3つ星 アクション

映画マッドマックス/怒りのデス・ロードのあらすじと感想をレビュー

更新日:

ここでは実際に映画「マッドマックス/怒りのデス・ロード」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

マッドマックス/怒りのデス・ロードの評価・・・3つ星

mad-max-fury-road

原 題: MAD MAX: FURY ROAD
製作年: 2015年
製作国: オーストラリア
出演者: トム・ハーディ シャーリーズ・セロン ニコラス・ホルト ヒュー・キース・バーン
    : ロージー・ハンティントン=ホワイトリー ライリー・キーオ ゾーイ・クラヴィッツ
    : アビー・リー コートニー・イートン ネイサン・ジョーンズ
監 督: ジョージ・ミラー
製 作: ジョージ・ミラー ダグ・ミッチェル
脚 本: ジョージ・ミラー ブレンダン・マッカーシー

あらすじ

これまでにメル・ギブソン主演で3本が製作された傑作アクション・シリーズの30年ぶりとなる第4弾。ジョージ・ミラー監督が2代目マックスにトム・ハーディを迎え、満を持して贈るハイテンション・バトル・アクション大作。共演はシャーリーズ・セロン。石油も水も尽きかけ荒廃した世界。愛する家族を守れなかったトラウマを抱え、孤独に生きる元警官のマックス。ある日、独裁者イモータン・ジョー率いるカルト的戦闘軍団に捕らえられてしまう。そんな中、ジョーの右腕だった女戦士フュリオサが反逆を企て、ジョーに囚われていた5人の妻たちを助け出し、一緒に逃走を図る。裏切りに怒り狂うジョーは、全軍団を従え容赦ない追跡を開始する。この狂気の追跡劇に否応なく巻き込まれていくマックスだったが…。(TUTAYA Onlineより引用)

 

感想/レビュー

CMをみて気になっていた作品です。

率直な感想はまぁまぁと言った感じです。

簡単に言うとヒャッハーな世界のヒャッハーな出来事と言った感じです(笑)。

頭を使わず見ることができるので気分転換には良いかもしれませんね。

出演者には欲望のバージニアなどに出演しているトム・ハーディ、スノーホワイトやハンコックなどに出演しているシャーリーズ・セロン、ジャックと天空の巨人などに出演しているニコラス・ホルト、1作目のマッドマックなどに出演しているヒュー・キース・バーン、トランスフォーマー ダークサイドムーンなどに出演しているロージー・ハンティントン=ホワイトリー、マジック・マイクなどに出演しているライリー・キーオ、アフター・アースなどに出演しているゾーイ・クラヴィッツ、トロイなどに出演しているネイサン・ジョーンズらが起用されていました。

特殊メイクの関係もありシャーリーズ・セロンやニコラス・ホルトはほとんど面影がなかったですね。

シャーリーズ・セロンわりと好きなだけに残念でした。

マッドマックス/怒りのデス・ロード予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は核戦争により荒廃した世界で一人の男が困難に立ち向かっていくというもの。

元警官のマックス(トム・ハーディ)は娘を救えなかったことなどにより罪の意識にさいなまれながら一人で世界をさまよっていた。

だがある時シタデルという砦で集団で暮らしている暴徒に襲われ連行されてしまう。

マックスは病気の患者のために輸血するための輸血袋として扱われた。

mad-max-fury-road-final-still-images5

マックスは逃げようと抵抗するが結局つかまってしまう。

シタデルでは不死身のイモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)がリーダーとして君臨しており、水や緑など世界から失われた資源を独占していた。

mad-max-citadel

そんな中、ガソリンなどの資源を補給するためにフュリオサ大隊長(シャーリーズ・セロン)が部隊を引き連れ砦から出発していた。

だがフュリオサはジョーの命令を無視しなぜか別の場所へ向かおうとしていた。

ジョーはフュリオサが裏切ったのではないかと監禁していた5人の妻(ワイブス)であるスプレンディド、トースト、ケイパブル、ダグ、フラジールの様子を見に行った。

だがそこはすでにもぬけの殻だった。

フュリオサが秘密裏に連れ出していたのである。

フュリオサが裏切ったことを確信したジョーはすぐに部隊を編成しフュリオサの後を追いかけた。

ウォーボーイと呼ばれる戦闘部隊を多数引き連れるジョー。

その中には病気で寿命が近いニュークス(ニコラス・ホルト)もいた。

彼はマックスから輸血の途中だったが騒動を聞きつけ、マックスを輸血袋として車に固定しジョー率いる部隊に参加した。

maxresdefault3

裏切ったフュリオサは5人の女を連れて彼女の故郷である「緑の地」と呼ばれる場所を目指していた。

だがジョーに加えて彼と友好関係にある人食い男爵(ジョン・ハワード)と武器将軍(リチャード・カーター)の勢力が追手として迫っていた。

更にバザードと呼ばれる種族にも攻撃されてしまう。

バザードに対してはジョーの部隊も敵とみなし攻撃をしていた。

バザードが片付くとウォーボーイズたちは間髪いれずにフェリオサに襲い掛かって行く。

m1-5cbbd

フュリオサは逃げきるために大規模な砂嵐に突入する。

ニュークスの運転する車はジョーの期待にこたえるために最前線でフュリオサに突進していく。

しかし輸血袋として拘束されていたマックスを移動させるために拘束を解いた瞬間、マックスが抵抗を見せフュリオサに攻撃する直前に車が横転してしまう。

マックスはそのまま意識を失ってしまう。

マックスが意識を取り戻すと車の整備のためにフュリオサと5人の女が外に出ていた。

maxresdefault2

マックスは鎖で繋がれたニュークスを連れ銃を持ってフュリオサ達に近づいて行った。

そして銃で彼女らを脅して車を奪い取ろうとするがフュリオサに抵抗されてしまう。

フュリオサとマックスの戦いになるが途中でニュークスも目覚めてしまう。

決着はつかないままジョーの部隊が再び近づいてきたことに気が付く。

マックスは隙をついて車を奪い取ることに成功する。

鎖をはずされたニュークスはジョーの部隊に戻って行き、フュリオサは走ってマックスの後を追いかけた。

車には複雑な仕掛けが施してありフュリオサしか走らせることができなかったのである。

部隊が近づいていたためマックスもフュリオサの提案に乗り女たちを乗せジョーたちから逃げることに。

マックスは裏切られないようにフェリオサ達に銃を突きつけていたが、フュリオサ達にその気は全くなかった。

しばらく進むとイワオニ族が住みついている峡谷へとたどり着いた。

フュリオサはイワオニ族と取引をして通してもらえることになっていたが、フュリオサが条件をたがえたことがばれてしまい攻撃されてしまう。

更にジョーの部隊も後ろに迫っていた。

フュリオサは急いで谷から出て緑の地へと進んでいったがイワオニ族とジョーの部隊が攻撃を仕掛けてくる。

イワオニ族の撃退には成功するものの、ジョーの部隊に追い詰められてしまうフェリオサたち。

mad-max-fury-road-new-trailer-has-epic-car-stunts-video-89920_1-1

マックスも協力し、ジョーの子供を身ごもっているスプレンディド(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー)が身を呈してジョーからの攻撃を防ぐ。

ジョーは一緒に来ていたニュークスに突撃を命じるがニュークスは攻撃に失敗してしまう。

うまく攻撃をしのげていたマックスたちだったが不幸にもスプレンディドが足を滑らせ車から落ちてしまう。

更にスプレンディドは後ろを走っていたジョーの車にはねられてしまう。

それを見ていたマックスは車を止めることなくジョーから逃げた。

ジョーの車は横転しマックスたちは追手を振り切ることに成功する。

ある程度距離をとったところでフュリオサ達は車を止めて整備をした。

車には攻撃に失敗したニュークスも乗っており、それを見つけたケイパブル(ライリー・キーオ)は彼をかくまうことに。

夜になるとジョーの仲間である人食い男爵が迫ってくる。

フュリオサは狙撃によりライトを破壊すると、マックスは自分が戻らなければ車を出せと言い一人で敵のところへ向かって行った。

しばらくすると敵の車が爆破するのが見えマックスが武器を持って帰ってきた。

車の整備が終わりフュリオサ達は再び緑の血を目指して進み始めた。

しかし途中でぬかるんだ土地にはまってしまう。

マックスたちはなんとか抜け出そうと工夫するがなかなかうまくいかない。

すると隠れていたニュークスが出てきて協力し始めたのである。

マックスたちはニュークスに銃を向けるがケイパブルの説得もありニュークスを信用することに。

なんとか沼地を抜け出し汚染された台地を通り過ぎるとフュリオサに見覚えのある地へとたどり着いた。

そこへフュリオサの故郷の近くでありフュリオサの一族の仲間がいた。

285B0A8F00000578-0-image-a-24_1431571688066

しかしそこにいたのはわずか数人の女だけであり、緑の地はどこにもなかった。

フュリオサが緑の地はどこかと尋ねたが汚染が進み枯れ果てたと聞かされる。

嘆き悲しむフュリオサ。

maxresdefault

その後、フュリオサは車を捨てて160日間バイクで進み潮の湖を渡るとマックスに話し、ついてくるなら歓迎すると言った。

だがマックスは一人で行くと言いその話を断った。

翌日、フュリオサ達は海を目指して進み始めたがそれをマックスが止めた。

マックスはフュリオサに生きたければ砦に戻るべきだと主張した。

今はジョーの部隊が出張っていて砦は手薄になっていたからである。

フュリオサはその案にのり車に乗って砦に戻ることに。

当然途中でジョーたちの部隊に気がつかれてしまい、再び後を追われることになる。

激しい攻撃を受けながら通ってきた谷を目指すフュリオサ達。

mad-max-fury-road-image-the-war-rig

谷でガソリンタンクを切り離し道を爆破する計画だったのだ。

だが敵の攻撃の激しさにだんだん味方はやられていってしまう。

フュリオサもお腹を刺されてしまい重傷を負ってしまう。

マックスは車の外に出て敵に応戦する。

そしてついにジョーを捕らえて殺すことに成功したのである。

マックスはそのままジョーの車を奪い取り元の車をニュークスに託した。

マックスたちは無事に谷を抜けることに成功し、ニュークスは命を捨てて谷をふさいだのである。

マックスは瀕死のフュリオサに輸血をして命をつなぎとめた。

砦に戻ったフュリオサはジョーが死んだことを伝え、自らがリーダーとして君臨することに。

だが協力してくれたマックスは砦にはとどまらずまた一人で旅に出てしまうのだった。

・・・という感じです。

思わず北斗の拳を思い出してしまいそうな世界観でしたね(笑)。

過去の作品は見たことがありませんが、どこかつながりがあるんでしょうかね?

知っている人がいたら教えてもらえるとうれしいです。

時折出てくる回想は過去の作品が関係していたりするんですかね?

気にはなりますが前の3作を見てみようという気にはなりませんね(笑)。

頭をからっぽにしてみる分には良いと思いますので、時間があるようならご覧になってみてはいかがでしょうか。

以上がマッドマックス/怒りのデス・ロードの感想とレビューでした。

-3つ星, アクション
-

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.