海外ドラマ

海外ドラマ「ARROW/アロー」第二十話『Home Invasion/二つの道』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「ARROW/アロー」第二十話『Home Invasion/二つの道』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season1 登場人物/キャスト

オリバー・クイーン/アロー → スティーヴン・アメル
ダイナ・"ローレル"・ランス → ケイティ・キャシディ
テア・クイーン → ウィラ・ホランド
モイラ・クイーン → スザンナ・トンプソン
トミー・マーリン → コリン・ドネル
ウォルター・スティール → コリン・サーモン
ジョン・ディグル → デヴィッド・ラムゼイ
クエンティン・ランス刑事 → ポール・ブラックソーン

 

第二十話/エピソード20のあらすじ

“デッドショット”が、海外に駐在するアメリカ大使ら数人を殺害し、スターリング・シティに戻ってくる。オリバー、ディグル、フェリシティの3人は、A.R.G.U.S.がおとり捜査によって生きたままデッドショットの身柄を拘束しようとしていることを突き止める。そしてディグルは、兄弟を殺したデッドショットの殺害を決意する。一方、ローレルがある目撃者を守るために思い切った手段に出たため、それが原因でトミーとオリバーの間に摩擦が生じる。また同じ頃オリバーは、島で弓の扱いを教え自信を与えてくれたある人物を思い出していた。 (公式サイトより引用)

 

ARROW/アロー Season1動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason1の第二十話『Home Invasion/二つの道』のネタばれになりますので注意してください。

投資詐欺を生業としているラスマスという男がある一家から金を巻き上げていた。

一家はローレルを頼りラスマスからお金を取り戻したいと考えていた。

arrow202

ちょうどそこにはローレルをランチに誘いに来ていたオリバーもいた。

オリバーは一家に挨拶すると忙しいというローレルの様子を察しそのまま帰って行った。

ローレルは一家にラスマスを相手取るにはそれなりの覚悟がいると警告した。

だがその警告も空しく事件は起こってしまう。

訴訟を起こされたラスマスは殺し屋を雇い一家を皆殺しにしようと考えたのだ。

雇われた殺し屋は夫と妻を殺害したが子供のテイラーは間一髪で逃げ延びることができた。

一家惨殺のニュースを自宅で見たオリバーはローレルが心配になり急いで事務所に駆けつけた。

事務所ではテイラーを彼の祖父が引き取るまで養護施設で預かる話になっており、それを不憫に思ったローレルが自分がそれまで面倒をみると言いだす。

Arrow120.05

ローレルはトミーと共にしばらくの間テイラーの面倒を見ることに。

一方、アジトに戻ったオリバーはディグルとデッドショットについて話していた。

ディグルが昔の同僚(A.R.G.U.Sという組織に在籍)にデータを渡したことによりA.R.G.U.Sがデッドショットを本腰を入れて捕まえようと動き出したのである。

おとり捜査をするという情報を入手したディグルは同僚にそれとなく進捗状況を聞きに行く。

arrow-146

だが同僚はディグルの弟がデッドショットに殺されていることを突き止めており、復讐の手助けはしないとディグルに一切関与しないようくぎを刺した。

ディグルはアジトでオリバーにデッドショットを逮捕したいのかと聞かれそれを否定した。

ディグルは自らの手でデッドショットを殺したいと思っていたのである。

ディグルはオリバーにも協力してくるよう言い、オリバーもそれを了承するが同時にラスマスも追わなければいけない状況になっていた。

取りあえずオリバーはローレルの様子を見にアローの姿で家に向かうことに。

ローレルの家ではトミーがテイラーを励ましていた。

tommy-with-child

だがそんな平穏な時もすぐに壊されてしまう。

ラスマスが雇った殺し屋がローレルの家までやってきたのである。

s030x-424-arw1-10-04

ショットガンをもって抵抗するローレルだったが、相手の方が一枚上手で殺されそうになってしまう。

だがそこへタイミング良くオリバーが駆け付け殺し屋を退けた。

3人ともなんとか無事だったが、オリバーの姿を見たトミーは何とも言えない感情を抱いていた。

警察が来たためオリバーはすぐにその場から立ち去った。

ランス刑事はローレルに警護をつけるとともに安全な場所に避難するよう指示するが、トミーは安全な場所はオリバーの家だと言い彼の家に泊めてもらうことに。

オリバーの家ではローレルたちを守るため複数の警備を雇っていた。

オリバーは屋敷の警備が万全になると自分は仕事があると言い出て行った。

Home Invasion

それを見たトミーはオリバーがいるから断腸の思いで頼んだのにと不満を漏らす。

アジトに行ったオリバーはフェリシティにすでにディグルがA.R.G.U.Sのおとり捜査の現場にいることを知らされる。

ディグルはデッドショットを確実に殺すためにオリバーに待機場所まで指示していた。

だがオリバーはラスマスが海外に逃亡を図ろうとしていることを突き止めていた。

デッドショットを取るかラスマスを取るか。

悩んだ末、オリバーはラスマスの元へと向かった。

一方、A.R.G.U.Sのおとり捜査を見守っていたディグルはオリバーが来ないことにいらだちを感じていた。

maxresdefault

そうこうしているうちにデッドショットが取引現場に現れた。

だがそれは偽物で、本物は遠くから捜査員を狙っていた。

デッドショットには作戦がばれていたのである。

何人も捜査員が撃たれる中、ディグルは同僚を助けると自分はデッドショットの元へと向かった。

ついにデッドショットと対峙したディグル。

しかしデッドショットにはかなわずディグルはやられてしまう。

arrow_54997

殺されはしなかったものの顔に傷を負ったディグル。

そのころオリバーはラスマスを襲撃し自供を引き出していた。

アジトに戻ったオリバーはラスマスが刑務所に入ることを報告するが、なぜこっちに来なかったのかとディグルにせめられる。

photo-113-1024x768

そしてとうとうディグルはメンバーから外れると言いアジトから出て行ってしまう。

止めるオリバーを無視しディグルが戻ってくることはなかった。

その後、ラスマスが刑務所に入ったことを聞かされたローレルたち。

もう安全だと言われたが、もう夜も遅かったためそのまま屋敷に泊めてもらうことに。

しかしラスマスが刑務所に入ってもテイラーに顔を見られている殺し屋はテイラーを狙うのをやめなかった。

殺し屋はまず自分の顔を知っているラスマスを殺した。

そしてその夜オリバーの屋敷に侵入する。

万全の警備が敷かれる中、殺し屋は配達員を使い屋敷に侵入してくる。

rev2

異変を察知したオリバーはローレルとトミー、テイラーを安全な部屋に避難させると自分は殺し屋を倒しに向かった。

丸腰のオリバーだったが島で培った格闘術で殺し屋を圧倒。

燭台を使って殺し屋の心臓をひと刺しした。

01

こうしてなんとか事件は無事に解決し、テイラーも祖父母に引き取られていった。

ところ変わって、アローに命を救われたロイは彼に会いたいと思うようになっていた。

ロイは警察に足を運ぶとランス刑事の無線を盗んでしまう。

その後、テアと食事をしている時に無線にアローの連絡が入る。

ロイはすぐにその場所へと向かった。

だがそれは警察がロイを逮捕するために流した偽情報だった。

つかまってしまったロイをテアは迎えに行った。

ロイはバカなことをしたのはわかっている言いながらも、自分がまっとうに生きるためにアローに会いたいのだとテアに語った。

vlcsnap-2013-04-26-16h50m35s9

ロイの熱意に押されたテアも彼に協力することに。

ここから随所に出てくるオリバーの過去の回想
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
弓が引けるようにはなったオリバー。

だがスレイドの中ではまだまだ戦力に数えられるほどではなかった。

スレイドとヤオ・フェイの娘は夜に奇襲をかけるという作戦を立てた。

そのためにはオリバーが弓で2人を援護することが必要だった。

ヤオ・フェイの娘はオリバーに弓を教え込むことに。

ar120b_0579b-jpg-06a98b1b-t311

ただ二人の間にはそれ以上の感情が芽生え始めていた。

arrow-home-invasion-shado-kiss

訓練も順調に進んでいると見えたが、ある時ヤオ・フェイがスレイド達の元へやってくる。

何事かと思ったが、ヤオ・フェイはスレイド達を裏切り3人を捕らえに来たのであった。

ArrowS01E20-2412
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

以上がSeason1の第二十話『Home Invasion/二つの道』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.