海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第七章 氷と炎の歌」第一話『Dragonstone/ドラゴンストーン』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第七章 氷と炎の歌 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT2

 

第一話/エピソード1のあらすじ

ブランとミーラが“黒の城(カースル・ブラック)”に到着する。ジョンとサンサは北部の領主たちを集めた戦略会議の場で意見を衝突させる。そんな中、ジョンのもとに、トメンが死にサーセイが玉座に就いたとの知らせが届く。ウォルダー・フレイとその一族を一人で始末したアリアは、次は「女王を殺す」とリヴァーランを出る。一方、“知識の城(シタデル)”ではサムが、ジョンにとって非常に有益な情報を得る。ティリオン、グレイジョイ姉弟らとともにミーリーンから船出したデナーリスは、ついに故郷ドラゴンストーンに到着する。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第七章 氷と炎の歌 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは第七章 氷と炎の歌の第一話『Dragonstone/ドラゴンストーン』のネタばれになりますので注意してください。

夜の王がホワイトウォーカーを連れて着々と南に侵攻し、それをブランが能力を使って監視していた。

ブランとミーラはカーセルブラックへ到着し、ナイツウォッチの総帥であるエッドはブランである証拠はあるかと尋ね、ブランは以前にジョンと一緒に戦っていたことを知っていると話し取りあえずは信用してもらえた。

リヴァーランではアリアに殺されたはずのウォルダー・フレイが一族を集めて酒をふるまっていた。

だがその酒には毒が仕込んであり、フレイ家の息子たちは全員その場で息絶えてしまう。

ウォルダー・フレイの姿をしていたのは顔を利用して変装していたアリアだったのだ。

リヴァーランを出たアリアはキングスランディングへ向かう途中にリヴァーランの治安維持に来ていた部隊に出くわす。

警戒しながらも兵士たちはアリアをねぎらってくれ食料と酒をふるまってもらえた。

一方、ジョンは諸侯を集め軍議を開き今のままでは圧倒的に装備が足りないため総力を挙げてドラゴングラスを探すように指示する。

更に10〜60歳の者は全員槍や矛や弓矢の訓練を始めるように言い、グラヴァー公からは反対意見が出るがリアナ公がベア・アイランドでは女子供も戦いの訓練を始めると宣言したことで他も納得する。

ジョンは現在のナイツウォッチの人員の少なさを考え野人のトアマンドにイーストウォッチで監視を行うように頼んだ。

もし壁が突破されればアンバー家とカースターク家が代々守っていたラストハース城とカーホールド城が最初の拠点になると話すジョンに両家は裏切ったため城も取り壊すべきだという意見が出たが、サンサがある物はすべて活用するといい2つの城にはラムジーとの戦いで活躍したものに与えるべきだと口にする。

しかしジョンの考えはアンバー家とカースターク家の前党首はすでに死んでおり、その罰を子供に与えることはないというもので、サンサの意見とは対立してしまう。

ジョンはネッド・アンバーとアリス・カースタークに改めて忠誠を誓わせ北部は一致団結する。

その後ジョンはサンサに軍議で自分の意見と対立するのはやめてほしいというが、サンサはジョフリーのような愚かな王にならないようにと警告する。

するとここでキングスランディングから書状が届き、トメンが死に新たにサーセイが女王の座についたことが書いてあり、キングスランディングに来て跪かねば裏切り者として処刑すると記載してあった。

ジョンは北の敵に目が行き過ぎて南の敵に気がつかなかったと口にし、サンサはサーセイは裏切り者だと判断すれば相手が滅びるまで戦いをやめないと警告した。

サンサが一人になるとそこへリトルフィンガーがやってきて安全な場所で幸せになってほしいと話す。

そこへブライエニーがやってきてリトルフィンガーがとどまっているのには魂胆があるはずだというが、サンサはなにが望みかはわかっていると話す。

そのころ、キングスランディングではサーセイがウェスタロスの地図を書かせておりそこへジェイミーがやってくる。

ジェイミーは南にエラリア・サンド、西にオレナ・タイレル、北にジョン・スノウとサンサ、東にデナーリス・ターガリエンがおり、四方を敵に囲まれていると話す。

ジェイミーは七王国を支配するつもりなら強力な同盟が必要だと主張し、サーセイはそのぐらいわかっていると答える。

その後キングスランディングにユーロン・グレイジョイ率いる鉄水軍がやってくる。

ユーロンは自分たちには共通の敵がいるといい手を組もうといってくるがサーセイはそれを拒否。

するとユーロンは手土産を持ってくるといい笑顔でキングスランディングを後にした。

一方、ブラザーフッドとハウンドは北部に足を踏み入れ民家で休息を取ることに。

するとハウンドはその家を避けたいという態度をとった。

その家はかつてハウンドとアリアが世話になった民家であり父娘は心中していたのである。

ハウンドはベリックに悪態をつき、ミアのソロスは炎の中を見てみろとハウンドに言う。

ハウンドが炎の中を見ると氷の壁が海と接する場所で死人の軍団が押し寄せてくるというものが見えた。

皆が寝静まったころ、罪悪感からかハウンドは父娘の遺体を埋葬し慈悲の言葉をかけるのだった。

シタデルではサムがメイスターの下働きとして毎日頑張っていたが、病人の世話などが大半だった。

サムはアーチメイスターにホワイトウォーカーの話をし信じてもらうことはできたが終わらない冬はないと言われ協力はしてもらえない。

ただこの時の会話で長き夜に関する記述がメイスターしか入れない場所の本に記載されていると教えられる。

その夜、サムは病人のメイスターから鍵を盗みメイスターしか入れない場所へ行って本を拝借した。

その本を持ち帰ったサムはジリと共にドラゴングラスに関する記述を探し、ドラゴンストーンに大量に埋まっていることが分かる。

サムはすぐに手紙を書きこのことをジョンに伝えた。

その後、病人の世話をするついでに本を戻そうとしていたサムはドラゴンスケイルにかかった者にデナーリス・ターガリエンは来たかと聞かれまだだと答えた。

そのデナーリス・ターガリエンはついに故郷であるドラゴンストーンにやってきていた。

スタニスが拠点としていたドラゴンストーンは廃墟となっており、デナーリスはスタニスの旗を不機嫌そうに払い落す。

デナーリスは玉座を目にしかつてスタニスが戦略を練っていた部屋にあるテーブルに着くと「始めるわよ」と告げるのだった。

———————————————————————————-

アリアのシーンで歌っていたのは歌手のエド・シーランだったようですね。

どおりで歌がうまいと思いました。

最初のシーンではウォルダー・フレイ?と一瞬思ってしまいましたがやっぱりアリアでしたね。

結局リヴァーランはアリア一人の手で壊滅し見事に復讐を果たしました。

ただこのまま一人で行動するのもなんだかさみしいですね。

北部ではブランがようやく壁に到着しましたしウィンターフェルで兄妹が再開するのもそお遠くないでしょう。

気がかりなのはジョンがターガリエンの血を継いでいると知っていることですが、ブランとジョンが対立してしまうのは悲しいですね。

そうならないようにあってほしいですが。

以上が第七章 氷と炎の歌の第一話『Dragonstone/ドラゴンストーン』のあらすじと感想のレビューでした。