ここでは実際に映画「キック・アス」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

キック・アスの評価・・・4つ星

kickass02

原 題: Kick-Ass
製作年: 2010年
製作国: アメリカ/イギリス
出演者: アーロン・ジョンソン クリストファー・ミンツ=プラッセ マーク・ストロング
    : クロエ・グレース・モレッツ ニコラス・ケイジ ギャレット・M・ブラウン
    : クラーク・デューク エヴァン・ピーターズ デボラ・トゥイス リンジー・フォンセカ
監 督: マシュー・ヴォーン
製 作: アダム・ボーリング マシュー・ヴォーン ターキン・パック
    : ブラッド・ピット デヴィッド・リード クリス・サイキエル
脚 本: ジェーン・ゴールドマン マシュー・ヴォーン
原 作: マーク・ミラー ジョン・S・ロミタ・Jr

あらすじ

「ウォンテッド」の原作者マーク・ミラーの同名コミックを「レイヤー・ケーキ」のマシュー・ヴォーン監督が実写映画化したアクション・コメディ。スーパーヒーローに憧れる平凡なオタク高校生が始めた無謀な自警活動が思わぬ事態へと発展していくさまを、過激なバイオレンス・シーン満載で描き出す。アメコミ好きの高校生デイヴは、ヒーローへの憧れが高じて自らインターネットでコスチュームを手に入れ、勧善懲悪のヒーロー“キック・アス”として街に繰り出す。案の定、最初はチンピラにボコボコにされるデイヴだったが、彼の活動の様子が動画サイトにアップされると、一躍時の人に。そんなキック・アスの活躍が面白くないギャングのボスは、彼の抹殺へと乗り出すが…。 (TUTAYA Onlineより引用)

 

感想/レビュー

ずっと気になっていた作品でようやく見ることができました。

率直な感想はB級映画感が強く、非常に笑える作品でした。

もちろんこれはいい意味でです。

キャスティングもいいし、見ておいて損はないと思いますよ。

ただ一緒に見る人は選んだほうがいいかも知れません。

下ネタが多いので、両親と見るときまづくなりますよ(笑)。

出演者にはアンナ・カレーニナや野蛮な奴ら/SAVAGEなどに出演しているアーロン・ジョンソン、スーパーバッド 童貞ウォーズなどに出演しているクリストファー・ミンツ=プラッセ、ビトレイヤーやグリーンランタンなどに出演しているマーク・ストロング、キャリーやイコライザーなどに出演しているクロエ・グレース・モレッツ、ゴースト・ライダーシリーズなどに出演しているニコラス・ケイジ、秘密の絆などに出演しているギャレット・M・ブラウン、同じくスーパーバッド 童貞ウォーズなどに出演しているクラーク・デューク、X-MEN:フューチャー&パストなどに出演しているエヴァン・ピーターズ、ザ・ウォード 監禁病棟などに出演しているリンジー・フォンセカらが起用されています。

最近になって話題作に出演しだしている若手俳優がかなりたくさん起用されていますね。

数年後にはこのキャストがあり得ないぐらいすごいってことが分かるようになっているのではないでしょうか。。

キック・アス予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容はヒーローにあこがれた一人の青年がコスチュームを身にまとい現実のヒーローとして活動していくというもの。

高校生のデイヴ・リゼウスキ(アーロン・ジョンソン)は、アメリカン・コミックのスーパーヒーローに憧れる普通の少年だった。

いわゆるオタクのデイヴは女性には相手にされず、チンピラからはカツアゲされる毎日だった。

そんな彼はなぜ現実にはスーパーヒーローがいないのかと常々疑問に思っていた。

そこでデイヴは一念発起してネットでヒーローになるためのコスチュームを購入した。

main_top

デイヴは自らをキックアスと名づけ、ヒーロー活動を開始した。

しかしコスチュームを着ただけで強くなれるはずもなく、いつもからまれているチンピラにナイフで刺され、とどめに車にはねられ瀕死の重傷を負ってしまう。

なんとか傷は癒えたものの、体の中には鉄板が残り末端神経は多少の麻痺が残った。

更にデイヴは救急車で運ばれる際にヒーロー活動していたことが露呈しないよう救急隊員に服を脱がしてもらっていた。

だがコレが原因で学校ではデイヴがゲイなのではと疑惑が持ち上がってしまう。

だがコレは悪いことばかりではなかった。

学校の美女ケイティ(リンジー・フォンセカ)に話しかけてもらえるきっかけとなったのである。

ケイティはデイヴをゲイだと思いこんでいるため、何の抵抗もなく自分のことをデイヴに話していた。

デイヴもだます気はなかったのだがなかなか言い出せずにいた。

一方でデイヴはヒーロー活動も再開していた。

ある時、一人の男が3人の男にリンチされている現場に遭遇する。

kick-ass1

デイヴは迷わず男を助けに入った。

この時の行動が周りの人間に撮影され、キックアスと名乗ったデイヴは一躍有名人となった。

Myspaceのキックアスのアカウントのフォロワーも一万人を超えるほどだった。

ある日デイヴはケイティの相談ごとに乗ってあげていた。

その内容とは、ケイティが参加しているボランティア活動で麻薬の売人がしつこくケイティに連絡をしてくるというものだった。

デイヴはケイティにキックアスに相談してみてはと持ちかける。

ケイティに連絡をもらったキックアスは早速その相手がいるマンションへと入って行った。

だがそこはキックアスが思っていたよりもはるかに危険な場所であり、キックアスは殺されそうになってしまう。

そこへ謎の少女が現れ颯爽と敵をせん滅していった。

KickAssHitGirl2

それに加えて少女の父親も銃を持って敵を倒した。

唖然とするキックアス。

少女は自らをヒットガール(クロエ・グレース・モレッツ)と名乗り、父親はビッグダディ(ニコラス・ケイジ)と名乗った。

二人は警察が駆けつける前に手際よく撤退していった。

本物のヒーローを目の当たりにしたキックアスことデイヴ。

住む世界が違いすぎることを痛感したデイヴはヒーローを引退することを決意する。

そんなことを思っていると、ヒットガールとビッグダディが家までやってくる。

20101225a

IPアドレスをたどって一発で正体がわかったらしい。

2人はキックアスに情報収集などの協力を依頼する。

ヒーローをやめようと思っていたキックアスだったが、二人に誘われたことで再び魂に火が付いた。

3人は協力していくことを約束し、デイヴもヒーロー活動を継続することに。

ここで話は変わるが、ヒットガールとビッグダディの過去が明らかとなる。

ビッグダディはデイモン・マクレイディという名の元警官で麻薬組織のフランク・ダミーコ(マーク・ストロング)という男を相棒のマーカス(オマリ・ハードウィック)と共に長年追っていた。

だがある時ダミーコにはめられ反対に刑務所に入れられてしまう。

5年間もの刑期を言い渡されたデイモンは絶対にダミーコに復讐することを決意し、牢の中で計画を立てていた。

だが刑務所に入れられてすぐに妻が自殺してしまう。

この時お腹の中には子供がおり、奇跡的に子供は助かった。

子供はミンディと名づけられ、デイモンが出所するまで相棒のマーカスに育てられることに。

5年後、出所したデイモンは警察をやめ全てを奪ったダミーコに自分の手で復讐することに。

そのためまずデイモンは娘を悪人と戦えるように徹底的に鍛え上げた。

そうしてフランク・ダミーコに復讐するビッグダディとヒットガールが誕生したのである。

キックアスがいたマンションに二人が現れたのも、そこにいた奴らがダミーコがからんだ麻薬を持っていたからである。

他にも2人はダミーコが関係している組織を次々に壊滅に追いやっていた。

そんな状況をダミーコはキックアスの仕業であると思いこみ、どんな手段を取ろうともキックアスを殺すことに。

しかしダミーコの力をもってしてもなかなかキックアスの尻尾はつかめない。

そこでダミーコの息子であるクリス(クリストファー・ミンツ=プラッセ)はレッド・ミストというヒーローに扮して活躍することで、キックアスと接触しようとする。

そしてついにキックアスと連絡を取ることに成功する。

kick-ass-and-red-mist

レッドミストはキックアスに他にも仲間がいると持ちかけ、自分のアジトにキックアスをさそいこむことに。

うまく罠にはめたレッドミストだったが、ここで一つの誤算が生じる。

なんとアジトが燃え盛っていたのである。

レッドミストは急いで中に入り隠しカメラを持ち出した。

そこではそれ以上のことは何もしなかった。

レッドミストは家に戻るとダミーコと共に隠しカメラの映像を見た。

するとそこに映っていたのはビッグダディが手下を皆殺しにし火を放っている場面だった。

20101008_621512

コレによりダミーコは組織を狙っているのはキックアスではなく他のヒーローであることを知る。

レッドミストはキックアスに仲間がいるという話を思い出し、再びキックアスとコンタクトを取る。

そしてついにキックアスにビッグダディ達の元へ案内させることに成功する。

Kick-ass-012-1-

2人の元へ来たレッドミストは隠していた銃でヒットガールを打ち、待機させていた部下にビッグダディとキックアスを連行させた。

捕まった2人は動画で公開処刑されることに。

ぼこぼこにされ、ガソリンをかけられ火をつけられる・・・と思った瞬間、突然電気が消えた。

防弾チョッキを着て無事だったヒットガールが助けにやってきたのである。

ヒットガールは何十人もいる敵を次々に殺していく。

hqdefault

焦った敵は手に持っていたライターでビッグダディに火をつけてしまう。

火をつけられたビッグダディはそれでもヒットガールに指示を出し、彼女を導いた。

main-qimg-e9fc8714572c849939fcae0cc7c2ab61

敵を全て殺した時、ビッグダディは息を引き取る寸前だった。

ビッグダディは最後に娘にこの町を頼むといい、安らかに息を引き取った。

ヒットガールはキックアスを連れてアジトへと戻って行った。

そして父親を殺したダミーコをに復讐を誓う。

止めるキックアスだったが、2人に借りのあったキックアスはヒットガールに協力することに。

kick_ass

入念に準備をし、2人でダミーコのアジトへと乗り込んでいった。

ここからは動画で

父親を殺されたレッドミストは悪になることを決意するのだった。

・・・という感じです。

実際に映画を見てみると笑える場面が満載だと思いますよ。

リラックスして見れる作品なので、彼女なんかと見るといいかもしれませんね。

以上がキック・アスの感想とレビューでした。

最後にキックアスの続編であるキックアス/ジャスティス・フォーエバーの予告動画です。