海外ドラマ

海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ」第十八話『All Star Team Up/アトム参戦』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ」第十八話『All Star Team Up/アトム参戦』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season1 登場人物/キャスト

バリー・アレン/フラッシュ → グラント・ガスティン
アイリス・ウェスト → キャンディス・パットン
ハリソン・ウェルズ/リバース・フラッシュ → トム・キャヴァナー
ケイトリン・スノー → ダニエル・パナベイカー
シスコ・ラモン → カルロス・バルデス
ジョー・ウェスト → ジェシー・L・マーティン
エディ・ソーン → リック・コスネット
ヘンリー・アレン → ジョン・ウェズリー・シップ

 

第十八話/エピソード18のあらすじ

フェリシティが、スターリング・シティから恋人のレイと共にやって来てバリーを驚かす。レイはアトム・スーツで飛んできたのだ。二人はレイのスーツの件でSTARラボに助けを求めていたが、偶然にもSTARラボからは人が総動員していた。メタヒューマンのブリー・ラーバンが何百ものハチロボットを放ち、元同僚たちを攻撃し殺そうとしていたからだ。そして、バリー、フェリシティ、レイ、アイリス、エディの5人で出掛けた食事は、大変なことになる。 (公式サイトより引用)

 

THE FLASH/フラッシュ Season1動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason1の第十八話『All Star Team Up/アトム参戦』のネタばれになりますので注意してください。

ハドソン大学のカン教授が大量の鉢に襲われ殺されてしまう。

バリーが調べた結果カン教授はミツバチの毒で死んだと思われ、複数回刺されたことによるアナフィラキシーショックが原因だと持われた。

ラボに戻ったバリーはこのことも皆に話すとシスコがハチだけは勘弁してくれと苦手であることを明かす。

するとそこへスターリング・シティからフェリシティがやってくる。

バリーはウェルズ博士のこともあり今はタイミングが悪と言ったがフェリシティはお構いなしにスターラボに居座る。

今回フェリシティがセントラル・シティにやってきたのは恋人のレイが作ったATOMスーツの調整を手伝ってもらうためだった。

fla118a_0101b

レイはATOMスーツを着て空から現れ皆の注意を引いた。

ただバリーだけは今はハチの事件で忙しいと言ったが、ハチが苦手なシスコがレイのフォローに回ることで落ち着いた。

Flash_0118_grumpybarry

そのころアイリスはエディが自分に何かを隠していることを敏感に感じ取っていた。

アイリスは恋人なら何でも打ち明けられるはずだと言いエディを責めた。

スターラボでやることのないバリーとフェリシティは一緒にカフェに向かった。

フェリシティはそこでバリーから何を隠しているのかを聞こうとするが疑心暗鬼になっているバリーは本当のことを話そうとしない。

するとそこへエディがやってきて、バリーにアイリスに隠し事をしていることがばれたためどうにか仲裁してほしいと頼む。

default

フェリシティはアイリスとエディを交えて食事会を開くことを提案する。

スターラボではシスコが楽しそうにATOMスーツの改良を手伝っていた。

だがここで不意に記憶がフラッシュバックしあり得ない光景が頭をよぎる。

それは失われた過去であり、ウェルズ博士がリバース・フラッシュで自分を殺す記憶だった。

一方、カン教授を殺した犯人は続いてロボット工学専門の博士を次の標的にしていた。

emily-kinney

連絡を受けたバリーもジョーと一緒にすぐに現場へ駆けつけるが博士はすでに殺された後だった。

周りにハチはいなかったためすでに逃げた後だと思ったバリーだったが、次の瞬間博士の体の中から無数の鉢が飛び出してくる。

急いで逃げるバリーだったがフラッシュバックに囚われていたシスコは精細さをかき指示をミスしてしまう。

これによりバリーは大量のハチに襲われることになり博士と同じように心肺停止の状態に陥ってしまう。

ジョーが心臓マッサージを行おうとするとシスコがスーツに除細動装置が付いていると言い、それを使って電気ショックを与えた。

maxresdefault

なんとか息を吹き返したバリーだったがラボに戻ったバリーはジョーにシスコとウェルズ博士はグルで自分を殺そうとしたのではないかと疑うようになる。

スターラボにはいられないと思ったバリーは死から蘇生したばかりなのにもかかわらず計画していた食事会へ向かった。

レイは社長名だけあり超高級レストランを貸し切りにしていた。

穏やかな空気で始まった食事会だったがすぐに険悪な空気が流れ始める。

the-flash-all-star-team-up-dinner-2

ウェルズ博士たちのことが気になった仕方のないバリーは食事を中断し席をはずしてしまう。

フェリシティはバリーを追いかけてずっとピリピリしている理由を問いただした。

バリーはウェルズ博士が自分の母親を殺したリバース・フラッシュであること、更にケイトリンやシスコも信用できなくなっていることなどを打ち明けた。

フェリシティはウェルズ博士はともかく親友であるケイトリンやシスコがバリーをだましていることはあり得ない、親友をもっと信じろとアドバイスした。

そこへレイがやってきてテーブルがピリピリし出したと困った顔で言った。

テーブルの席ではエディが話せないのはアイリスを危険にさらさないためだというが、アイリスにはそれが到底納得できなかった。

起こったアイリスは食事の途中で席を立ちかえってしまい、エディとバリーはアイリスを追いかけてしまう。

the-flash

結局残った17品をレイとフェリシティだけ食べて帰ることに。

一方、スターラボではバリーを襲ったハチを捕らえることに成功し分析していた。

殺された人間がミツバチの毒で殺されているのにもかかわらず体に張りが残っていなかったのを不思議に思っていたバリーたちだったが、それはハチがロボットだからであると判明する。

更にそのハチロボットは全方位カメラを搭載し最先端の未発表技術で作られていることが判明する。

シスコは資料をもらうついでにあり得ない記憶についてジョーに相談に行った。

だがシスコ本人ウェルズ博士がリバース・フラッシュであること、更に自分を殺したことなど信じられるはずがなく結局相談せずに帰ってしまう。

シスコの持って帰った資料から、殺された二人はマーキュリーラボ出身であることが分かる。

バリーたちはすぐにマーキュリーラボのマギー博士の元へ向かった。

The-Flash-season-1-episode-18-Christina-McGee

マギー博士は殺された二人に関連した人物としてブリー・ラーバンの名お上げる。

ブリーは農業用の鉢ロボットを開発していたのだが、それを軍事利用しようとしていると告発されてしまい解雇されていた。

告発したのはぶり―が殺した2人だったのである。

バリーたちはマギー博士も狙われる可能性があると良い警護すると言ったが、タキオン装置の前例もあるため信用されず追い返されてしまう。

ひとまず家に帰ったバリーはエディから頼まれていたアイリスの説得を試みる。

一応アイリスも納得したようだったが本心はどうかわからなかった。

そのころスターラボではケイトリン達が鉢ロボットの分析をしていた。

するとブリーからの指令が入りロボットが動き始める。

目的地はやはりマーキュリーラボだった。

フェリシティはロボットをハッキングしてブリーからの命令を止めにかかる。

バリーはマーキュリーラボに行こうとするがハチロボットへの対策ができていないため皆に止められてしまう。

バリーはブリーを直接とらえに行くことになり、マーキュリーラボへはレイがATOMスーツのテストも兼ねていくことになる。

レイがマーキュリーラボにやってくるとハチが今にもマギー博士に襲いかかろうとしていた。

フェリシティはハチをハッキングして標的をマギー博士からレイに変えた。

flash2014s01e18d

レイはハチロボットを引き付けながら海へと向かった。

ロボットであるため水に弱いと思われたためである。

作戦通りハチロボットを止めることには成功するがATOMスーツも同じようにダウンしてしまう。

ケイトリンとシスコは車でレイを拾いなんとかけがをせずに終わった。

一方、バリーがブリーのt元へやってくると大量のハチロボットが襲い掛かってくる。

フェリシティはハッキングを試み、ブリーとフェリシティの壮絶なハッキング対決が勃発する。

ハチはバリーに襲い掛かる間一髪のところで止まり、フェリシティの勝利に終わった。

バリーはブリーを拘束するとすぐに警察を呼び事件は解決した。

emily-kinney-the-flash

だがハチから逃げたレイのもとに一匹だけハチが残っていた。

ハチはレイめがけて飛んでいき、それに気が付いたシスコが体を張って止める。

しかし刺されたシスコは心肺停止に陥ってしまう。

事件を解決したバリーはすぐにシスコの元へやってきて、手を高速で振動させ除細動の代わりをしてシスコに当てた。

するとシスコは見事蘇生し、なんとか死人を出すことなく事件を解決することができたのである。

レイは今回の事件で悩んでいた動力源を小型化するアイディアを思いつき、意気揚々とフェリシティと帰って行った。

後日、バリーのラボにマギー博士がやってきて忠告を聞かなかったことの謝罪をした。

バリーは博士に以前の博士のことを尋ねてみた。

マギー博士は20年前にテスが死んでから人が変わったようにおかしくなったと話した。

その後、バリーはフェリシティのアドバイス通りケイトリンとシスコにウェルズ博士のことを打ち明けた。

信じられないという反応をしたケイトリンだったが、シスコは最近よく博士がリバース・フラッシュで自分を殺す夢を見るのだと語った。

flash2014s01e18c

----------------------------------------------------------------------------------

アローからなんとアトムが参戦しましたね。

フェリシティは相変わらずで、レイといることにより破壊力が倍増していましたね。

今回の敵はメタ・ヒューマンではありませんでしたがバリーが死ぬかけるほどの強敵でびっくりでした。

またバリーはついにケイトリンとシスコに真実を打ち明けましたね。

シスコの失われた記憶と精査していくことになるのでしょう。

いよいよシーズン1も残り5話となりましたし、いろいろなことが解決していくことを期待ですね。

以上がSeason1の第十八話『All Star Team Up/アトム参戦』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.