海外ドラマ

海外ドラマ「ARROW/アロー」第二十二話『Darkness on the Edge of Town/迫りくる悪夢』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「ARROW/アロー」第二十二話『Darkness on the Edge of Town/迫りくる悪夢』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season1 登場人物/キャスト

オリバー・クイーン/アロー → スティーヴン・アメル
ダイナ・"ローレル"・ランス → ケイティ・キャシディ
テア・クイーン → ウィラ・ホランド
モイラ・クイーン → スザンナ・トンプソン
トミー・マーリン → コリン・ドネル
ウォルター・スティール → コリン・サーモン
ジョン・ディグル → デヴィッド・ラムゼイ
クエンティン・ランス刑事 → ポール・ブラックソーン

 

第二十二話/エピソード22のあらすじ

マルコム・マーリンは、地震学者との仕事を終わらせようとし、マーリン・グローバル・グループは、闇に包まれていた秘密を明らかにする。オリバーは、ついにダーク・アーチャーと対決することになる。そして、オリバーがスターリング・シティを救うためには、どんな方法を使ってでもダーク・アーチャーに勝たなければならなかった。一方、トミーから真実を告げられたローレルは、ある決意を固める。そんな中、オリバーは、島にいた時ジェット機を射落とそうとした男のことを思い出していた。 (公式サイトより引用)

 

ARROW/アロー Season1動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason1の第二十二話『Darkness on the Edge of Town/迫りくる悪夢』のネタばれになりますので注意してください。

マーリンはユニダック産業からグレイズ地区を壊滅させる装置を受け取ると、証拠隠滅のため研究員を皆殺しにしデータも全て抹消した。

arrow122

一刻も早く計画をつぶさなければならないオリバーは、モイラと話をすることに。

それも今度はアローとしてではなくオリバーとしてだった。

だがモイラは何があっても口を割ろうとしない。

しかしここで何者かの矢がオリバーとモイラを襲った。

眠らされた二人が目を覚ますと体を拘束されていた。

2人を襲ったのはアローに扮したディグルだった。

Darkness on the Edge of Town

オリバーは自分を人質にモイラから事業のことを聞き出そうとしたのである。

アローに襲われていると思ったモイラはマーリンがグレイズ地区を壊滅させようとしていることを明かした。

更にその手段としてユニダック産業に作らせた地震発生装置が使われることも明かしたのである。

ディグルは二人を解放したが、真実を知らされたオリバーは母親のことが信じられなくなっていた。

Darkness on the Edge of Town

オリバーはこのタイミングでユニダック産業が襲われたことから模倣犯とマーリンはつながっていると考えた。

オリバーは装置のことを探るためフェリシティにマーリンの会社のパソコンをハッキングさせるがセキュリティが突破できなかった。

フェリシティはメインコンピューターに直接アクセスできれば簡単に情報が手に入ると愚痴をこぼすとオリバーはマーリンの会社に忍び込む計画を立てる。

そのころテアはロイとともに警察の監視をしていた。

arrow-promo-darkness-on-the-edge-of-town

アローにつながる情報を得るためである。

だが有力な情報は得られなかった。

そこでロイは法律事務所の仕事を利用して警察に忍び込み情報を手に入れて来いとテアに指示する。

テアも仕方なくロイに協力することに。

テアが警察に忍び込むと模倣犯とマーリンとの間に何かしらの関係があるという情報を聞きつける。

そこでロイはテアとともにマーリンの会社に行ってアローが来ないか待つことに。

一方、オリバーはフェリシティとディグルと協力してマーリンの会社に忍び込む。

Darkness on the Edge of Town

オリバーはフェリシティをメインコンピューターの部屋まで連れて行くと自分はトミーと話をしに行った。

オリバーはトミーにローレルと自分が戻ることはないと言い、トミーにローレルから逃げるなとアドバイスを送った。

部屋から出たオリバーは運悪くマーリンと出会い下まで送ると言われる。

だがこの時警備員がフェリシティの元へ向かっており絶体絶命のピンチに陥っていた。

ディグルはオリバーにフェリシティを助けに行くように指示するが、マーリンにつかまっているためオリバーも動けなかった。

フェリシティがデータをダウンロードし部屋から出るとすぐそこに警備員がいて何をしていたのかと問い詰められてしまう。

もうだめかと思ったその時、ディグルが機転を聞かしてフェリシティを助ける。

hqdefault

なんとか無事にデータを入手できたオリバーたち。

オリバーがしたでマーリンと別れるとそのフロアにはテアがいた。

テアはなんとかごまかそうとするが、ロイも見つかってしまいアローの行方を追っていることがばれてしまう。

0

オリバーはアローを追うのはやめろと言い、すぐに帰るようロイに言った。

オリバーに警告されたロイだったがこの程度ではあきらめなかった。

だがテアはこれ以上付き合いきれないと家に帰ってしまう。

家に帰るとモイラとウォルターが話していた。

ウォルターはテアを抱きしめると何も言わず出て行った。

モイラがウォルターから受け取った紙はどうやら離婚届だったようだ。

一方、アジトに戻ったオリバーはすぐに装置のありかを探るようフェリシティに指示した。

そして自身はローレルの元へ。

ローレルに自分のことを愛してないとトミーに言うことは嘘になるとオリバーに言われたことで、そのことで頭がいっぱいだった。

そんな中オリバーが家にやってきたことで二人の気持ちは以前のものに戻ってしまう。

maxresdefault

だがオリバーからアドバイスを受けたトミーもタイミング悪くローレルの家に行こうとしていた。

トミーは窓の外からローレルとオリバーが抱き合っているのを見て激しい怒りを覚えた。

翌朝、オリバーの元にディグルから連絡が入る。

フェリシティが仕込んでいたトロイの木馬によりマーリンの装置の場所が分かったのである。

オリバーは装置をディグルに任せ自分はマーリンの元へ。

ディグルが隠し場所までやってくるとそこに装置はなかった。

一方、マーリンと対峙したオリバー。

オリバーはマーリンンに容赦なく矢を放つが素手で止められてしまう。

Darkness on the Edge of Town

これによって模倣犯とマーリンが同一人物であることが分かる。

マーリンはアローにトロイの木馬のおかげで狙われていることが分かり、すでに装置は別の場所にうつしたと語った。

グレイズ地区の壊滅を食い止めるためマーリンと戦うオリバー。

だがやはりマーリンの方が一枚上手だった。

オリバーはやられ素顔を見られてしまう。

Merlyn-unmasks-Arrow-590x329

アローの正体がオリバーだとわかったマーリンは驚きを隠せなかった。

ここから随所に出てくるオリバーの過去の回想
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
ヤオ・フェイの裏切りによりつかまってしまったオリバーたち。

だがこれについてヤオ・フェイは「自分が居場所を言わなかったら森ごと爆撃されていた」と語った。

ファイヤーズに捕まったオリバーたちはそこでファイヤーズの計画について知らされることになる。

jpeg

ファイヤーズはある要人の依頼で中国経済に打撃を与えることが目的だった。

そのために中国に着陸しようとする飛行機をミサイルで撃ち落とし、中国経済を停滞させようとしていたのである。

643585Arrow3

だがこれには罪をかぶる人間が必要だった。

その人間に選ばれていたのがヤオ・フェイだったのである。

ヤオ・フェイはファイヤーズには従わないと言ったが、人質にとられたオリバーや娘のシャドーが殺されそうになってしまう。

そのため仕方なくファイヤーズの言うとおりに犯行声明を読み上げたヤオ・フェイ。

だがその映像を取り終えた瞬間ファイヤーズによって殺されてしまう。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

以上がSeason1の第二十二話『Darkness on the Edge of Town/迫りくる悪夢』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.