海外ドラマ

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド」第三話『Earth Kills/危険に満ちた地上』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド」第三話『Earth Kills/危険に満ちた地上』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season1 登場人物/キャスト

クラーク → イライザ・テイラー
フィン → トーマス・マクドネル
ベラミー → ボブ・モーリー
オクタヴィア → マリー・アヴゲロプロス
ジャスパー → デヴォン・ボスティック
モンティ → クリストファー・ラーキン
ウェルズ → イーライ・ゴリー
マーフィー → リチャード・ハーモン
アビー → ペイジ・ターコー
ケイン → ヘンリー・イアン・キュージック
ジャハ議長 → イザイア・ワシントン
レイヴン → リンゼイ・モーガン

 

第三話/エピソード3のあらすじ

クラークたちは、ジャスパーの傷を治すため、抗生物質になる藻を必死に探す。ベラミーたちは食物を探していたが、13歳の少女と出会い行動を共にする。だが濃い霧が立ちこめ、古いバンに逃げ込んだ時、クラークは、父の死に関する事実をウェルズから聞きショックを受ける。(公式サイトより引用)

 

The 100/ハンドレッド Season1動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason1の第三話『Earth Kills/危険に満ちた地上』のネタばれになりますので注意してください。

1年前、クラークの父親であるジェイクは生命維持装置の欠陥に気付いてしまう。

ジェイクは妻であり議会議員でもあるアビーにこのことを伝え他の住民にも伝えるべきだと訴える。

だがアビーは余計な混乱を招くだけだと言いジェイクに反対した。

ジェイクにとって誤算だったのはこの時の会話を娘のクラークが聞いていたことだった。

the100-103-overheard

クラークはこのことを親友のウェルズに話してしまう。

翌日、ジェイクは事実を訴えるために動画を撮影していた。

そこへクラークがやってきて自分にも手伝わせてほしいと言いだす。

ばれれば死罪であるためジェイクはクラークの申し出を断固として拒否した。

するとそこへ議員のメンバーがジェイクを逮捕しにやってくる。

ジェイクが真実を伝えようとしていることが誰かに密告されたのである。

逮捕されたジェイクはその後アビーとクラークの前で死刑が執行される。

JakeClarkeAbbyEarthSkills1x03

クラークは父親が死んだことを自分がウェルズに話したせいだと思っていた。

一方の地球では、2人の囚人がベースキャンプから離れすぎたため迷子になっていた。

2人は明日には帰れると楽観視していたが、そこへ謎の黄色の霧が迫ってくる。

Earth_Kills_3

2人はそのまま行方不明となってしまう。

ジャスパーの看病を続けるクラークたちだったが、ジャスパーの容体はよくならず夜な夜なうなされていた。

OctaviaCaresForJasperEarthKills1x03

これを不満に思うメンバーも多く、マーフィーはまさにとの筆頭だった。

またクラークが水を汲みに外へ行った際、同じように夜うなされている少女を発見する。

少女の名はシャーロットといい、父親と母親が死刑にされた時のことが毎日のように悪夢となって夢に現れるのであるという。

クラークはシャーロットを慰めぐっすり眠れるように安心させてあげた。

翌日、クラークはグラウンダーがジャスパーに行っていた治療の後から植物に殺菌作用があることを突き止めていた。

クラークはフィンにその植物がとりたいと言っていたがどこにあるかもわからない。

そこへ地質学にたけたウェルズが話に割り込んでくる。

相変わらずウェルズに対して厳しい態度を取っているクラークは相手にしようとしない。

だがその植物に関して何か分かるのはウェルズしかいなかった。

ウェルズはその植物が海藻であることを見抜き、フィンの案内で3人でその海藻を取りに向かうことに。

その道中、フィンが足元に何かがあるのを発見する。

それは100年も前の車だった。

興味しんしんのフィンだったがクラークがジャスパー優先といいお預けとなってしまう。

その後水辺に到着した3人は早速例の海藻を取った。

the100s01e03x3

するとここで山の方から大量のカラスが飛んでくる。

the-100-ep-3

そしてその後謎の黄色い煙が大量に押し寄せてきたのである。

6560131_orig

急いで逃げる3人は途中で見つけた車の中に逃げ込んだ。

煙はなかなか晴れず3人はそこで一晩待つことになる。

かなり気まずい空気が流れる中、フィンがダッシュボードに合った100年物のウィスキーを発見する。

tumblr_ng18d647uE1u4xwlno1_500

フィンが成人になるための儀式だと言いそのウィスキーを飲むとウェルズにも勧めたが、彼は飲まなかった。

それを見てウェルズに反発するクラークはウェスキーを口にする。

しばらくしてすっかりでき上ってしまったクラークはウェルズに父親のことを問い詰める。

だがウェルズは何も語ろうとしなかった。

フィンはその様子をみて何かを隠しているのではと思った。

少し時をさかのぼり、ベースキャンプではベラミー主導で武器の製造や訓練が行われていた。

ベラミーはアトム達を連れて狩りへと出かけた。

獲物を見つけたベラミー達だったが、そこへシャーロットがやってくる。

ベラミーはシャーロットを見て狩人の素質があるかもと言い、ナイフを渡して同行を許した。

だがしばらくしてベラミー達も同じように黄色の煙に襲われる。

ベラミーはシャーロットを連れて洞窟に避難したが他のメンバーとははぐれてしまった。

その中でアトムだけは避難が遅れて煙の中に置き去りにされてしまう。

洞窟の中で一晩明かしたベラミーだったがシャーロットのうめき声で目を覚ます。

するとベラミーはシャーロットに悪夢を見なくて済むようナイフを使ったおまじないのようなものを教えた。

翌朝、煙が晴れたところで洞窟から出ていき他の仲間と合流した。

Charlotte-Bellamy-Earth-Kills

だがアトムだけはいない。

するとシャーロットが叫び声をあげた。

この声はクラークたちにも聞こえていた。

ベラミーが駆け付けると皮膚がただれ目が見えなくなって死にかけのアトムを発見した。

アトムはベラミーに殺してくれと頼んだ。

シャーロットはベラミーにナイフを戻しキャンプへ戻っていき、そこへクラークもやってくる。

アトムの様子を見たクラークはもう助けるのは無理だと悟った。

そしてベラミーからナイフをとり動脈を切りアトムを楽にしてやった。

clarketueatom

その姿を隣で見ていたベラミーはクラークに畏敬の念のようなものを抱いていた。

そしてその姿は帰ったはずのシャーロットまで目撃していた。

その後ベースキャンプまで戻ったクラークはすぐに海藻を使って薬を作りジャスパーに与えた。

その後、クラークはウェルズの元へ行き真実を教えてほしいと言い寄った。

クラークは父親が死んだのをウェルズのせいにしてきたが、実はそうではなかったのである。

密告したのはウェルズではなく母親のアビーだったのだ。

この事実を知っていたウェルズは自分を悪者にすることでクラークを守っていたのである。

こうしてようやくクラークとウェルズは和解したのである。

そしてその夜ついにジャスパーが目を覚ます。

the100-103-2335

死の淵をさまよっていたジャスパーは奇跡的に生還したのである。

仲間の生還にクラークは心から喜んだ。

だがいいことばかりではなかった。

その夜自ら警備をしていたウェルズのもとにシャーロットがやってくる。

uktv-the-100-s01-e03

そして持っていたナイフでウェルズにきりかかり彼を殺してしまったのである。

シャーロットは悪夢の中に出てくるウェルズの父親を憎んでおり、その悪夢を克服するにはウェルズを殺すしかないと考えたのである。

幼いシャーロットはベラミーの教えを間違った方向にとらえてしまったのである。

----------------------------------------------------------------------------------

父親がどうやって死んだのかがついにわかりましたね。

でもこの時点でクラークが逮捕されていないってことはこれからなにかやらかすんでしょうね。

ウェルズはせっかくクラークとわかりあえたのにシャーロットに殺されてしまいましたね。

まさかあんなことになるなんて。。。

これからさらにひと悶着ありそうですね。

私がジャスパーが復活するって信じてましたよ(笑)。

以上がSeason1の第三話『Earth Kills/危険に満ちた地上』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.