海外ドラマ「The 100/ハンドレッド Season4」第二話『Heavy Lies the Crown/神の赦し』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season4 登場人物/キャスト

クラーク → イライザ・テイラー
ベラミー → ボブ・モーリー
オクタヴィア → マリー・アヴゲロプロス
ジャスパー → デヴォン・ボスティック
モンティ → クリストファー・ラーキン
マーフィー → リチャード・ハーモン
アビー → ペイジ・ターコー
ケイン → ヘンリー・イアン・キュージック
ジャハ → イザイア・ワシントン
レイヴン → リンゼイ・モーガン
ロアン → ザック・マクゴーワン

 

第二話/エピソード2のあらすじ

クラークとベラミーは、それぞれ困難を乗り越えるために、誰が生き、誰が死ぬかを決定することを強いられる。リーダーとしての責任が、2人の心に重くのしかかる。(公式サイトより引用)

 

The 100/ハンドレッド Season4動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason4の第二話『Heavy Lies the Crown/神の赦し』のネタばれになりますので注意してください。

9日前、アリーの支配は12の部族のひとつである樹海の民にまで及んでいた。

樹海の民であるイリアンは実の母親にチップを飲ませるために兄弟を殺し、自らの首にもナイフを当てるようアリーに命じられていた。

だがここでクラークが光の町を破壊することに成功し、イリアンは正常に戻ることができた。

しかし母親はすでに手遅れであり、イリアンは自らが犯したことを嘆くのだった。

現在、樹海の民の王は光の町を持ちこんだ空の民に復讐しようと考えていた。

そのためには空の民を擁護しているロアンを王の座から引きずり下ろす必要があり、大使の権限として認められている決闘を申し込もうとしていた。

密偵として情報を入手したオクタヴィアはロアンにこのことを報告し、けがの癒えていないロアンに代理で戦うことを申し出るが断られてしまう。

このままではロアンが殺されるのは明らかだったためケインは樹海の民の王を説得して時間を稼ぐことに。

一方、アルカディアではレイヴンやモンティがどうにかして生き延びる方法を模索していたが、メルトダウンを防ぐことではなくやり過ごすことを考えた方いいとレイヴンは話す。

レイヴンはグラウンダーにもこのことを話しマウントウェザーのようなシェルターがないか情報を集めるべきだと話すがそれは無理だった。

するとモンティがアルファ・ステーションを修復すれば放射線にも耐えられるシェルターになるはずだと提案する。

アルカディアに戻ったクラークたちもモンティの意見を取り入れるが、水を作るためのハイドロジェネレーターが故障していることが分かる。

そこでベラミー達はファーム・ステーションにあるハイドロジェネレーターを回収しに行くことに。

そこはパイクらが拠点にしていたところでグラウンダーに大勢を殺された場所だったが、同じくファーム・ステーションにいたブライアンがけがをおして道案内をしてくれることに。

クラークはアルカディアに残って全員が生き残れる道を模索していた。

それは仮にアルファ・ステーションを修復しても全住民を救うことはできなかったからである。

クラークはあらゆる道を模索するがアイディアは閃かず、更に暢気に音楽を聞いているジャスパーに少しは手伝ったらどうなのかと話しかけた。

ジャスパーはあと半年で死ぬのにそんなことをしても無駄だと考えており、アルファ・ステーションの修理を手伝っていない他の人間たちに真実を話したらどうなのかと痛いところをつかれた。

人手が足りないことにいら立ちを隠せないレイヴンの元へジャハがやってきて昔は自分もエンジニアだったと言い協力を申し出た。

住民にメルトダウンが迫っていることを告げるかどうか迷っているクラークはジャハから上に立つ者の苦しみはわかるといわれ、クラークにアドバイスした。

そのころ、ファームステーションにやってきたベラミー達だったが氷の民が住み着いていることに気が付く。

攻撃を仕掛けるかどうか迷っているといつの間にかベラミー達は氷の民に囲まれており、降伏を余儀なくされる。

ベラミーはロアンから仲間である証となるプレートを渡されており、それを氷の民に見せたが信じてもらえない。

ベラミーはロアンの指示である機械を取りに来ただけだと話し、一応は信じてもらえて中に入れてもらえた。

だがそこで見たのは氷の民の奴隷となっていたファーム・ステーションの住民の姿だった。

ベラミー達は危険を冒して仲間を救い出すかの選択を迫られるが、ベラミーは一旦アルカディアに戻って考えるべきだと主張する。

ベラミーたちがハイドロジェネレーターを取り外していると一人の少女がやってきて、明日自分たちが移送されるため助けてほしいというメッセージが書かれた布を落としていった。

爆発の危険があるヒドラジンが入っているハイドロジェネレーターをステーションの外で爆破すれば仲間を救うことができると考えるが、持ち帰るかどうか意見は真っ二つに分かれてしまった。

決断はベラミーに託されることになり、ベラミーはハイドロジェネレーターを犠牲にしてまで仲間を救うことを選択したのである。

アルカディアに戻ったベラミーは選択を迫られ仲間たちを助けることを選んだと報告し、レイヴンはハイドロジェネレーターなしでは100人はおろか30人しか生き残れないと話す。

どちらにしろこのままでは全員が生き残ることができないため、クラークはメルトダウンが迫っていることを住民にあかしアルファ・ステーションの修理をしてくれる人員を募ったのである。

ただし全員が生き残る可能性が低いことは伏せたままだった。

一方、決闘に臨もうとしているロアンはエコーと訓練をしていたが傷が癒えていないため力が十分に発揮できずエコーにも勝つことができなかった。

ケインは樹海の民の王の接触し、光の町を持ちこんだのは確かに空の民だがそれを終わらせたのも空の民だといって復讐をとどまるように説得するが聞く耳を持ってくれない。

このままでは決闘でロアンが負けてしまい、空の民の安全が脅かされてしまう。

オクタヴィアは単独で樹海の民の王の元へ行き最後の説得をするが聞き入れてもらえなかったため、やむなく暗殺したのである。

その後大使が集められるが樹海の民の王は死体で見つかったとの報告が入ってきて、ロアンはケインの顔を見るのだった。

もちろんケインには心当たりなどなかったが、樹海の民であるイリアンはオクタヴィアの仕業であることに気が付いていた。

更にエコーもこれがオクタヴィアの仕業であることに気が付いており密かに笑みを浮かべるのだった。

———————————————————————————-

クラークはメルトダウンのことは話しましたけど全員が助からないことは秘密にしたままでしたね。

解決策が見つかればいいですけど、この秘密が後々クラークの首を絞めそうですね。

ベラミーも任務を無視して仲間を救出してきちゃいましたし。

氷の民を殺していたのでこれも後々の火種になりそうですね。

ポリス側はオクタヴィアが暗躍していましたけど、結局すべての矛先は空の民に向かってきそうな気がしますね。

イリアンもオクタヴィアの仕業だと気がついてしましたし、今後深くかかわってくることになりそうですね。

今回は出てきませんでしたがエモリと共に姿を消したマーフィーがどのように生き残るのかも見ものですね。

以上がSeason4の第二話『Heavy Lies the Crown/神の赦し』のあらすじと感想のレビューでした。