルースはバリーとダイアナ、更にそこへビクターがやってきて、さらわれたスターラボの職員の救出に乗り出す。

スターラボの職員はマザーボックスのありかを言わせるために痛めつけられており、そこへブルースたちが乗り込んでいった。

バリーは超高速で人質を救出し、ダイアナとブルースがステッペンウルフに立ち向かっていき、ビクターは救出した人員の誘導を行っていた。

スターラボで使っていたものがマザーボックスである時がついたビクターはそれを回収しすぐにブルースの基地に持ち帰った。

ブルースはボックスを使えばスーパーマンことクラークを甦らせることができるはずだと仮定し、ステッペンウルフの野望を阻止するためにはそれしかないと話す。

ダイアナはその話には反対し、もし仮に生き返ったとしてもそれはクラーク出ない可能性もあると話す。

だがステッペンウルフに対抗する術がない現状ではダイアナもしぶしぶOKするしかなかった。

ブルースを生き返らせるため死体を掘り返し、クリプトン星人の船に潜入した。

ビクターが機器にハッキングを行い操作し、マザーボックスを使ってクラークを生き返らせることに成功する。

だがそれは以前のクラークではなかった。

クラークの恋人のロイス(エイミー・アダムス)の出現によりどうにかその場はおさまったが、肝心のマザーボックスはステッペンウルフに持って行かれてしまった。

すべてのボックスを手に入れたステッペンウルフはすぐにボックスの融合に取り掛かっていた。

ブルースたちは必死の調査によりステッペンウルフがどこに潜んでいるかを突き止めた。

ビクターは自分がボックスにアクセスすれば融合を阻止できるとし、他のメンバーでステッペンウルフと戦うことに。

その後元の生活を手に入れたクラークは銀行に差し押さえられていた実家をブルースに取り戻してもらっていた。

ブルースは銀行から買い戻したのかと尋ねられ、銀行ごと買い取ったと金持ちぶりをアピールするのだった。

エンドロール後

クラークに早さで負けたことが悔しいバリーはスピード勝負を挑むのだった。

更にエンドロール後

以前の戦いでバットマンとスパーマンを戦わせることを画策したレックス・ルーサーJr.(ジェシー・アイゼンバーグ)は刑務所から脱獄しており、彼のもとにデスストロークことスレイド・ウィルソンン(ジョー・マンガニエロ)が現れるのだった。

———————————————————————————————-

バリー・アレンが入るとやっぱりちょくちょくコミカルな感じが入れられるんですね。

スーパーマンにスピードで追いつかれてびっくりしていたのがおもしろかったです。

そういえばドラマのフラッシュでもスーパーガールに自分と同じぐらい速いって言ってましたもんね。

後はちょいちょい入れられるブルース・ウェインからのユーモア。

バリーに能力を聞かれてスーパーリッチと答えていたのは笑えました。

まあ戦いではあまり役に立っていませんでしたね。

際立ったのはスーパーマンの強さww

前作まではあまり目立ちませんでしたが、今作では圧倒的強さを誇っていましたね。

個人的にはワンダーウーマンがかすんでしまったのがちょっと残念でした。

エンドロール後はルーサーがアローシリーズでおなじみのスレイド・ウィルソンを呼び寄せていましたけど、今さら彼を呼んでもどうにもならないと思ったのは自分だけでしょうか?

ちなみに次の作品は今作でも登場したアクアマンについてです。

最後に予告をどうぞ

以上がジャスティス・リーグの感想とレビューでした。