海外ドラマ

海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ Season2」第二話『Flash of Two Worlds/もう一人のフラッシュ』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ Season2」第二話『Flash of Two Worlds/もう一人のフラッシュ』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season2 登場人物/キャスト

バリー・アレン/フラッシュ → グラント・ガスティン
アイリス・ウェスト → キャンディス・パットン
ハリソン・ウェルズ/リバース・フラッシュ → トム・キャヴァナー
ケイトリン・スノー → ダニエル・パナベイカー
シスコ・ラモン → カルロス・バルデス
ジョー・ウェスト → ジェシー・L・マーティン
エディ・ソーン → リック・コスネット
ヘンリー・アレン → ジョン・ウェズリー・シップ
ジェイ・ギャリック → テディ・シアーズ
ロニー・レイモンド/ファイアーストーム → ロビー・アメル
マーティン・シュタイン教授/ファイアーストーム → ヴィクター・ガーバー

 

第二話/エピソード2のあらすじ

アース2からやってきた謎の男ジェイ・ギャリックがSTAR(スター)ラボに姿を現す。彼は、ズームという俊足で邪悪な男がフラッシュを破滅させようとしていると警告する。この見知らぬ男を信用するかどうかの決断に迫られる中、バリーたちは、新たな強いメタヒューマンと対峙することになる。そんな中、ウェストは、メタヒューマン対策本部に入りたいと強く志願する警官、パティ・スピボットの対応に追われていた。(ワーナー海外ドラマ公式サイトより引用)

 

THE FLASH/フラッシュ Season2動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason2の第二話『Flash of Two Worlds/もう一人のフラッシュ』のネタばれになりますので注意してください。

謎の男ジェイ・ギャリックがやってきて君たちの世界が危ないと警告した。

バリーたちは突然やってきたジェイに警戒心をあらわにするがとりあえず話だけは聞くことに。

ジェイは6か月前の特異点の発生により自分は別の世界から来た人間であり、向こうの世界では自分がフラッシュだったと話す。

だが特異点でこっちの世界に来た時にスピードフォースを失ってしまい今は普通の人間になってしまったという。

死んだはずのロススタインがメタ・ヒューマンとして現れたのは自分の世界にいたロススタインだったというのである。

別の世界から来たのはそれだけではなくズームという自分よりも速い謎の男もやってきていると言い、その名前に聞き覚えのあるバリー。

ズームがフラッシュを狙う理由は自分よりも速いものが許せないためだと話す。

にわかには信じられないバリーたちはひとまずジェイを閉じ込めておき、フラッシュであると示す何かが見つかるかテストを行うことに。

シスコとシュタイン教授はジェイの多次元時空論に興味深々でジョーにどういったものなのかを話すが、ジョーには理解できなかった。

ジョーが警察署に戻ると電話がかかってくるが、なぜかジョーは電話に出ない。

すると新人のパティ・スピボットに話しかけられメタ・ヒューマン対策課に入りたいと言われる。

一応話だけは聞いたがジョーはあっさりと不合格を言い渡してしまう。

スター・ラボではジェイの体の検査をケイトリンが行っていたが、スピードフォースの痕跡は見つからなかった。

バリーは過去にウェルズに裏切られている経験からジェイを簡単に信用することができなかった。

するとここで火災の知らせが入りバリーはすぐに現場へ向かった。

難なく消火は終わったものの、ここで新たなメタ・ヒューマンに襲われる。

今度の敵は体を砂にすることができるメタ・ヒューマンでどんな攻撃もすり抜けてしまった。

なんとかその場を切り抜けたバリーは科学捜査官として現場へ入り証拠を探すが何もない。

そこへメタ・ヒューマン対策課への転属を希望しているパティ・スピボットが現れ火の発生源を教えてくれ、証拠のサンプルを渡してくれた。

スター・ラボに戻ったバリーはすぐにそのサンプルをシスコに渡すが砂にしか見えない。

するとジェイがそれは見た目は砂だが人間の細胞であると教えてくれる。

そのメタ・ヒューマンは自分の世界にいた敵でサンド・デーモンと呼ばれていたと話す。

ジェイはサンド・デーモンを捕らえるのに協力を申し出るが、彼を信用できないバリーは申し出を断ってしまう。

一方でシスコとシュタイン教授は多次元時空論を信じ始めていた。

シュタイン教授は特異点が発生したことによりエキゾチック・マター漏れ出ることになったのではと話しそれを特定する方法を見つける。

シスコは受け取ったサンプルを解析しようと顕微鏡にセットしたのだが、この時頭痛と共にバリーがサンド・デーモンと対峙しているビジョンを見る。

ジョーは現場に残っていた指紋から犯人はエディ・スリックだと断定し、張り込み捜査を行うことに。

エディ・スリックを見つけたジョーは姿を見られたため急いで後を追うが、先回りしていたスピボットが逮捕してしまう。

取り調べでジョーはエディ・スリックがメタ・ヒューマンであることを自白させようとしたが本人ははっきりと否定し、スター・ラボで事故があった時もセントラル・シティにいなかったことが判明する。

ジョーはバリーに別のエディ・スリックが来ているのではないかと良い、ジェイの言うことを信じ始めていた。

バリーがスター・ラボに戻ると他に人間もジェイの言うことを信じ始めており、バリーは証拠も何もないのに信じられるわけがないとジェイのことを否定してしまう。

アイリスはバリーがジェイを信じないのはウェルズ博士と重ねているからだと言い、皆が皆ウェルズ博士のような人間ではないと説得した。

そのころ、ジョーは証拠不十分でエディ・スリックを釈放せざるを得なくなっていた。

もう二度と戻ってくるなというジョーだったが、すぐにエディは引き返して来てしまう。

ただそのエディはメタ・ヒューマンの方のエディであり、ジョーは殴られ気絶し、その場にいたスピボットは人質として捕らえられてしまう。

バリーはアイリスの説得を受け入れ、ジェイに協力を申し出る。

ジェイはサンド・デーモンは体が砂であるため湿気がある場所に潜んでいると話し、シスコ達はすぐに探し始めた。

またジェイはサンド・デーモンを倒すための秘策があると言いバリーの特訓をすることに。

超高速で動き雷を発生させる特訓を行う始めたバリーだったが、なかなか標的に当てられない。

居場所が特定できずに焦るシスコは再びサンド・デーモンのサンプルに触り、今度は自発的にビジョンを見ることに。

これによりサンド・デーモンの居場所がわかり、敵は衝撃弾で注意をそらそうとしているかもしれないと助言する。

バリーはそれならこっちも注意をそらせばいいと言いジェイに協力を要請する。

ジェイはかつてかぶっていたヘルメットを着用し、バリーと共にサンド・デーモンの元へ向かった。

まずジェイがサンド・デーモンと対峙し、スピボットから注意をそらしたところでバリーが超高速でスピボットを救出した。

バリーは更に光速で動き雷を発生させ見事サンド・デーモンに命中させることに成功した。

雷に打たれたサンド・デーモンの体は超高圧の電流が流れたことにより砂がガラスとなって粉々に砕けたのである。

バリーは改めて協力してくれたジェイに感謝し、これからも一緒に戦っていくことを決意する。

ジョーはスピボットについて詳しく調べており、マードン兄弟に父親を殺されていたことを突き止めていた。

スピボットは凶悪なメタ・ヒューマンを野放しにしてはおけないと言い対策課に入りたかったのである。

ジョーはスピボットに対策課に入ることを許可したのである。

ジョーはバリーに会いに行こうとすると元妻フランシーヌがやってきたのである。

どうやらジョーに電話をかけてきていたのは彼女だったようだ。

一方、シュタイン教授はシスコに起こっている変化に気が付いておりそれを問い詰めるが、シスコは皆には秘密にしておいてほしいと頼んだ。

シュタイン教授は特異点の影響で52か所もの裂け目ができていることを突き止め、最も大きなものがスター・ラボにできていると話す。

だがその直後シュタイン教授は倒れてしまう。

ジェイがいた世界にもスター・ラボは存在しており、そこにはウェルズ博士の姿もあった。

----------------------------------------------------------------------------------

ウェルズ博士再び登場ですね。

向こうのウェルズ博士は果たして良い人物なんでしょうかね?

同じ人物が2人いる理由は解明されましたが、いよいよ何でもありになってきましたね。

シュタイン教授は倒れちゃいましたけど、これってもしかしてロニーが関係していたりするんですかね?

確か一部2人はつながっていたような・・・・。

シスコもメタ・ヒューマンとしての能力が目覚めつつあるようですね。

どんなネーミングになるのか楽しみです。

それにしてもジェイのコスチュームのヘルメットはセンスが・・・。

以上がSeason2の第二話『Flash of Two Worlds/もう一人のフラッシュ』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.