ここでは実際に映画「欲望のバージニア」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

欲望のバージニア・・・3つ星

lawless02

原 題: Lawless
製作年: 2012年
製作国: アメリカ
出演者: シャイア・ラブーフ トム・ハーディ ゲイリー・オールドマン
     : ミア・ワシコウスカ ジェシカ・チャスティン ジェイソン・クラーク
     : ガイ・ピアース デイン・デハーン クリス・マクギャリー リュー・テンプル
監 督: ジョン・ヒルコート
製 作: ルーシー・フィッシャー ミーガン・エリソン ダグラス・ウィック
脚 本: ニック・ケイヴ
原 作: マット・ボンデュラント

 

あらすじ

禁酒法時代の米バージニア州を舞台に、密造酒ビジネスで名を馳せた実在の伝説的アウトロー3兄弟と悪徳取締官の壮絶な抗争を、シャイア・ラブーフ、トム・ハーディ、ガイ・ピアースら個性派キャストの共演で描いた犯罪ドラマ。監督は「ザ・ロード」のジョン・ヒルコート。1931年、バージニア州フランクリン。そこは、禁酒法時代にあって、酒の密造がもっとも盛んな街のひとつ。そんな無法の街で密造酒ビジネスを手がけるのが、ハワードとフォレストのボンデュラント兄弟。2人の弟で末っ子のジャックは、自分も早く大きな商売をしたいと野心を燃やしていた。そんな中、新たな取締官レイクスがフランクリンに赴任する。彼は着任早々、密造酒業者に対して高額な賄賂を要求していくのだったが…。 (TSUTAYA online より引用)

 

感想/レビュー

予告編を見ておもしろそうだったので見てみました。

率直な感想をいえば、悪くはなかったという感じです。

私的には嫌いではありませんでしたが、映画の雰囲気がずっと暗かったので見るのに疲れたというのが本音です。

もう少しユーモアも欲しかったですね。

出演者にはトランスフォーマーシリーズのシャイア・ラブーフ、ブラック&ホワイトやダークナイト・ライジングなどに出演しているトム・ハーディ、バットマンシリーズやハリーポッターなどにも出演しているゲイリー・オールドマン、アリス・イン・ワンダーランドやジェーン・エアなどに出演しているミア・ワシコウスカ、ゼロ・ダーク・サーティやツリー・オブ・ライフなどに出演しているジェシカ・チャスティン、ホワイトハウス・ダウンや華麗なるギャツビーなどに出演しているジェイソン・クラーク、ロックアウトやアイアンマン3などに出演しているガイ・ピアース、クロニクルやプレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命などに出演しているデイン・デハーンなどが起用されていました。

最近勢いに乗っている俳優が中心になって出演してますね。

これだけの俳優がそろった映画はなかなかないんではないでしょうか?

欲望のバージニア予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は禁酒法時代にバージニアに実在した兄弟の奮闘を描いたもの。

長男ハワード(ジェイソン・クラーク)、次男フォレスト(トム・ハーディ)、そして末っ子のジャック(シャイア・ラブーフ)らボンデュラント兄妹は禁酒法時代に酒を密造して暮らしていました。

取引を仕切っているのは次男のフォレストで軍隊出身のハワードはケンカ担当、未熟なジャックは車の運転担当でした。

ボンデュラント兄妹は決してお上に屈することなく、自由に商売をしていました。

そこへある日シカゴから1人の女性が働きに来ます。

彼女の名前はマギー(ジェシカ・チャステイン)といい、なんでも都会での暮らしがいやになったのだとか。

その数日後、取締官に新たに男が加わりました。

男の名前はレイクス(ガイ・ピアース)といい、フォレスト達に売上を納めるように言ってきます。

当然納得しないボンデュラント兄妹は真っ向から対立することに。

レイクスはまずジャックに目をつけ、家に押し入ってきます。

そしてジャックはぼこぼこにされ、その上フォレストからはきつい説教を食らってしまいます。

ある時、シカゴからの取引客が来るということで、フォレストはハワードに店にいるように伝えました。

しかしハワードは酒を飲んで帰ってきませんでした。

案の定、取引はこじれてしまいフォレストは取引客をぼこぼこにして外に放り出します。

しかしその夜取引客の2人がフォレストを待ち伏せし、喉を切り裂かれてしまいます。

運悪くその場に戻ってきたマギーも2人の慰み者になってしまいます。

フォレストは首を切られながら30km離れた病院に歩いて行ったのだとか(真相は後ほど)。

フォレストが入院し、商売が滞ったためかねてより1人で商売をしたいと思っていたジャックが勝手に酒を持ち出して売りに行ってしまいます。

ジャックは隣町を仕切っているギャングのフロイド・バナー(ゲイリー・オールドマン)の元へ向かい、殺されかけながらも通常の倍以上の価格で酒を売ることに成功します。

そしてバナーはさらにフォレストを襲ったのは自分とは関係ないといい、犯人の住所が書かれたメモをジャックに渡します。

帰ったジャックはフォレスト達に非難されるも、大金とメモをフォレストに渡すことによってその場を収めました。

次の日ハワードとフォレストはメモに書かれた場所に向かい、フォレストを襲った2人組を虐殺します。

さらにその男のいちもつを切り取り、2人を雇ったレイクスの元へ送ります。

ここからレイクスと兄弟たちの争いが激化します。

まずレイクスはボンデュラント兄妹以外に酒を密造している者を取り締まり、自分の足元に屈させます。

そしてついに兄妹が森の奥に隠していた醸造所を見つけ出し、ダイナマイトで吹き飛ばしてしまいます。

その時居合わせたジャックの相棒のクリケット(デイン・デハーン)はレイクスに殺されてしまいます。

怒ったジャックは1人でレイクスの元へ。

しかしそこには多くの取り締まり官がおり、ジャックは撃たれてしまいます。

そこへ2人の兄が到着し、ジャックを助けようとします。

しかしフォレストもレイクスに撃たれてしまい、絶対絶命のピンチに。

そこへ密造仲間が駆けつけ、2人を助けてくれます。

フォレストは打たれながらもレイクスをしとめようとしますが、さらに銃弾を浴びて倒れてしまいます。

しかしやりすぎるレイクスの行動に付いていけなくなった取締官たちは逆にレイクスを撃ってしまいます。

ピンチになったレイクスは逃げようとしますが、追いかけてきたジャックによって撃たれてしまいます。

そして仕上げにハワードに後ろからナイフで刺されてしまい死んでしまいます。

これで抗争は終わり、時代が移ろっていきます。

数発の銃弾を浴びながらも生きていたフォレストは2週間の入院だけで無事に回復。

その後マギーと結婚し兄弟3人で仲良く暮らしました。

という感じですね。

フォレストが首を切られた時に、実は30km歩いたのではなく居合わせたマギーに助けられていたんですね。

これは結構なネタバレです。

ストーリーはわかりやすいですし、俳優も好きな俳優がたくさん出ていました。

なのにやはり映画の雰囲気が残念でしたね。

決して嫌いではないですが、3つ星評価です。

以上が欲望のバージニアのあらすじと感想のレビューでした。