海外ドラマ「Sleepy Hollow/スリーピー・ホロウ」第十一話『The Vessel/とり憑かれて』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season1 登場人物/キャスト

イカボッド・クレーン → トム・マイソン
アビー・ミルズ → ニコール・ベハーリー
ジェニー・ミルズ → リンディ・グリーンウッド
カトリーナ・クレーン → カティア・ウィンター
アンディ・ブルックス → ジョン・チョー
フランク・アーヴィング警部 → オーランド・ジョーンズ

 

第十一話/エピソード11のあらすじ

モロクの手下であり、人間に憑依する悪魔アンシーティフが、アーヴィング警部の前に現れ、イカボッドが持つワシントンの聖書を差し出さなければ、娘を奪うと脅しをかける。悪魔払いの方法を調べるイカボッドとアビー。だがその途中、過去にジェニーがアンシーティフに憑依されていたことを知る。アビーたちは悪魔払いができる古代のランタンを探し出し、何とか手に入れようとするが、アンシーティフが警部の娘に取りついてしまい・・・

 

Sleepy Hollow/スリーピー・ホロウ動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason1の第十一話『The Vessel/とり憑かれて』のネタばれになりますので注意してください。

警部は自分に警告してきた悪魔と思われる男を警察署へ呼び嘘発見器をつけて尋問を行うが証拠は何も出てこない。

それもそのはずで、男にはアンシーティフという悪魔が乗り移っていただけで今は別の人間に乗り移っていたからである。

警部は近くにいた女性から証言を取るために彼女も警察署へ呼んでいた。

だがアンシーティフはすぐに警察署員へと移動し警部をほんろうする。

アンシーティフはわざわざ警部に電話をいれて自分の存在が近くにいることをアピールするとまた別の署員に移ってしまう。

家族を殺すと脅された警部は神父に連絡をいれて助けを求め、妻と子供は安全な場所へ移すことに。

一方、イカボッド達は警部の話を聞いて悪魔に対抗する手段を探していた。

コービンが持っていた資料を調べていると人に乗り移ることができる悪魔と戦った記録が残されており参考になるかもと思って映像を見てみた。

するとアンシーティフに乗り移られていたのはジェニーだったのである。

イカボッド達はすぐにジェニーを呼んで事情を説明してもらうことに。

ジェニーは当時のことは何も覚えておらず記録が残っていたことも知らなかったという。

ジェニーはその映像を見ることを拒否したがアンシーティフを倒すためにはどうしても必要な情報だった。

映像の中でアンシーティフはコービンに戦争が迫っているといい、最初の犠牲者はお前だと話していた。

そしてアビーを殺すとも宣言していたのである。

耐えられなくなったジェニーは外に出て行ってしまい、イカボッドは彼女を励ました。

ジェニーはアンシーティフを退治してからは悪さをして刑務所に何度もはいっていたのだが、それはアビーを傷つけないためだったとイカボッドに話す。

アンシーティフを倒すために何度も映像を見直すイカボッド達はコービンが塩をまいていることに気が付く。

更に資料の中からアンシーティフを倒すためには古代の聖なるランタン必要だということもわかった。

イカボッドにはそのランタンに見覚えがあったが今はどこにあるのかわからない。

するとジェニーが絶対に持っているやつを知っているといいある人物を教えてくれた。

その人物は終末を信じておりその手の道具を片っ端から集めているのだという。

ジェニーは自分が見つからないように盗んでくると言ったが、アビーはそれではまた刑務所に入ることになるため今回は自分が盗むと話した。

そのころ、署員の一人についていたアンシーティフは警部の避難場所へもついてきてしまっていた。

神父は入口に聖なる塩をまいて悪魔が入ってこれないようにしていた。

アンシーティフは一緒に来ていたモラーレスに移り直し部屋に入ろうとするが塩のせいではいれない。

アンシーティフは同僚に塩なんか何の意味もないといって除去させるとご苦労と言って同僚を殺し堂々と中へとはいって行った。

警部はアンシーティフを倒すための準備を急ぐようにアビーたちに連絡をいれる。

ジェニーの教えてくれたウィーヴァーという男の家に着いたイカボッド達は早速ランタンを盗むために納屋に忍び込んだ。

思っていた通りランタンが置いてありそれを手にしたイカボッド達はすぐに脱出しようとするがウィーヴァーとその仲間に囲まれてしまう。

イカボッドは事情を正直に話し見逃してもらおうとするが銃を向けられる。

そこへ銃を持ったジェニーがやってきて使い終わったら絶対に返すと約束しランタンを貸してもらうことができた。

急いで警部の元へ向かうイカボッド達。

だがモラーレスについたアンシーティフは警部に気づかれることなく娘のメイシーに接触し乗り移ってしまった。

アンシーティフに取りつかれたメイシーは車いすからおり、顔は変貌し宙に浮いていた。

一緒に来ていた神父は十字架を使って悪魔を退治しようとするがあっけなく首をおられて殺されてしまった。

アンシーティフは娘を返してほしければワシントンの聖書をよこせと言ってくる。

ワシントンの聖書とはイカボッドが埋められた際に一緒に埋められていたものだった。

イカボッド達はその聖書に悪魔がこだわりカトリーナも全ては聖書に隠されていると発言していたことからモロクを倒すための秘策が書かれていると確信していた。

だが警部は娘を助けるために聖書を渡すとイカボッド達に連絡をいれてきた。

アビーは黙って取ることもできたのにわざわざ連絡してきたのはそれを阻止してほしいからだと考える。

警部はコービンの資料がある保管庫へといき聖書を探すがそこにはない。

怒り狂うアンシーティフだったがそこへジェニーとアビーがやってくる。

2人はアンシーティフを挑発しある場所まで誘導した。

そこには塩が巻かれておりアンシーティフはそれ以上進むことができない。

更に隠れていたイカボッドが反対側にも塩をまいてアンシーティフを閉じ込めたのである。

そしてイカボッドはランタンを使ってアンシーティフを地獄へと追い返すことに成功したのだった。

その後イカボッド達は聖書の謎を解くためにあぶり出しインクを見えるようにする薬品を作り聖書に塗り付けた。

するとそこには「1799年12月18日」と書かれており筆跡は間違いなくワシントンのものだった。

だがワシントンは1799年12月14日に死んでおりどうやってその文章を残したのか謎が残ってしまった。

———————————————————————————-

イカボッドがついに現代ファッションにチャレンジしていましたね。

ジーンズをはいて窮屈そうな様子はおもしろかったです。

アンシーティフの取りついた感じはエクソシストを彷彿させましたね。

首が1回転したのは神父でしたが(笑)。

終末を信じる男ウィーヴァーも地味にファインプレイしているんですけどね。

さてさて聖書にはワシントンの筆跡が残っていましたがまさかの死んだあとの日付。

まあ死人が甦ったり何でもありの世界なのでそこまで驚くようなことでもないと思いますよ。

以上がSeason1の第十一話『The Vessel/とり憑かれて』のあらすじと感想のレビューでした。