海外ドラマ「Sleepy Hollow/スリーピー・ホロウ」第八話『Necromancer/首なし騎士の正体』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season1 登場人物/キャスト

イカボッド・クレーン → トム・マイソン
アビー・ミルズ → ニコール・ベハーリー
ジェニー・ミルズ → リンディ・グリーンウッド
カトリーナ・クレーン → カティア・ウィンター
アンディ・ブルックス → ジョン・チョー
フランク・アーヴィング警部 → オーランド・ジョーンズ

第八話/エピソード8のあらすじ

イカボッドは死人のブルックスを介し、捕まえた首なし騎士を尋問する。騎士がカトリーナのネックレスを持っていることに気づくイカボッド。そしてついに騎士の正体が明らかになる。首なし騎士はイカボッドの元親友であり、カトリーナの元婚約者のエイブラハムだった。停電により力を回復していく騎士。ブルックスが手にした聖杯で牢屋の魔法は解かれ、解放された騎士はイカボッドを殺そうとするが、モロクの手下たちが現れ・・・

Sleepy Hollow/スリーピー・ホロウ動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason1の第八話『Necromancer/首なし騎士の正体』のネタばれになりますので注意してください。

ついに首なし騎士を捕らえたイカボッド達は情報を得るために尋問しようと考える。

当然コミュニケーションを取ることはできないのだが騎士が起こっている様子だけは伝わってくる。

イカボッドはアンディなら首なし騎士とコミュニケーションがとれるはずだと考え彼を探すことに。

アビーは必ず役に立つからと警部に妹のジェニーを連れてくるようにお願いする。

そのころ、地元の猟師の元へ首なし騎士の馬がやってきて、それを見た猟師は本人に何かあったのだと悟りすぐにメンバーを招集した。

その手には首なし騎士と同じタトゥーが入れられていた。

イカボッドとアビーはアンディとあった地下道を調べると彼の根城らしきところを発見する。

持物を探るとイカボッドは象形文字が書かれた物を発見し、彼が死者を操るネクロマンサーであることに気が付く。

そこへ本人が戻ってきてこれ以上死の騎士に手を出さない方がいいと警告される。

イカボッドは情報を得るために尋問すると説明し、首なし騎士の口になってほしいと頼む。

アンディは絶対いい結果にはならないとイカボッド達にくぎを刺すが協力してくれることに。

一方、警部はアビーの指示通りジェニーを呼び出し協力を仰いだ。

だがここでアダムズ骨董品店に強盗が入ったという知らせが入り、そこはジェニーの顔なじみの店でもあった。

警部とジェニーはすぐに現場へ向かうが高価なものは何も捕らえていない。

ジェニーが秘密の扉を開けると中にはアダムスが撃たれていた。

アダムスは棚にある箱の中を見てくれと言い、ジェニーが調べると中身は取られていた。

アダムスによると中には魔法を解くためのトラキアの聖杯が入ったいたのだという。

警部らは敵が首なし騎士を助けようとしているのだと考えるが、今から牢へ行っても紫外線がある限り助けることはできない。

よって敵は電気の供給を止めるために発電所を襲うと考える。

一方、イカボッドはアンディに通訳をしてもらい首なし騎士の尋問を行っていた。

すると彼からカトリーナが持っていたはずのネックレスが見つかる。

そのネックレスはイカボッドの親友であるエイブラハムがカトリーナに送ったものだった。

動揺するイカボッドを見たアビーはいったん尋問を中止しイカボッドから話しを聞いた。

かつてカトリーナは上流階級であるエイブラハムと結婚する予定だったのだが、カトリーナは愛のない結婚は望まないといい更にイカボッドのことを愛していると告白する。

イカボッドは親友を裏切ることはできないと言ったが、カトリーナは今回の結婚のことは正式に断るつもりだと話す。

後日、イカボッドとエイブラハムは極秘任務に駆り出されるがエイブラハムは明らかに様子がおかしい。

エイブラハムはカトリーナから結婚を断られたことを引きずっており、イカボッドは彼女は自分を愛していると教えてしまう。

エイブラハムはイカボッドが自分を裏切ったと思いその場で決闘を申し込んでしまう。

敵地のど真ん中で決闘を始める二人。

エイブラハムが優勢だったがそこへ敵軍がやってきてしまう。

エイブラハムは撃たれて重傷を追ってしまい、任務を遂行するためイカボッドは彼を見捨てて逃げてしまった。

そのころ、発電所にはジェニーたちの考え通り多くの敵が集まっていた。

なんとか敵の制圧はできたものの爆弾が仕掛けられていることまでは気がつかず発電所は爆破されてしまった。

大規模な停電が発生し、首なし騎士の動きを封じていた紫外線も切れてしまう。

これによって首なし騎士が力を取り戻してしまう。

更にアンディはイカボッド達がいない間に聖杯を取り出してモロクの部下の悪魔を召喚してしまう。

拘束を解いた首なし騎士はイカボッドと決着をつけるために彼に剣を渡し決闘を挑んでくる。

この戦いによりイカボッドは首なし騎士がエイブラハムであることに気が付く。

首なし騎士がイカボッドに執着していたのはカトリーナを奪われたことに対する復讐だったのだ。

首なし騎士はイカボッドを殺そうとするがそれをアンディが止め、悪魔を使ってその場から離脱してしまった。

その後イカボッドは首なし騎士がモロクに報酬としてカトリーナを要求したため彼女は煉獄にとらわれることになっているのだと悟る。

つまり事件を解決するにはこれまで以上にカトリーナの力が必要になると考えるのだった。

———————————————————————————-

アンディめっちゃ警告してくれてたのに結局敵にいいようにやられてしまいましたね。

アンディがアビーを守りたいと思っているのは本当かもしれませんね。

取り残されたエイブラハムがモロクに死の騎士にされていたとは。

しかもイカボッドを狙う理由が婚約者を奪われたことからの逆恨み。

もっと深い意味があるのかと思っていただけになんだかしょーもないですね。

カトリーナも自分が囚われている理由はわかっているといっていましたが、ただの婚約破棄だったとは。

いやここからもっと深いストーリー展開になるはずだ。

モロクがイカボッドを殺さない理由は何かあるんでしょうね。

その理由如何で今後おもしろくなるかどうかが決まりそうですね。

以上がSeason1の第八話『Necromancer/首なし騎士の正体』のあらすじと感想のレビューでした。