海外ドラマ

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第一章 七王国戦記」第四話『Cripples, Bastards, and Broken Things/壊れたものたち』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第一章 七王国戦記」第四話『Cripples, Bastards, and Broken Things/壊れたものたち』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第一章 七王国戦記 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT01

 

第四話/エピソード4のあらすじ

エダードは、前“王の手”のジョン・アリン公の不可解な死の真相を探っていた。ジョンは“冥夜の守人(ナイツ・ウォッチ)”の男たちから剣の稽古中めった打ちにされてしまった臆病で孤独な太った少年サムを見かねて守ってやることにする。エダードの娘サンサが未来の王妃になることを夢見る一方、活発なアリアは姉とは全く違う未来を思い描いていた。一方、ブランを突き落とした犯人として無罪の罪でティリオンが捕えられてしまう。狭い海の向こうでは、苛立ちを募らせるヴィセーリスが女王として権力を得るようになった妹デナーリスと衝突する。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第一章 七王国戦記 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは第一章 七王国戦記の第四話『Cripples, Bastards, and Broken Things/壊れたものたち』のネタばれになりますので注意してください。

ブランの夢に三つ目の鴉が現れる。

game-of-thrones-episode-4-screencap-41

だがそれが何を暗示しているのかは定かではなかった。

歩けなくなって自暴自棄になっているブランはキングス・ランディングに帰る途中で寄ったティリオンから呼び出される。

ティリオンは歩けなくなったブランを励まし、ブランでも乗ることができる馬具の設計図をプレゼントする。

Game of Thrones - Cripples, Bastards and Broken Things

以前と同じように馬に乗ることができると知ったブランは喜んだ。

城主であるロブがなぜ助けるようなことをするのかと尋ねると、ティリオンは落とし子や壊れたものに弱いんだと語った。

その後ティリオンがウィンターフェルを出る際シオンに出くわす。

実はシオンはスターク家の人間ではなく、かつて反乱をおこしスターク家に鎮圧されたグレイジョイ家の人間だった。

ティリオンはシオンに一族の敵の従者になっているとはと皮肉をいって去って行った。

ところ変わって、サンサは鉄の玉座をみて将来は自分の夫があの椅子に座ることを想像していた。

またかつて狂王と呼ばれたエイリス王によって祖父と叔父が殺されたことを思い出していた。

侍女にそのことを聞くサンサだったが、そのことについては是非父親の口から聞いてくれと言われる。

だがサンサは自分のダイアウルフであるレディを殺したネッドのことを許せずにいた。

一方、ネッドは先代“王の手”であったジョン・アリンの死の真相を探っていた。

その中でジョン・アリンは死ぬ間際に血統についての人相書きが記されている本を調べていたことが分かる。

また彼は死ぬ直前に「種は強い」という意味不明の言葉を発していたことも明らかになる。

更にベイリッシュ公からジョン・アリンは街の武具師を何度も訪ねていたことを知る。

ネッドはすぐにその武具師を訪ねると、そこにはジェンドリーという若者が働いていた。

cripples-bastards-and-broken-things-03-1280

そして彼の顔を見たネッドは、その青年がロバートの落とし子であることに気が付く。

ネッドはこのことをすぐにロバートに確認しようと部下を送ったが、取り込み中でありジェイミーに邪魔されたこともあり手紙を渡すことができなかった。

Game-Of-Thrones-1x04-Cripples-Bastards-and-Broken-Things-HD-game-of-thrones-22473046-1280-720

その後、ネッドの王の手就任を祝って馬上槍試合が行われる。

そこでジョン・アリンの部下だったサー・ヒューがハウンドの兄マウンテンと戦うことになっていたのだが、やりが首に刺さり死んでしまう。

これが事故だったのか故意だったのかは現時点では知る由もなかった。

この出来事の後、ベイリッシュ公はサンサにマウンテンはその昔弟ハウンドの顔を火で焼いたという話をした。

ところ変わってカールス・ブラックではホーン・ヒル城出身の貴族の息子サムがナイツウォッチに入団してきた。

0509-ep4-recap

だがサムは太った上に臆病で戦うことなどできなかった。

見かねたジョンがサムを助け、その後サムが18回目の命名日に父親から「領地と身分を与えない、言うとおりにしなければ馬から落馬して死んだことにする」と告げられ壁にやってきたことを聞かされる。

これを聞いたジョンはサムを守ってあげることに。

また他のメンバーにもサムをこれ以上痛めつけるなと指示する。

それを知った教官のアリザーはジョンに壁の向こうで一緒にいたいのは誰だ?と怒りをあらわにする。

その後ジョンと仲良くなったサムは自分が童貞であることをなどを話した。

以外にもジョンも童貞だということが明らかになるが、そこへアリザーがやってきて「本当の冬を知らないお前らは冬が来れば確実に死ぬ」と警告される。

Game-Of-Thrones-1x04-Cripples-Bastards-and-Broken-Things-HD-game-of-thrones-22474755-1280-720

再びところ変わって、デナーリス達はドスラク人の聖地だと言われるヴァエス・ドスラクに到着していた。

ターガリエン家に忠誠を誓っているジョラー・モーモントは妻のために金が必要で奴隷を打ったことによりスターク家に追われることになったと身の上をデナーリスに明かした。

デナーリスの計らいで侍女のイリがヴィセーリスを性的にもてなそうとするが、それに気が付いたヴィセーリスはデナーリスに怒りをぶつける。

Game-Of-Thrones-1x04-Cripples-Bastards-and-Broken-Things-HD-game-of-thrones-22444341-1280-720

だがデナーリスは女王である自分に逆らうのなら手を切り落とすを兄を脅した。

ジョラーは「ヴィセーリスは蛇の影以下で、彼が玉座につくのを見たいのですか」とデナーリスに問いかける。

デナーリスはヴィセーリスではドスラク人を指揮することなどできず、このままでは故郷に帰ることなどできないことを悟っていた。

またまたところ変わって、キャトリンがウィンターフェルに戻る途中で寄った宿屋に偶然ティリオンがやってくる。

キャトリンは黙ったやり過ごそうとするがティリオンに見つかってしまう。

そこでキャトリンはある行動に出た。

キャトリンはその宿屋にいた民衆を誘導し、自分の息子を暗殺しようとした罪でティリオンを捕らえたのである。

Tyrion-Lannister-Peter-Dinklage-in-GOT-1x04

----------------------------------------------------------------------------------

三つ目の鴉・・・何なのか気になりますね。

ティリオンはいいやつなのか悪いやつなのかわかりませんね。

ただ無実の罪で捕まったのはかわいそうではありますけど・・・。

ネッドは着々と真実に近づいてますね。

ロバートの落とし子が今度どのようにからんでくるのか楽しみです。

デナーリスは権力の座に就いてからずいぶんと様子が変わってきましたね(笑)。

初めは嫌がっていたカールにもべったりになってますし。。

ヴィセーリスを今後どのように扱っていくのか気になります。

それにしても登場人物の名前覚えられないな~。

以上が第一章 七王国戦記の第四話『Cripples, Bastards, and Broken Things/壊れたものたち』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-, , ,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.