海外ドラマ

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド」第七話『Contents Under Pressure/逃れられぬ現実』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド」第七話『Contents Under Pressure/逃れられぬ現実』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season1 登場人物/キャスト

クラーク → イライザ・テイラー
フィン → トーマス・マクドネル
ベラミー → ボブ・モーリー
オクタヴィア → マリー・アヴゲロプロス
ジャスパー → デヴォン・ボスティック
モンティ → クリストファー・ラーキン
ウェルズ → イーライ・ゴリー
マーフィー → リチャード・ハーモン
アビー → ペイジ・ターコー
ケイン → ヘンリー・イアン・キュージック
ジャハ議長 → イザイア・ワシントン
レイヴン → リンゼイ・モーガン

 

第七話/エピソード7のあらすじ

クラークとレイヴンがアークとの交信に成功する。おかげでクラークは、アークから指示するアビーの声に従い、負傷した仲間を救う。一方アビーは、審議会のメンバーから外され、ジャハは、地球に行こうとしている人物についての恐るべき事実をアビーに打ち明ける。(公式サイトより引用)

 

The 100/ハンドレッド Season1動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason1の第七話『Contents Under Pressure/逃れられぬ現実』のネタばれになりますので注意してください。

地球では嵐が直撃していた。

負傷したフィンを助けるためにクラークはレイヴンに無線を直すようせかす。

Contents Under Pressure

この時、嵐の中からベラミー達が帰還する。

ベラミーはフィンを刺したグラウンダーを生け捕りにしてきたのである。

クラークはひどいことはしないでとベラミーに行ったが、これは必要なことだといい聞く耳を持たない。

Contents Under Pressure

一方、アークでは議長のもとに前議長が訪れ住民が不満を募らせていると警告してきた。

その後アビーの審理が行われた。

アビーは多くの罪を犯していたが、その医療技術の高さから赦免された。

しかしながら議員という肩書は失ってしまう。

アビーが議会室出ようとしたその時、ついに地球のアビーから通信が入る。

これにより地球は生きていける環境であることが証明されたが、同時にグラウンダーなどの脅威があることも明らかとなる。

この通信で議長は息子のウェルズの生死を確認したが、彼にとってはショックな知らせだった。

クラークはすぐにアビーと交信し、フィンを助けるための助言を得る。

クラークはアビーの指示の元すぐに治療に取りかかる。

the-100-1000-s1e7-contents-under-pressure

一方でベラミーは捕らえたグラウンダーから情報を引き出そうと暴行を加えていた。

必死に止めるオクタヴィアだったが今のベラミーにそんな余裕はなかった。

クラークはフィンの胸に刺さったナイフをアビーの指示を聞きながら正確に抜いていく。

だがこの時嵐の衝撃により船が大きく揺れてしまう。

そのはずみでクラークたちはバランスを失ってしまうが、これが功を奏しナイフはうまく抜ける。

後は傷口を縫い合わせるだけだった。

治療は成功しフィンを危機的状況から脱することはできた。

その後アビーはクラークと2人で話をしようとするが、クラークは父親のことを許せないためそれを拒否した。

クラークがベラミー達の様子を見に行くとグラウンダーはボロボロだった。

グラウンダーが相変わらず何もしゃべらないからである。

クラークとベラミーが話をしてると突然フィンの容体が急変する。

フィンの症状を見たクラークはそれが毒によるものであるとすぐに気が付いた。

クラークは急いでグラウンダーの元へ駆け寄り、毒の正体を聞き出そうとするがやはり何もしゃべらない。

22222222222-bellamy-and-clarke-the-100-37275899-1916-1076

毒と聞いたベラミーはグラウンダーが持っていた小瓶のようなものを思い出す。

毒を使うならその中に必ず解毒剤が入っていると考えたからである。

どれが解毒剤かをしゃべらせるため、ベラミーはグラウンダーにさらなる暴行を加えようとし、フィンを助けるのに必死なクラークもそれを黙認してしまう。

この時オクタヴィアだけは必死に止めたが誰もそれを聞きいれる余裕がなかった。

だがどれだけ痛めつけてもグラウンダーは教えようとしない。

1x07-Contents-Under-Pressure-bellamy-and-clarke-the-100-37275936-1916-1076

一刻を争う状況に下でフィンの様子を見ていたレイヴンが上がってくる。

そして宇宙船の電気を通しているケーブルを引き抜くとグラウンダーに使い電気ショックを与えた。

それでもしゃべらないグラウンダーを見かねたオクタヴィアは自分にナイフをさし傷をつけた。

オクタヴィアはグラウンダーなら自分を助けてくれると信じていたからである。

案の定、グラウンダーはオクタヴィアを救うために解毒剤を教えた。

クラークはすぐにフィンのところへ戻りその解毒剤を与えた。

finn-et-clarke-dans-contents-under-pressure

これによってフィンの容体は安定した。

ここで再びアビーから通信が入るが、アビーが父親のことを口にしたことでクラークはアビーが父親にしたことを絶対に許さないといい通信をきってしまう。

数時間後、フィンが目を覚ますとクラークはレイヴンに気をきかせてその場から立ち去った。

結果的にフィンを救えたがグラウンダーに拷問をしたことは大きなしこりを残すこととなる。

オクタヴィアは拷問によって傷ついたグラウンダーの体を優しく拭いてあげた。

するとグラウンダーは「ありがとう」と言葉を発したのである。

グラウンダーは全ての会話を理解していたのである。

ところ変わって、アーク内でもいざこざが起きていた。

地球からの交信により地球が住める環境であることが判明し、ケインは住民を削減したことを強く後悔していた。

住民の不満はケインにも向けられることとなる。

ジャハ議長はこれ以上住民に隠し事はできないと考え、集会を開くことに。

そこで議長はアークの酸素が付きかけようとしていること、100人の囚人を地球に送ったこと、住民を削減した後地球が住める環境であることが分かったことなど全て正直に話した。

promo2

それでも家族を失った住民の不満は晴れなかったが、議長も息子を失っていることを明かし住民はそれ以上の追及はできなかった。

ただこれまで多くのことを隠してきた議会のことは信用することはできないという。

そこで議長は住民らの代表的存在であり前議長であるダイアナ・シドニーをアビーの後任に任命した。

だがこれは全てダイアナの計算通りだった。

早速開かれた議会では地球脱出計画のことが話し合われた。

しかしアークにある脱出艇では2700人の住民の内700人しか地球に送れないことが判明する。

----------------------------------------------------------------------------------

ようやく地球とのコンタクトに成功しましたね。

フィンのナイフ随分乱暴に抜けましたが大丈夫だったんでしょうかね(笑)。

フィンが起きてもレイヴンのせいでクラークは複雑そうな表情をしてましたね。

あとかなり唐突でしたけどベラミーがグラウンダーをひっとらえてきましたね。

しかもグラウンダーはちゃんと言葉を理解していましたし。

まあ100年ぐらいじゃ言葉は変わらないですよね(笑)。

それにしてもなんでオクタヴィアだけOKなんですかねぇ。。

以上がSeason1の第七話『Contents Under Pressure/逃れられぬ現実』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.