海外ドラマ

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド」第五話『Twilight's Last Gleaming/地上に降りたポッド』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド」第五話『Twilight's Last Gleaming/地上に降りたポッド』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season1 登場人物/キャスト

クラーク → イライザ・テイラー
フィン → トーマス・マクドネル
ベラミー → ボブ・モーリー
オクタヴィア → マリー・アヴゲロプロス
ジャスパー → デヴォン・ボスティック
モンティ → クリストファー・ラーキン
ウェルズ → イーライ・ゴリー
マーフィー → リチャード・ハーモン
アビー → ペイジ・ターコー
ケイン → ヘンリー・イアン・キュージック
ジャハ議長 → イザイア・ワシントン
レイヴン → リンゼイ・モーガン

 

第五話/エピソード5のあらすじ

クラークとフィンの間に芽生えた恋が脅かされる。一方アビーは“アークの人口を減らす”というケインのおぞましい計画を暴露する。そんな中、アビーとジャハ議長は、ある信号に気づき、地球に降りた“100人”のうち少なくとも何人かはまだ生きていることを確信する。(公式サイトより引用)

 

The 100/ハンドレッド Season1動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason1の第五話『Twilight's Last Gleaming/地上に降りたポッド』のネタばれになりますので注意してください。

ついにフィンと結ばれたクラーク。

The100TwilightsLastGleaming

2人はその夜一緒に星空を眺めていた。

するとひときわ大きな流れ星を発見する。

フィンは願い事をするとかなうとクラークに行ったが、ただの隕石だろうとあしらわれてしまう。

だがしばらくしてクラークが流れ星でないことに気が付く。

それはレイヴンが乗った脱出ポッドだった。

クラークとフィンは急いでベースキャンプへと戻って行った。

当然ベースキャンプのベラミー達もこれは確認していた。

xQVAVMwJ.640x360.0

だがベラミーは皆に明日の朝一番に探しに行くといって捜索を後にした。

だがクラークたちがキャンプに戻ってきた時ベラミーの姿はどこにもなかった。

ベラミーは皆の眼を盗んで先に捜索に行ったのである。

クラークはベラミーが無線機を狙っているのを瞬時に悟った。

ベラミーは自分が生きていることを上に伝えられるのが都合が悪いからである。

クラークとフィンはすぐに探索に向かった。

一方、そんなベラミーの行動を予測していた人物がいた。

オクタヴィアである。

Twilight’s Last Gleaming

だがベラミーはオクタヴィアにすぐに戻るよう指示し、オクタヴィアもベラミーに愛想を尽かしたように戻って行った。

クラークたちがポッドへ急ぐ中、ベラミーがいち早くポッドに到着してしまう。

中のレイヴンは頭を打って意識を失っていた。

Bellamy-Twilight's-Last-Gleaming

ベラミーは無線機を確認すると配線をきって無線機を持って行ってしまう。

しばらくしてクラークが現場に到着する。

クラークが来た時レイヴンは意識を取り戻していたが頭にけがをおっていた。

だがそんな怪我をよそにレイヴンは地球に来た喜びが爆発してしまう。

Untitled-125

そこへ遅れてフィンがやってくる。

フィンはレイヴンであることにすぐに気が付き、フィンを見たレイヴンは彼にキスをした。

レイヴンはフィンの恋人だったからである。

だがその様子を見せつけられたクラークは一人動揺していた。

promo

フィンはクラークの方に目をやりかなり気にしていたが、クラークは大人な対応を見せる。

再会を喜んだレイヴンだったがクラークが無線機のことをきりだすと急いでポッドの中を確認した。

だが無線機はすでにベラミーに取られた後だった。

クラークたちはすぐにベラミーの後を追った。

その時ベラミーはちぎった無線機を川に投げ捨てていた。

そのころ、アークでは酸素不足によって起こる症状を訴える患者が増えていた。

捕まったアビーにも症状が出始めていたが彼女のもとに議長が酸素を持ってやってくる。

議長はアビーを無罪放免とし患者のために働けと言った。

緊急事態に納得したアビーは酸素を吸い病棟へと戻った。

多くの患者が来ていたがアビーにはどうすることもできなかった。

アークではアビーがいない時に議会が開かれ300人の人間を削減することが決定していた。

しかもそれを事故に見せかけ秘密裏に行おうとしていたのである。

それを防ぐためアビーは地球に行ったレイヴンからの連絡を待っていた。

地球ではクラークたちがベラミーを見つけて無線機をどうしたのか問い詰めた。

1x05-Twilight-s-Last-Gleaming-bellamy-and-clarke-the-100-37241537-1916-1076

だがベラミーは何もしゃべろうとしない。

するとレイヴンがベラミーが撃った議長は死んでいないことを伝え、それを聞いたクラークは生きていることが上に知られてもまだなんとかなるといい、ベラミーを説得した。

クラークたちは多くの人間を動員し急いで無線機を探した。

無線機はあったものの、故障個所を調べるのに半日はかかるとレイヴンが言った。

1x05-Twilight-s-Last-Gleaming-bellamy-and-clarke-the-100-37241551-1916-1076

ただレイヴンは生きていると知らせるだけなら手段があるといい、急いで準備を進めた。

道中、フィンはクラークと話し合いたいと何度も声をかけたが、今のクラークにはそんな余裕はなかった。

一方、アークでは着々と人員削減の準備が進んでいた。

だがどうしてもこれに納得できないアビーはかつて夫のジェイクが作成していた動画を持ち出し、勝手に流し始めた。

1c71cc3afe7649b0c9b438585e40269e

すると信じられないことにその動画を見た住民たちは自分が犠牲になると言ってきたのである。

その数は400人を超えていた。

ジェイクとアビーの思いが住民に伝わったのである。

ただアビーは最後の瞬間までレイヴンからの連絡をあきらめてはいなかった。

しかし時間は無情に過ぎていく。

そしてとうとう300人の削減は行われてしまう。

そのころ地球ではレイヴンの指導のもと信号弾の打ち上げが行われようとしていた。

それならアークからでも見えると思われたからである。

だが信号弾を打ち上げた時にはすでに手遅れだった。

数十分後、クラークたちはアークから大量の死人が排出されるのを確認する。

とはいっても信号弾は無駄にはならなかった。

アークではアビーと議長がその信号弾を確認していたのである。

tumblr_inline_n46ok9omta1s6wejf

少し時をさかのぼり、ベラミーに戻るよう言われたオクタヴィアは何かが動く気配を感じていた。

急いで戻ろうとするオクタヴィアだったが足を滑らせがけ下に転落してしまう。

そのまま意識を失ったオクタヴィア。

信号弾の光で目を覚ましたオクタヴィアだったが、目の前にはグラウンダーがたたずんでいた。

The 100

----------------------------------------------------------------------------------

レイヴンが地球に来てやっぱり複雑になりましたね。

ただクラークが大人だったため修羅場にはならずに済んでますね。

とはいってもレイヴンがフィンとクラークの中を知ったらどうなることやら(笑)。

そしてついにグラウンダーが本格的に姿を現しましたね。

オクタヴィアをどうするのか気になります。

以上がSeason1の第五話『Twilight's Last Gleaming/地上に降りたポッド』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.