海外ドラマ

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド」第四話『Murphy's Law/ルールなき社会』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド」第四話『Murphy’s Law/ルールなき社会』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season1 登場人物/キャスト

クラーク → イライザ・テイラー
フィン → トーマス・マクドネル
ベラミー → ボブ・モーリー
オクタヴィア → マリー・アヴゲロプロス
ジャスパー → デヴォン・ボスティック
モンティ → クリストファー・ラーキン
ウェルズ → イーライ・ゴリー
マーフィー → リチャード・ハーモン
アビー → ペイジ・ターコー
ケイン → ヘンリー・イアン・キュージック
ジャハ議長 → イザイア・ワシントン
レイヴン → リンゼイ・モーガン

 

第四話/エピソード4のあらすじ

仲間の1人が衝撃的な死を遂げた後、アークとコミュニケーションを取る方法について模索していたクラークとフィンは、少しずつ親しくなっていく。一方ベラミーは、みんなが互いを頼りすぎないように警告する。そして、地球での生活はかなり厳しい局面を迎えていた。(公式サイトより引用)

 

The 100/ハンドレッド Season1動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason1の第四話『Murphy’s Law/ルールなき社会』のネタばれになりますので注意してください。

ウェルズが殺されたことで皆に衝撃が走った。

クラークはウェルズと埋葬するとそこへフィンがやってきてクラークを励ましてくれる。

vlcsnap-2014-04-11-00h18m55s159

フィンはどこから持ってきたのか色鉛筆を持っておりそれをクラークにプレゼントした。

クラークは自分の父親のことを密告したのは母親であることを知り、反抗のあかしとして腕輪を取ってしまう。

とはいってもそれはモンティの研究のために渡しただけだった。

ただそのことを知らないアークのアビーはひどく動揺してしまう。

the-100-1000-s1e4-murphys-law

クラークの腕輪はモンティにより機能を停止することなく取り外すことに成功する。

これを使ってモンティは通信手段を模索する。

その日の夜、フィンはクラークに見せたいものがあるといいある場所へ連れて行く。

それは100年以上前に作られたシェルターのような場所だった。

そこにはいろいろなものがそろっており、フィンが持っていた色鉛筆もそこのものだった。

クラークはその場所を皆に知らせるべきだと主張したがフィンは教えても役立つ物は一つもないと拒否した。

翌日、オクタヴィアはジャスパーを元気づけるために外へと連れ出した。

その際偶然にもウェルズが殺された場所で彼の指が落ちているのを発見する。

JasperOctaviaMurphysLaw1x04

その横には使われたと思われる凶器も落ちていた。

オクタヴィアとジャスパーはそのことをすぐにベラミーとクラークに知らせた。

ウェルズを殺したのはグラウンダーだと思っていた一向に衝撃が走る。

そしてそのナイフの持ち主とはマーフィーだった。

ベラミーはウェルズを殺したのはグラウンダーのせいにしておいた方が良いとクラークを諭すが、クラークは聞く耳を持たなかった。

クラークはマーフィーに攻めよりウェルズを殺したのかと問いただした。

maxresdefault

マーフィーは自分ではないと否定したがクラークは信じなかった。

周囲の目もマーフィーがウェルズを殺したのだという雰囲気になっていた。

マーフィーの仲間だった人間たちはマーフィーを強く非難し罰を与えると主張し始めた。

そしてマーフィーを縛り上げ処刑するために木につるした。

the-100-review-murphys-law-murphy-hanging

これはやり過ぎだと止めるクラークだったがヒートアップした者たちは止められなかった。

クラークはベラミーのとめてくれとお願いするが、逆に周りはベラミー処刑の仕上げをするようあおってくる。

ベラミーは仕方なく周囲の望むようマーフィーを首つりにした。

だがこの様子をみて苦しんでいる人物がいた。

それはウェルズを殺した張本人であるシャーロットである。

罪の意識に耐えかねたシャーロットは自分がウェルズを殺したことを白状した。

これを聞いてフィンはマーフィーの縄を切った。

マーフィーはギリギリのところで死なずに済んだ。

回復したマーフィーはシャーロットを同じ目に合わせようと彼女を追いまわす。

rev

クラークとベラミーはまだ幼いシャーロットを必死で守った。

クラークとフィンはシャーロットを例のシェルターに連れて行きかくまった。

そのまま眠りについたクラークたちだったが、目を覚ますとシャーロットがいなくなっていた。

シャーロットはこれ以上自分のせいで他の人が傷つくのが耐えきれずマーフィーのもとに出ていこうとしていたのである。

マーフィーを自ら呼び寄せるシャーロットだったがそこへベラミーがやってきてシャーロットを連れて逃げる。

だがマーフィーに断崖絶壁に追い込まれてしまう。

そこへシャーロットを探していたクラークたちもやってくる。

1x04-Murphy-s-Law-bellamy-and-clarke-the-100-37241408-500-280

クラークはマーフィーにやめるよう言ったがマーフィーは聞かない。

このままでは自分のせいでベラミーやクラークたちも傷ついてしまう。

そう思ったシャーロットは争いに終止符を打つために自ら崖から身を投げた。

シャーロットを救えなかったクラークは自分を責めた。

また騒ぎを起こした元凶であるマーフィーはメンバーから追放することになる。

ベースキャンプに戻ったクラークたちはシャーロットが死にマーフィーを追放したことを他のメンバーにも話した。

そしてこれからは自分たちでルールを作っていく必要があると訴えた。

この日を境に囚人たちの間にルールができるようになっていく。

この騒動の後、クラークはモンティが通信できるなったというのでそれをみにいった。

モンティは後はこのプラグを刺すだけだといい、その役目をジャスパーに譲った。

tumblr_ntywqoVRX31ud4e56o2_1280

だがジャスパーがプラグを差し込んだ瞬間腕輪はショートし、他の腕輪まで機能が停止してしまう。

アークでは突如全員の腕輪からの通信が途絶えたことで混乱に陥った。

またこれにより強く動揺を見せたのがフィンだった。

フィンは例のシェルターに行きこれでみんな死んだと思われたと不満を爆発させた。

それに対してクラークがあなたは一人じゃないと励ます。

その後二人は結ばれることになる。

Finn_and_clarke_1x4_murphys_law

一方、少し時をさかのぼりレイヴンにポッドの修理を任せているアビーは作業を急ぐよう指示した。

レイヴンは圧力調整機がいるといい、裏に顔が利く女性の元へ行った。

Nygel

だが圧力調整機を渡すための条件が厳しすぎレイヴンは手に入れることができなかった。

そのため今度はアビーがその情勢に交渉しに行った。

アビーは対価としてモルヒネを出すと交渉は成立し圧力調整機が手に入った。

だがこのことはすぐに密告されてしまう。

この報告を聞いたケインはすぐにアビーを逮捕しに向かった。

アビーはレイヴンに一人でも地球へ行き無線で通信知てくれと頼むと自らケインの前に姿を現した。

881f7b67a0d345fb26707553b82ceb75

ケインはアビーに死刑宣告をしたがその直後レイヴンを乗せたポッドが発射される。

こうしてレイヴンは地球へと降り立つことになる。

671330491823992721

----------------------------------------------------------------------------------

ウェルズが殺されたことが大事になりましたね。

マーフィーはまたそのうち出てくることになるんでしょうかね。

フィンとクラークはついに寝ちゃいましたね。

いろいろなことが重なった結果だったんでしょうね。

レイヴンが地球に来たら修羅場確定ですね(笑)。

以上がSeason1の第四話『Murphy’s Law/ルールなき社会』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.