海外ドラマ

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第一章 七王国戦記」第五話『The Wolf and the Lion/狼と獅子』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第一章 七王国戦記」第五話『The Wolf and the Lion/狼と獅子』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第一章 七王国戦記 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT01

 

第五話/エピソード5のあらすじ

ロバート王は、ターガリエン家ドラスク人部族の女王デナーリスが懐妊した事実を知り、殺すべきだと言い出す。だが、殺害に反対したエダードは“王の手”を辞めると言い、王の怒りを買ってしまう。一方、妹ライサのいる高巣(アイリー)城へ向かうエダートの妻キャトリンと一行は、捕らえたティリオンを連れ、山道を進んでいた。その道中、何者かにあらぬ襲撃を受け、ティリオンはその騒ぎに乗じて逃亡を図る。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第一章 七王国戦記 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは第一章 七王国戦記の第五話『The Wolf and the Lion/狼と獅子』のネタばれになりますので注意してください。

ジョン・アリンの従者だったサー・ヒューの死を調べるネッド。

キングスガードの総帥バリスタン・セルミーにどうやって対戦相手を決めているのかと尋ねると完全にくじ引きであると説明される。

ネッドはそのくじ引きを握っているのは誰かと尋ねるが答えはもらえなかった。

そのころ、ロバートは自ら槍試合に出場しようと準備をしていた。

だが太りすぎたせいでロバートの体に合う鎧が見つからない。

そこへネッドがやってきて、王が試合に出れば皆勝たせようとするに決まっていると言い試合には出ないよう警告した。

その後、花の騎士と呼ばれるロラス・タイレルとマウンテンの試合が行われた。

game-of-thrones-week-5-still-2

結果は意外にもロラスの勝利に終わり、ロラスが発情した牝馬を使ったことを知ったマウンテンは自らの馬の首を落とす。

そして同じようにロラスにも襲いかかる。

だがそれを弟のハウンドが止め、命を助けられたロラスはハウンドを称えた。

その後、ネッドのもとにヴァリスがやってくる。

ヴァリスはジョン・アリンの死について「ライスの涙」という毒なら色も透明で痕跡も残らないと話す。

ただの従者だったサー・ヒューが騎士になれたのは毒をもった報酬を受け取ったからではないかと推測する。

ネッドは金の出所について聞くがヴァリスにもそれはわからなかった。

その少し後、アリアは城内で見つけた猫を追いかけていた。

vlcsnap-2011-05-21-20h04m55s58

地下に逃げ込んだ猫を追いかけるとそこには巨大な竜の頭の骨が置いてあった。

初めて見るものに感動するアリアだったが、そこへ2人男がやってくる。

アリアはとっさに身を隠すと、男たちはネッドを殺す計画について話し合っていたのである。

その男二人とはヴァリスとナロー・シーから来たイリリオだった。

その後、ヴァリスはリトルフィンガーに会い、ラニスター家がスターク家の息子の暗殺に関わっているとスターク家に気づかせたことを王妃に知られてもいいのかと脅す。

それに対しリトルフィンガーはナロー・シーから来た友人(イリリオ)と王を裏切ってターガリエン王国に忠誠を誓う者がいるとロバート王に告げたらどうなるかとヴァリスを牽制した。

地下から抜け出たアリアはそのままネッドの元へ向かう。

the-wolf-and-the-lion-02-1920

そして「お父様を殺す計画を立ててたものがいた」と警告するが、ネッドは本気で受け取らなかった。

するとそこへナイツウォッチのヨーレンがやってくる。

ヨーレンはネッドに人払いさせるとキャトリンがティリオン・ラニスターを人質にしたという事実を知らせた。

急いで王の元へ向かおうとするネッドだったが、ここで議会に召集される。

それどころではないというネッドだったが、王もその議会に参加していた。

ネッドが議場にやってくるとロバートはデナーリスがドスラク王の子を身ごもったという知らせを聞いて憤慨していた。

the-wolf-and-the-lion

ロバートはどんな手段を使ってもデナーリスを殺すと主張するが、ネッドはそれに反対した。

2人の意見は真っ向から対立し、怒った王は王の手をクビにするぞと言いだす。

王の発言に残念な気持ちを隠せないネッドは王の手のバッチを置いてその場を後にしてしまう。

ネッドにクビを言いたわたした王は一人ワインを飲んでいた。

するとそこへサーセイ王妃がやってくる。

サーセイはロバートに元婚約者リアナのことについて初めて聞く。

Game Of Thrones (2011)

ロバートは「愛していたがもう顔すら覚えていない。七王国を持ってしてもその穴は埋まらない」と心境を語った。

一方、ネッドはすぐにウィンターフェルに戻る準備を始める。

するとそこへベイリッシュが現れ、ジョン・アリンが最後に会った人物に会わせると言いだす。

ネッドは連れて行かれた娼館でロバートの落とし子を発見する。

娼館をでたネッドはジェイミーとその衛兵たちに囲まれてしまう。

ジェイミーはネッドに弟ティリオンを解放するよう要求してくる。

その場にいたベイリッシュはシティウォッチを呼びに行くと言いその場から避難。

囲まれているネッドと衛兵のジョリー・カッセルはジェイミーたちと激しい戦いになってしまう。

そしてネッドが最も信頼していたジョリーはジェイミーに殺されてしまう。

1x05-The-Wolf-and-the-Lion-game-of-thrones-22922985-1280-720

怒ったネッドはジェイミーに斬りかかっていく。

だがネッドの優勢で進む戦いに、周りを囲んでいたジェイミーの部下が介入し、ネッドの脚を後ろから刺してしまう。

ところ変わって、捕らえたティリオンを妹ライサの住むアイリー城へ連れて行こうとしているキャトリン。

キャトリンはティリオンを夫のジョン・アリンを殺されたアイリーに裁かせようとしていたのである。

しかしこれに対してティリオンは昔のライサとはずいぶん変わったとキャトリンに警告する。

更にここでキャトリン達は盗賊に襲われてしまう。

ティリオンはこの混乱に乗じて逃げようとするが、敵にやられそうになっているキャトリンを見かねて助けてしまう。

game-of-thrones-season-1-5-the-wolf-and-the-lion

なんとか盗賊を撃退したキャトリン達はすぐにアイリー城へ向かった。

城に着くと、ライサは6歳になる息子に乳を飲ませており、その姿を見たキャトリンは唖然としてしまう。

1x05-The-Wolf-and-the-Lion-game-of-thrones-22922706-1280-720

更にライサはティリオンを連れてきたことに対して激しく怒り、なんてことをしたのだとキャトリンを責める。

ティリオンは罪人として扱われスカイセルと呼ばれる監獄に入れられることとなる。

----------------------------------------------------------------------------------

だんだんどろどろしてきましたね(笑)。

ロバートの落とし子は何人出てくるのやら。。

ネッドの暗殺計画まで出てくるし、誰が的で誰が味方なのかホントわかりませんね。

妹を頼ったキャトリンもなんかカオスな感じになってますし(笑)。

ジョリーが殺されたのは密かにショックです。

ネッドも刺されちゃいましたしいったいどうなるんですかねぇ。

以上が第一章 七王国戦記の第五話『The Wolf and the Lion/狼と獅子』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.