海外ドラマ

海外ドラマ「ARROW/アロー」第二十一話『The Undertaking/密議』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「ARROW/アロー」第二十一話『The Undertaking/密議』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season1 登場人物/キャスト

オリバー・クイーン/アロー → スティーヴン・アメル
ダイナ・"ローレル"・ランス → ケイティ・キャシディ
テア・クイーン → ウィラ・ホランド
モイラ・クイーン → スザンナ・トンプソン
トミー・マーリン → コリン・ドネル
ウォルター・スティール → コリン・サーモン
ジョン・ディグル → デヴィッド・ラムゼイ
クエンティン・ランス刑事 → ポール・ブラックソーン

 

第二十一話/エピソード21のあらすじ

オリバーは、トミーやディグルとの関係を修復するのは難しいと判断し、リストに載った次のターゲットに意識を集中しようとする。フェリシティは、不正を働いた会計士のコンピューターを調査してつかんだ情報が、オリバーのウォルター捜しに有用だと気づく。情報を確認したオリバーは、現場でのフェリシティを初めて信用しようとする。一方、マルコムが妻の殺害についての痛々しい事実をロバート・クイーンとフランク・チェンに暴露したことが判明する。そんな中、トミーはある真実を告げ、ローレルを驚かす。 (公式サイトより引用)

 

ARROW/アロー Season1動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason1の第二十一話『The Undertaking/密議』のネタばれになりますので注意してください。

ディグルが去った後それを紛らわすように悪人退治に精を出すオリバー。

その中で悪徳会計士バックマンを粛清し、更なる悪を突き止めるために彼のパソコンを持ち帰った。

パソコンをフェリシティに託し、オリバーはクラブの方に顔を出した。

クラブにはローレルが来ていた。

Laurel_at_Bar

ローレルはトミーに突然別れを告げられ困惑していた。

トミーは理由も何も話してくれなかったためローレルは訳がわからなかった。

そこでローレルはオリバーに相談しに行ったのである。

オリバーはローレルにトミーときちんと話し合った方がいいとアドバイスを送る。

ローレルと話している途中、早速ハッキングに成功したフェリシティが上にやってくる。

Arrow121.06

フェリシティが調べた結果、その会計士の記録からウォルターが消えた日に200万ドルの送金があることに気が付く。

送金相手は違法カジノのオーナーでアロンゾという名前の男だった。

すぐにでもアロンゾの襲撃に行きたいところだったがカジノの警備は厳重でオリバーといえど一人で侵入するのは容易ではなかった。

だが協力してくれるディグルはメンバーから抜けた状態。

フェリシティはウォルターを救うために自分がカジノに潜入すると言いだす。

オリバーも他に手段がないことは分かっていたため、フェリシティの言うことにしたがうことに。

カジノに潜入する前、フェリシティは一人でディグルの家を訪れた。

ウォルターを救うために協力してくれるよう頼んだが、オリバーが謝りに来たら戻ると言いフェリシティを帰した。

その日の夜、フェリシティにカジノに潜入させた。

The Undertaking

作戦はフェリシティにいかさまをさせアロンゾの部屋に通してもらった後、彼のパソコンに機器をしかけるというものだった。

作戦通りフェリシティはいかさまをしアロンゾの部屋に通されたものの仲間がいることがばれて殺されそうになってしまう。

フェリシティの身を案じたオリバーは急いでカジノへ行き次々に警備を倒していった。

The Undertaking

そしてアロンゾの部屋に着くと軽々とフェリシティを助け出し、ウォルター誘拐の件を問い詰めた。

するとアロンゾはすでにウォルターは死んでいるとオリバーに話した。

maxresdefault

にわかには信じられないオリバーだったが、アロンゾは確実に死んでいるという。

ショックを受けたオリバーはこの事実をテアとモイラにも話した。

するとモイラはそんなはずはないと言い家を出て行ってしまう。

その行動に違和感を覚えたオリバーはモイラの後をつけることに。

モイラはマーリンのところへ行きウォルターのことを問い詰めた。

するとマーリンはウォルターが生きている映像をモイラに見せた。

実はこのやり取りをオリバーは盗聴していた。

8721960473_44e25d7c4f

オリバーはモイラが事業に関わっていたこと、そしてウォルターをさらったのがマーリンであることにショックを受けた。

だが仕事はしなければならない。

オリバーはフェリシティにマーリンの通話記録からウォルターがどこにいるのかを探らせた。

するとブラッドヘイブンというところで監禁されていることを突き止める。

オリバーはすぐにウォルターの救出に向かい、見事に救い出した。

arrow-season-1-21-the-undertaking-the-hood-rescues-walter-stephen-amell-colin-salmon-review-episode-guide-list

ようやくクイーン家にウォルターが戻ってきたのである。

だが真実を知ったオリバーは素直に喜べなかった。

the UNDERTAKING 4

オリバーはディグルの家に行き、モイラが事業に関わっていたこと、そして近々大きなことが起こるためディグルの助けがいると言いディグルに戻るよう説得した。

これによりディグルもメンバーに戻ることに。

一方、トミーに突然別れを告げられたローレルはトミーに理由を聞きに行っていた。

するとトミーは重い口調でローレルはオリバーのものだと言いだす。

そんな理由では到底納得できないローレルはオリバーにローレルのことは何とも思っていないとトミーに説得してほしいと頼まれる。

だがオリバーは今でもローレルのことを愛しており、トミーにそんな嘘をつくことはできないとローレルに言った。

それを聞いたローレルはオリバーの気持ちを知り驚きを隠せなかった。

Arrow-1x21

ここから随所に出てくるオリバーの過去の回想(今回はモイラの回想)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
グレイズ地区を浄化するためにある事業を進めていたマーリンやロバートたち。

しかし今の事業ではグレイズ地区を浄化することなどできないとマーリンが言いだす。

arrow-undertaking-020

そしてマーリンは新たな事業を立ち上げるべきだと言い始める。

その新たな事業ではグレイズ地区の人々の命は切り捨てるというマーリン。

そのようなこと到底受け入れられないロバート。

皆が帰った後、マーリンはロバートに自分の妻が死んだ時の話をしロバートを説得しようとする。

arrow_the_undertaking_10_20130424_13377399561-610x406

マーリンの話を聞いたロバートはフランクになんとか計画を阻止できないかと持ちかける。

そしてフランクとともにマーリンが買占めようとしているグレイズ地区のビルを自分たちで買い占める計画を立てる。

他方でロバートは気分転換にと船で旅に出ると言いだす。

船旅のことを知ったオリバーは自分も船旅に行くと言いだす。

Familia-feliz

当時オリバーはローレルと付き合い、同棲しようという話も出ていた。

だがどこかオリバーはその話に乗り気ではなかった。

UnvHByI4Sm

それにはある理由があった。

オリバーはその船旅にローレルの妹であるサラを連れて行こうとしていたのである。

オリバーはサラとできていたことからローレルとの話に乗り気ではなかったのである。

そしてとうとうオリバーの運命を大きく変えることになる船が出港してしまった。

その船にはマーリンの指示でフランクが爆弾を仕掛けているとも知らずに。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

以上がSeason1の第二十一話『The Undertaking/密議』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.