海外ドラマ

海外ドラマ「ARROW/アロー Season3」第十四話『The Return/リアン・ユー』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「ARROW/アロー Season3」第十四話『The Return/リアン・ユー』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season3 登場人物/キャスト

オリバー・クイーン/アロー → スティーヴン・アメル
ダイナ・"ローレル"・ランス → ケイティ・キャシディ
テア・クイーン → ウィラ・ホランド
モイラ・クイーン → スザンナ・トンプソン
ウォルター・スティール → コリン・サーモン
ジョン・ディグル → デヴィッド・ラムゼイ
クエンティン・ランス警部 → ポール・ブラックソーン
フェリシティ・スモーク → エミリー・ベット・リカーズ
ロイ・ハーパー → コルトン・ヘインズ
スレイド・ウィルソン → マヌー・ベネット
レイ・パーマー → ブランドン・ラウス

 

第十四話/エピソード14のあらすじ

マルコムは、オリバーとテアを危険極まりない状況に陥れる。かつての敵デスストロークと一緒にリアン・ユー島に上陸させたのだ。そんな中、過去の映像がフラッシュバックする。オリバーは、オメガ生物兵器を取り戻すため、マセオと一緒にスターリング・シティに帰ってくる。そして“正体を誰にも明かしてはならない”とアマンダ・ウォラーから厳しい命令を下されていたが、オリバーは自分の家族やローレル、親友のトミー・マーリンについて詳しく調べようとしていた。(公式サイトより引用)

 

ARROW/アロー Season3動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason3の第十四話『The Return/リアン・ユー』のネタばれになりますので注意してください。

ラーズに勝つためリアン・ユーで訓練を開始したテアとオリバー。

110

オリバーは第2の故郷ともいえるリアン・ユーでの訓練で何かをつかめると感じていた。

ただテアにはサラを殺したのが誰かをまだ告げられずにいた。

そんな中、オリバーは一人でかつてオリバーがこのリアン・ユーの監獄にとらえていたスレイドの元へと足を運んだ。

するとスレイドは警備員を殺し脱走していたのである。

arrow-s3-ep20-the-return-promo-feat-image

これは明らかに誰かの手引きであり、その誰かとはまぎれもなくマルコムだった。

急いでテアの元へと戻ったオリバー。

オリバーはスレイドに対処するために父親の墓に隠していた銃を取りに行き、それをテアに渡した。

AR314B_0280b

だがここでスレイドが現れテアとオリバーは逆に監獄へと入れられる羽目になってしまう。

2人を監獄に入れたスレイドは去り際に「シャドーの悲劇が原因で母親も死んだ、オリバーは秘密ばかりだ」とテアに言った。

static1.squarespace

テアは何を隠しているのかをオリバーに問うが、オリバーにはどうしても答えられなかった。

2人が言い争っているところでオリバーは監獄にスキがあることに気がつく。

テアの細い腕を伸ばせばロックを解除できる可能性があったのだ。

テアは懸命に腕を伸ばしてロックを解除しようとするがギリギリで届かない。

そこでオリバーはテアの肩を外して腕を伸ばしロックを解除し監獄から脱出した。

オリバーはスレイドが自分たちが乗ってきた飛行機を狙っていると読んで急いで飛行機へと向かった。

しかし途中で昔オリバーが仕掛けた罠が発動し、テアをかばったオリバーは負傷してしまう。

ひとまず休憩することにした二人、ここでテアは再び何を隠しているのかをオリバーに問いただした。

オリバーもこれ以上隠し通すのは無理だと感じたのか、サラを殺したのがテアであることを明かした。

Arrow-s3e14-Oliver-Thea-forest

これによりテアはマルコムが自分をただの道具としてしか見ていなかったと気がつかされる。

ショックを受けるテアだったが、ここでスレイドが2人を襲ってくる。

しかし今度は二人協力してスレイドを倒すことに成功する。

テアはひざをつくスレイドに銃をつきつけ殺そうとするが、オリバーは殺してしまってはマルコムの思うつぼだと言いテアを説得した。

arrow-image-the-return-willa-holland-manu-bennett-stephen-amell

結局スレイドは再びリアン・ユーの監獄に入れられることとなる。

最後にスレイドはテアの心は自分と同じように蝕まれているとオリバーに警告した。

家に戻ったテアとオリバーはマルコムと話し合い、テアはマルコムに対して二度と娘にはならないと宣言した。

ところ変わって、スターリングシティではサラの死を受け入れられないランス警部の姿があった。

ランス警部はサラの墓の前でローレルを会い、自分と同じだと思っていたローレルに裏切られたことが何よりつらいと本心を打ち明ける。

その後ランス警部は別々の断酒会に参加しようと言って一人いってしまう。

ここから随所に出てくるオリバーの過去の回想
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
マセオとスターリングシティに連れてこられたオリバー。

その理由はチャイナホワイトが奪ったオメガの取引をスターリングシティで行うことが明らかとなったからである。

しかもその取引を仲介しているのがクイーン社の社員だったのである。

これらの理由によりARGUSを裏切ったオリバーたちは処分されずにすんでいたのである。

ただオリバーはスターリングシティでの任務よりも家族や友人の方が気になっていた。

しかしスターリングシティでオリバーの正体に気が付いたものは処分するとアマンダに脅されていた。

任務でクイーン社にはり込んでいる時にたまたまテアの姿を見かけ、オリバーは我慢の限界に来ていた。

-arrow----15-flashba

その日の夜オリバーはクイーン社からデータを盗むために一人忍び込んだ。

データを抽出しているとパソコンからオリバーへの手紙と書かれたメッセージ動画を発見する。

オリバーは別のUSBにそのデータを入れて密かに持ち帰った。

任務が終わったオリバーは一人でテア達の様子を見に向かう。

するとテアは自分の墓の前でドラッグを購入していた。

Arrow-Season-3-Episode-14-10-19a8

そこへトミーがやってきてテアを諌めるが、テアは聞く耳を持たない。

トミーは家でパーティーを開く計画を立てていたが、それを知っていたテアに対しては年齢制限があると言い来るのを止めた。

にもかかわらずテアはパーティーに参加してしまう。

01918270bab_ce97_1280

オリバーは正体がばれないよう密かにパーティーに参加。

テアにドラッグを売り付けていた男を見つけると正体がばれてしまい、やむなく殺してしまう。

一方、サラの死を乗り越えられないランス警部は酒に逃げるようになっていた。

ランス警部はローレルがスターリングシティではなく別の街で就職したのも気に食わなかった。

ランス警部にはローレルがただ逃げているようにしか見えなかったからである。

そのころオリバーはマセオに別れのあいさつをしていた。

オリバーはクイーン家の力を使えばARGUSからも身を守れると考えていたのである。

これに対してマセオはまずチャイナホワイトから大勢を救えと指摘されるが、オリバーの意志は固かった。

マセオと別れたオリバーは一人家に戻った。

誰もいなかったがリビングにパソコンがあったため父親が残したメッセージを確認した。

dad

その中には手帳のことと、スターリングシティを守ってくれというメッセージが入っていた。

このメッセージを見たオリバーは意を決したように行動を開始する。

一方のマセオは一人でチャイナホワイトがオメガを取引する現場まで来ていた。

だがマセオは敵に見つかってしまい窮地に陥ってしまう。

そこへオリバーがやってきてマセオを助ける。

更にオメガの奪取にも成功する。

オリバーは全ての任務は終わったため自分を解放しろとアマンダに迫る。

しかしここでアマンダの上司であるシュリーブ海軍大将が現れる。

シュリーブはオメガを移管したら好きな場所に送るとオリバーに約束する。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

以上がSeason3の第十四話『The Return/リアン・ユー』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.