海外ドラマ

海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ Season2」第八話『Legends of Today/レジェンド・オブ・トゥデイ』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ Season2」第八話『Legends of Today/レジェンド・オブ・トゥデイ』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season2 登場人物/キャスト

バリー・アレン/フラッシュ → グラント・ガスティン
アイリス・ウェスト → キャンディス・パットン
ハリソン・ウェルズ/リバース・フラッシュ → トム・キャヴァナー
ケイトリン・スノー → ダニエル・パナベイカー
シスコ・ラモン → カルロス・バルデス
ジョー・ウェスト → ジェシー・L・マーティン
エディ・ソーン → リック・コスネット
ヘンリー・アレン → ジョン・ウェズリー・シップ
ジェイ・ギャリック → テディ・シアーズ
ロニー・レイモンド/ファイアーストーム → ロビー・アメル
マーティン・シュタイン教授/ファイアーストーム → ヴィクター・ガーバー

 

第八話/エピソード8のあらすじ

「レジェンド・オブ・トゥデイ」 【※「The Flash/フラッシュ」と「ARROW/アロー」のクロスオーバー。ARROW/アロー<フォース・シーズン>第8話「レジェンド・オブ・イエスタデイ」の前編エピソード】 ケンドラ・ソーンダーズを狙うヴァンダル・サベッジが、セントラル・シティにやって来てケンドラとシスコに襲いかかる。2人を助けたバリーは、サベッジの手強さを痛感し、オリバーたちのいるスター・シティへケンドラを連れて行く。だが“翼の生えた男”ことホークマンがケンドラを連れ去ると、事態は急激に変化する。一方、ウェルズ博士はバリーの走りを速める血清を開発しジェイに試そうとしていた。※「ARROW/アロー」と「The Flash/フラッシュ」のクロスオーバー。(ワーナー海外ドラマ公式サイトより引用)

 

THE FLASH/フラッシュ Season2動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason2の第八話『Legends of Today/レジェンド・オブ・トゥデイ』のネタばれになりますので注意してください。

セントラル・シティにある密航者がやってきて、その場にいた船員たちを皆殺しにしてしまう。

事件現場の写真を見たバリーはこれが単独犯であることを見抜き、死体に残されていた凶器の破片の分析を進めることに。

スターラボではケイトリンとハリーが話をしており、ケイトリンがどうやってズームを捕らえるのかと尋ねると一つだけ案があるとハリーが口にする。

その案とは人工的にバリーのスピードを高めるための薬を作成することで、ケイトリンはその薬を作るのに協力することに。

シスコはケンドラとのデートを楽しんでいたのだがそこへ密航者のヴァンダル・サベッジが現れる。

サベッジはケンドラのことを巫女チェイ・アラと呼び以前から知っているような雰囲気だった。

シスコはすぐに緊急アラートを鳴らしバリーを呼んだ。

サベッジは問答無用でシスコとケンドラを殺そうとするがギリギリのところでバリーが到着し難を逃れる。

だが安心したシスコは思わずフラッシュがバリーであることを口にしてしまいケンドラに正体がばれてしまう。

結局ケンドラをスターラボに招き入れることになるが襲ってきたのが何者で何が目的なのかが全く分からなかった。

またバリーは分析した凶器の破片とサベッジが残していったナイフを解析しどう考えても年代がおかしいことに気が付きケンドラを守るためにオリバーたちに協力を求めることにしたのである。

そのころ、スターシティではオリバーとテアとディグルがダミアン・ダークが化学爆弾を盗もうとしている現場へきて阻止しようとしていた。

ゴーストは問題なく倒せたものの、オリバーはダークの魔術によって殺されそうになってしまう。

そこへタイミングよくバリーがやってきて助けてくれた。

テアはフラッシュを見たのが初めてで知り合いであることに驚きを隠せなかった。

バリーはケンドラという女性を守るために力を貸してほしいとオリバーに頼みオリバーも快く協力してくれることに。

早速チームアローのアジトへ行ったのだが、そこを設計したシスコがダメだしを、オリバーはケンドラのことを質問攻めにした。

さすがに見かねたバリーが止め、一同は交流を深めるためにオリバーの家で酒を飲みながら話をすることに。

オリバーの家で酒を飲みながらアース2の話などを行い、シスコはテアのスピーディというニックネームについて自分ならもっといいネーミングができると口にしていた。

シスコはバリーにバイブの力でケンドラのことを見て翼が生えていたことを話すと、ここでサベッジが姿を現す。

バリーとオリバーが協力してサベッジと戦い、追い込んだところでテアがオリバーの制止を無視してとどめの矢を放った。

サベッジはベランダから落下する形となったのだがオリバーたちが下を見ても死体はなく、オリバーとバリーは信じられないという表情をした。

一同がアジトに戻るとオリバーがなぜサベッジがケンドラを狙っているのかという話になり、シスコはバイブの能力でケンドラに翼が生えていたと伝える。

更にここでマルコムが現れサベッジは不死身の男で何千年も生きていると知らされる。

あまりに衝撃の事実の連続にケンドラは風に当たるために外へ行ってしまいシスコがそれを追いかけた。

ケンドラは自分の中に自分の知らない自分がいることを不安に思っており、それを聞いたシスコは気持ちは分かると言ってケンドラを励ました。

するとここで突然翼が生えたメタ・ヒューマンが現れケンドラを連れ去ってしまう。

オリバーとバリーはすぐにケンドラの後を追いかけた。

ケンドラを連れ去ったのはカーターという男で、ケンドラのことをチェイ・アラと呼んだ。

カーターが言うには自分はクフで自分を見れば何もかも思いだすはずだと口にする。

ここでようやくオリバーとバリーが追いつきケンドラを取り戻すためにカーターとの戦いになってしまう。

空を自由に飛び回るカーターに苦戦するも2人のコンビネーションによってカーターを捕らえることに成功する。

カーターをアジトに連れ帰り拘束したうえでオリバーたちはいろいろな情報を聞き出した。

カーターは自分はクフの生まれ変わりでケンドラはチェイ・アラの生まれ変わりであり、2人は4000年間の間転生を繰り返してはサベッジ殺されてきた恋人同士だと語った。

サベッジが2人を狙う理由は生命力を奪い不死身の男として生き続けるためだという。

カーターはサベッジから身を守るためにはケンドラを覚醒させなければいけないといい、良い方法があると話す。

そのころ、スターラボではハリーがケイトリンの協力を得てバリーのスピードを高めるための血清ヴェロシティ6に必要な分子構造を導き出していた。

そこへジェイがやってきてハリーはバリーに投与する前にジェイで効果を確かめたいと言い出す。

驚くケイトリンだったがジェイはそんなものでスピードフォースを得るなど不可能だと言いバリーにも投与しないようにくぎを刺した。

それでもハリーは血清は必要だと考え材料を買いに向かった。

だがここで偶然居合わせたパティに姿を見られてしまい、スターラボの中まで押し入られてしまう。

パティはハリーに両手をあげろと命令したがハリーは従おうとせず、手に血清を撃つ銃のようなものも持っていたためパティはハリーを撃ってしまう。

すぐにケイトリンが駆け付けパティにはジョーに連絡するように指示した。

ハリーの肺には銃弾が残ってしまい意識不明の重体だった。

駆け付けたジョーはパティに事情を説明することなく警察署に帰らせてしまう。

ハリーを病院に連れていくこともできないため銃弾を摘出するにはバリーのように高速で動く必要があった。

ケイトリンはジェイを呼んで助けるためには血清を撃つ以外にないと言い、ジェイは自ら血清を撃ったのである。

これによってジェイは一時スピードフォースを取り戻しハリーの肺から銃弾を摘出することに成功した。

こうしてハリーは一命を取り留め、命を救ってくれたジェイにお礼を言ったのだが、感謝しているのならバリーに血清を使うなとくぎを刺されてしまう。

一方、カーターはビルの屋上に皆を連れてきてケンドラを覚醒させるためにはつき落とせばいいと言いだす。

ケンドラもサベッジと戦うために覚醒する必要性を感じており、ビルの淵に立つとカーターに突き落とされてしまう。

結局これではケンドラは覚醒せずバリーが助ける羽目に。

ケンドラは今のままではだめなのだとシスコに話をし、自らビルの屋上から飛び降りたのである。

これによってケンドラは覚醒し翼が生えたのである。

シスコは彼女のことをホーク・ガールと名付けるのだった。

またこの時サベッジはスターシティからセントラル・シティに戻っていた。

カーターは撃退されたサベッジはさらなる力を得るためにホルスの杖を手に入れるつもりだろうと話す。

オリバーたちはすぐにホルスの杖の場所をフェリシティに調べさせるとある教会に寄贈されていることが分かる。

バリーとオリバーはすぐに教会に向かったが、ホルスの杖はすでにサベッジの手の中にあった。

サベッジは杖の力を使ってオリバーたちに攻撃を仕掛けてきて、手も足も出ない。

またケンドラが覚醒したことを察知したサベッジはすぐに戦いを終わらそうと大技を繰り出してくる。

なんとかバリーのスピードにより回避することができたが、サベッジの力は圧倒的にましていた。

オリバーたちはサベッジと決着をつけるためにセントラル・シティに集まることに。

ジッターズにやってきたオリバーはフラッシュだらけなのを見て少しバリーに嫉妬していた。

するとここで子供とぶつかったため優しくフラッシュ人形を拾ってあげた。

だがその子供はかつてオリバーが付きあっていたサマンサの子供だったのである。

→ クロスオーバー後編はこちらから

----------------------------------------------------------------------------------

アローとのクロスオーバーがついにきましたね。

実はアローを見た後にフラッシュを見ているので後編はすでに見てしまっているのですが、ようやく話の流れを理解することができました。

テアにはまだ殺人衝動が残っているころでサベッジを殺そうとしていましたね。

やっぱりチームアローとチームフラッシュがそろうと一層面白くなりますね。

って言うかスターラボでも結構な事件が起こっていましたね。

これでパティは完全にこっち側の人間になるんでしょうね。

ジェイがハリーを助けてくれて本当に良かったですね。

ホルスの杖を手に入れたサベッジをオリバーたちがどうやって倒すのかが見ものですね。

以上がSeason2の第八話『Legends of Today/レジェンド・オブ・トゥデイ』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.