海外ドラマ

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド Season3」第六話『Bitter Harvest/奇跡の鍵』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド Season3」第六話『Bitter Harvest/奇跡の鍵』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season3 登場人物/キャスト

クラーク → イライザ・テイラー
ベラミー → ボブ・モーリー
オクタヴィア → マリー・アヴゲロプロス
ジャスパー → デヴォン・ボスティック
モンティ → クリストファー・ラーキン
マーフィー → リチャード・ハーモン
アビー → ペイジ・ターコー
ケイン → ヘンリー・イアン・キュージック
ジャハ → イザイア・ワシントン
レイヴン → リンゼイ・モーガン
レクサ → アリシア・ デブナム=ケアリー

 

第六話/エピソード6のあらすじ

復讐を果たすか、情けをかけるかの選択を迫られて悩むクラーク。一方、ケインはオクタヴィアと協力して、グラウンダーの村への攻撃を阻止しようとする。アビーはレイヴンの急激な回復が気にかかるが・・・(公式サイトより引用)

 

The 100/ハンドレッド Season3動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason3の第六話『Bitter Harvest/奇跡の鍵』のネタばれになりますので注意してください。

これまでのしきたりを破って血に血で償わせないという決断を下したレクサは悪夢を見てうなされる。

その様子を見ていたクラークはこの決断によって平和が訪れることになるといいレクサの考えを尊重した。

するとそこへレクサの部下がやってきて氷の王であるロアンから忠誠の証だといいワンヘダに箱が届けられる。

その中にはマウントウェザー唯一の生き残りのエマーソンが囚われていた。

すぐにエマーソンの処分をどうするかという会議が開かれタイタスは処刑するべきだと口にする。

レクサがそれを遮るがクラークも同じ考えだといいタイタスは処刑するべきだと主張する。

それを聞いたレクサは血に血で償わせないというのは自分の民にだけかといい少し残念そうな顔をした。

そのころ、アルカディアの外ではケインの指示でオクタヴィアがパイクの部下を見張っていた。

パイクの部下であるハンナたちはは秘密裏に行動しており、グラウンダーの村があるすぐ近くまで来ていた。

そこで土や水を調べている様子だったが、ここでグラウンダーの子供がやってきてしまう。

ハンナはグラウンダーの子供を殺そうとするがオクタヴィアがかくまいなんとか逃げ延びることに成功した。

オクタヴィアはパイクがなにをしようとしているのかケインに探るように伝えた。

ケインはミラーと協力して議長室に盗聴器を仕掛けることに成功する。

一方、ジャハにもらったチップのおかげですっかり痛みがなくなったレイヴンはアビーからも仕事へ復帰して良いと許可をもらっていた。

検査結果を信じられないアビーはジャハの動向を探ることに。

レイヴンを見事に取り込んだジャハは日に日に仲間を増やしていた。

その様子をジャスパーもうらやましそうに見ていた。

アビーは自分がチップの成分を調べるまで口にしないようにジャスパーにくぎを刺した。

パイクは新たな計画を話すためにベラミーや新たにモンティをよび自給自足をするための計画を話した。

その計画では開墾する地域にグラウンダーの村があり、モンティがどうするのかを尋ねるとパイクは排除すると答えた。

盗聴器でその話を聞いたケインとミラーはすぐに動き出した。

ミラーは皆の目を盗み外で待っているオクタヴィアに馬を届け、オクタヴィアはその馬に乗って攻められようとしている村に避難するよう警告に向かったのである。

村にいるグラウンダーはオクタヴィアのことを信用しようとしなかったが、先日助けた子供が命の恩人だと話したことでオクタヴィアの言うことは取りあえず信じてもらえたのである。

村の人間はすぐに避難の準備に取り掛かったがその途中でオクタヴィアが妙なものを発見する。

それは攻めてきた空の民を殺すための罠であり、それに気が付いたオクタヴィアは殴られて気絶させられてしまう。

アルカディアでは攻撃の準備が着々と進められており、モンティやベラミーは銃を持ってグラウンダーの村へ攻め入った。

だがそこに村人はおらず様子がおかしい。

少し離れたところに避難していたグラウンダーに連れ去られていたオクタヴィアが目を覚ますとグラウンダーは攻撃を開始しようとしていた。

なんとか逃げだしたオクタヴィアは罠があることをベラミー達に知らせるが攻撃は始まってしまい、仕掛けられていた罠から毒の霧が発生してしまう。

その煙によりモンローは命を失ってしまい、オクタヴィアが知っていたことでスパイがいることがばれてしまう。

しかもそのスパイがケインであることまでもばれており、パイクはベラミーに証拠を集め利用に指示する。

そのころ、エマーソンの処刑をどのようにするか決めておけと言われたクラークの部屋にタイタスがやってきていた。

タイタスは血に血で償わなければ一族は納得しないといいこのままではレクサが殺されてしまうとクラークに話す。

この話を聞いたクラークは自分はレクサに復讐するなと言っておきながらエマーソンに復讐しようとしていることに気が付く。

そして処刑が決行される時、クラークはエマーソンは処刑せず生かして償いをさせるべきだと皆の前で口にした。

それを聞いたレクサはわずかに笑みを浮かべエマーソンを領土の外に追放する決定を下した。

一方、着々と勢力を広げるジャハはアリーのアップデートプログラムがアークのパソコンの中にあるためレイヴンにそれを探してほしいと頼んだ。

レイヴンはなぜアップデート版が作られており、しかもそれがアークにあるのかを尋ねるが答えてもらえない。

ただ光の街のことを信じ切っているレイヴンは頼みを受け、アークのパソコンにアリーをつないでしまう。

この時レイヴンの元にジャスパーがやってきてフィンの遺灰をばらまいてしまったと聞かされるが全く起こらなかった。

ジャスパーはレイヴンにどうやったらチップをもらえるかと尋ね、ジャハに頼めば問題なくくれると教えられる。

ジャスパーはジャハに接触しチップを受けとり飲もうとするがそこへアビーがやってきて止められる。

アビーはどういう原理で痛みがなくなるのかを尋ねるとアリーの許しを得たジャハが話し始めた。

そのチップを飲みこむと痛みを伝える回路が遮断され別の回路が活性化するのだという。

それを聞いたアビーは成分を調べさせてほしいといい、何かわからないものをウェルズに飲ませないだろうと尋ねるとジャハはウェルズのことを忘れていた。

その様子を見たアビーは痛みと共に別の物もなくなるようだといいチップを全て没収したのである。

困るジャハだったがアリーは見張りをつけておくから問題ないといいアビーの助手に見張りを命じたのだった。

その後ジャハはレイヴンからアップデートプログラムは12のステーションのどこにもなかったと聞かされ、アークには統一の際に唯一反対したステーションがあり切り捨てられた過去があると話す。

そのステーションの名はポラリス言う名前だと話していたころ、グラウンダーに捕まったマーフィーはタイタスの元へ連れて行かれて拷問されていた。

そこにはポラリスと書かれた脱出ポッドが置かれているのだった。

----------------------------------------------------------------------------------

クラークたちが地球へ送られるずっと以前に宇宙から地球へやってきていたんですね。

時間軸的にはアリーの生みの親がアリーの暴走を察してアークへ逃げ延び、そこでアリーの改良プログラムを作成したけど統一の際に再び地球へ逃げたということですかね。

クラークは結局エマーソンを殺さない決断を下しましたので、これからちょくちょくエマーソンは関わってきそうですね。

オクタヴィアはグラウンダーも仲間も救おうと頑張っていますが結局どちらも敵に回す形となってしまいましたね。

ベラミーはまあわかるとしてモンティまでもが攻撃に参加しちゃいましたし。

泥沼化状態になっていますねw

ジャハの言うポラリスは地球にきておりしかもグラウンダーの手にありましたね。

マーフィーはまた拷問されていましたけど、さすがにかわいそうになってきましたね。

以上がSeason3の第六話『Bitter Harvest/奇跡の鍵』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.