海外ドラマ

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第一章 七王国戦記」第九話『Baelor/ベイラー大聖堂』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第一章 七王国戦記」第九話『Baelor/ベイラー大聖堂』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第一章 七王国戦記 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT01

 

第九話/エピソード9のあらすじ

スターク家とラニスター家による初めての戦いの準備が進む中、“小鬼(インプ)”ティリオンは山の民の仲間を率いて戦いに臨む。一方、エダードの長男ロブと妻キャトリンは老獪なウォルダー・フレイ公とある取引をする。ドスラク人部族の女王デナーリスは怪我の悪化から瀕死の状態に陥ったドロゴの命を魔女の血の魔術を使ってどうにか救おうとする。“壁”ではメイスター・エイモンが自らドラゴンの血を引くターガリエン家の血縁者であることを、ウェスタロスの不穏な空気に気を揉むジョンに打ち明ける。小評議会の宦官ヴァリスが地下牢に幽閉されたエダードのもとを訪れ、エダードに虚偽の自白をし、新王ジョフリーにかしずくよう忠告する。娘たちの命を救うためエダードは陰謀を認める虚偽の告白を行うことを決め、ジョフリーを“鉄の玉座”の正当な後継者と認めて忠誠を誓う。しかしジョフリーは無慈悲にエダードの処刑を命じてサンサを凍りつかせる。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第一章 七王国戦記 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは第一章 七王国戦記の第九話『Baelor/ベイラー大聖堂』のネタばれになりますので注意してください。

ネッドの元へ再びヴァリスがやってくる。

varys-dungeon

ヴァリスはロブが軍隊を率いて南に進軍しているとネッドに報告してくる。

更に戦争になればたくさんの人間が死ぬため、ジョフリー王に忠誠を誓い生涯サーセイの秘密を守り抜くと意思表示して許しを請い、ロブの進軍を止めるようネッドを説得する。

だがネッドはスタニスこそが正当な後継者であるためそのようなことは断じてできないと拒否した。

それに対してヴァリスは娘がどうなってもいいのかと痛いところをついてくる。

そのころ、ロブ率いるスターク軍はトライデント河で足止めされていた。

Baelor-–-Game-Of-Thrones-Season-1-Episode-9

河を越える橋を渡るためにはツインズ城のウォルダー・フレイ公にかけ合わなければならないのだが、かつてフレイ公がただで橋を渡したことは一度もないのである。

ロブは自らフレイ公に会いに行こうとするが、キャトリンが自分なら顔も知っていると言い一人で城に向かっていった。

フレイ公はキャトリンの出身であるタリー家に忠誠を使っている者の、それは形だけのものとなっていた。

ことあるごとにタリー家との間にトラブルを抱えていたからである。

キャトリンは正直に橋を渡してほしいとフレイ公に嘆願する。

841850_1317070798267_full

これに対しフレイ公はいくつもの条件を出してきた。

ロブの元へ戻ったキャトリンはその条件をのむかどうかロブに聞いた。

条件はフレイ公の息子のオリバーを従士に取り立てること、アリアを息子の一人と結婚させること、そして同じくロブも娘の1人と結婚させるというものだった。

背に腹は代えられないロブはこの条件を全て飲んだ。

一方、ラニスター家にロブの軍勢にフレイ公の軍勢が加わったとの知らせが入る。

タイウィン・ラニスターは戦でティリオンに先陣を切るよう命じる。

それは明らかに邪魔な息子を始末してしまおうという目論見からだった。

ティリオンがテントに戻るとそこにはブロンが連れてきた娼婦のシェイが待っていた。

ティリオンはシェイをお抱えの女にする。

その夜、先陣を控えたティリオンはブロンとシェイと共にゲームをして楽しむ。

1x09-Baelor-game-of-thrones-23046425-1280-720

ティリオン自身はこれが最後の夜になると思っていた。

そのゲームの中でティリオンはシェイの過去を当てようとするがなかなか当たらない。

逆にティリオンは自分の過去について語らされてしまうはめに。

ティリオンには過去に一度だけ愛した女性がおり、結婚までしたという。

だがそれはジェイミーが全て仕組んだことであり、その女は娼婦だったという。

更にその女は父の命令により衛兵に銀貨一枚で与えられることとなり、自分はそれを見ているよう命じられたのだという。

この話を聞いたブロンとシェイはさすがにどんよりせざるを得なかったが、シェイにはかえってティリオンの魅力が増すことになるのだった。

翌朝、ブロンに起こされたティリオンは敵が攻めてきたとの知らせを受ける。

ティリオンはすぐい鎧を身にまとい、山の民をまとめて先陣を切ろうとする。

baelor-941727-1024

だがティリオンは山の民のハンマーに当たってしまいそのままそこで意識を失ってしまう。

ティリオンが目覚めた時、すでに戦いは終わっていた。

ラニスター軍の勝利で終わっていたものの、スターク軍は報告よりも少ない2000人しかいなかった。

ただこれにはわけがあった。

この時ロブは残りの18000の兵である部隊に奇襲をかけていたのである。

それはジェイミー・ラニスターが率いる部隊だった。

ロブの作戦は見事に的中し、ジェイミー・ラニスターを捕らえることに成功する。

vlcsnap-2011-06-13-19h23m54s188

ジェイミーは自分とロブで一対一の決闘をし、それで決着をつけようと持ちかけてくる。

だがロブは冷静で、その提案を拒否しジェイミーを拘束した。

ロブは浮かれる仲間たちに、戦いはまだこれからだと気を引き締めさせた。

ところ変わって、カールス・ブラックではジョンがモーモント総帥から命を救ってくれたお礼にとヴァリリア鋼でできた「ロングクロウ(長鉤爪)」と言う名の剣をもらいうける。

総帥は冗談交じりでジョンと衝突させないためにアリザー・ソーンにゴーストが加えて帰った手をもって王都に行かせたと語った。

またここでデナーリスに使えているジョラー・モーモントが総帥の息子であることも判明する。

ジョンは皆の元へ戻ると剣を見せてくれとせがまれる。

そんな中でサムは何やら言いにくそうなことを言わなければいけないという顔をしていた。

ジョンがその内容を聞くと、サムがみたメイスター・エイモンあての手紙にロブが南に向けて進軍していると書いてあったいうものだった。

ジョンはすぐにでも兄の加勢に行きたいと思ったが、サムたちから制約により外には出られないと止められる。

その後メイスター・エイモンに呼ばれ手伝いをさせられたジョン。

1x09-Baelor-game-of-thrones-23045771-1280-720-560x315

そこでジョンはエイモンからナイツウォッチが妻も子も持たないのは愛さないためで、代償を伴わなければ選ばなくても済むからだと告げられる。

あなたに何がわかると食ってかかるジョンだったが、実はエイモンには驚くべき過去があった。

エイモンは自分も同じように試されたことがあり、家族は皆殺しにされたのだという。

なんとエイモンは狂王と呼ばれたターガリエン家の人間だったのである。

再びところ変わって、海の向こう側ではカールの傷が悪化し瀕死の重体に陥っていた。

baelor-04-1920

ジョラーはカールが死んで暴動が起きる前に逃げるべきだと進言するが、デナーリスはカールのそばを離れようとしない。

デナーリスはカールの血を継ぐ自分の息子が次のカールになるのだと主張するが、ジョラーはここで重視されるのは血筋ではなく強さだけだと諭した。

デナーリスはカールを助けるために妖女にタブーとされている魔術を使わせ治療させる。

だがこれには当然反発する戦士もいた。

デナーリスに刃向う戦士をジョラーは一対一で戦い殺した。

1x09-Baelor-game-of-thrones-23046307-1280-720-560x315

ただこの時、デナーリスは倒された衝撃からか産気づいてしまう。

ジョラーはデナーリスを抱えて、妖女に誰も入れてはいけないと言われていたことを破り、テントの中へ彼女を連れて行った。

更にところ変わって、王都では一人逃げ延びたアリアが乞食のような生活をしていた。

1x09-Baelor-game-of-thrones-23046905-1280-720

そんなある時、皆がベイラー大聖堂の方へ集まっていく。

アリアが何だと尋ねると、少年の一人が王の手が連れてこられたと語りアリアも急いで大聖堂へと向かった。

多くの民衆が集まる中、反逆者として連れてこられたネッド。

この時偶然にもネッドはアリアの姿を発見する。

Baelor-game-of-thrones

そして秘密裏に知り合いだったナイツウォッチのヨーレンにアリアのことを託す。

ネッドは民衆の前でジョフリーを正当な王と認め、ロバート王を裏切ったと嘘の自白をした。

1x09-Baelor-game-of-thrones-23046969-1280-720

それもこれも全ては娘たちのためだった。

だがジョフリーは「母は全ての称号をはく奪しナイツウォッチとして生きさせろと言い、サンサは慈悲を与えて欲しいと言ったが、謀反を許すつもりはない」と言い、止めるサーセイをよそにネッドの首をはねてしまうのだった。

baelor-06-1920

----------------------------------------------------------------------------------

ネッド・・・・・・死んだ!!

マジか!!!!!

私が見た海外ドラマで主演が死んだのは初めてです!!

この展開は予想していませんでした。

かなりショッキングです。

しかもこれサーセイは止めてたのでジョフリーの独断ってことになりますよね。

これはスターク家が黙ってないでしょうね。

ティリオンは初めて過去の一部が明らかになりましたね。

戦に行く前に気絶して起きたら終わっていたのには笑えました。

シェイは実は重要人物だったりするんですかね?

次はいよいよ第一章の最終話です。

以上が第一章 七王国戦記の第九話『Baelor/ベイラー大聖堂』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.