海外ドラマ

海外ドラマ「SHERLOCK Season3」第3話『His Last Vow/最後の誓い』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「SHERLOCK/シャーロック」第3話『His Last Vow/最後の誓い』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season3 登場人物/キャスト

シャーロック・ホームズ → ベネディクト・カンバーバッチ
ジョン・ヘイミッシュ・ワトソン → マーティン・フリーマン
グレッグ・レストレード警部 → ルパート・グレイヴス
アンダーソン → ジョナサン・アリス
ハドソン夫人 → ユナ・スタッブス
マイクロフト・ホームズ → マーク・ゲイティス
モリー・フーパー → ルイーズ・ブリーリー
メアリー・モースタン → アマンダ・アビントン

 

第3話/エピソード3のあらすじ

宿敵モリアーティ亡きあと、シャーロックの前に新たな強敵が現れる。新聞社の外国人オーナー、マグヌセン。世界中の重要人物の弱みを握り、「恐喝の帝王」と恐れられている人物だ。誰も手を出すことができず、シャーロックが最も嫌っている薄気味悪い男。兄マイクロフトの忠告も聞かず、シャーロックはマグヌセンに脅された国会議員の依頼を受けて敵のオフィスに忍び込む。そこでシャーロックが遭遇した人物は…。(NHK海外ドラマより引用)

 

SHERLOCK/シャーロック Season3 最後の誓いの動画(これからみようと思っている方に)


(字幕付きがありませんで、ごめんなさい)

以下からはSeason3の第3話『His Last Vow/最後の誓い』のネタばれになりますので注意してください。

新聞社の外国人オーナーであるマグヌセンは重要人物の弱みを握り、それをネタに相手を脅すことから「恐喝の帝王」と呼ばれていた。

マグヌセンは次の標的に国会議員であるスモールウッドだった。

Sherlock-His-Last-Vow-09

スモールウッド議員は一介の新聞社オーナーでありながら首相と何度も密談をしているマグヌセンを危険人物として尋問していた。

だがマグヌセンは逆にスモールウッド議員の弱みに付け込み、陥れようとしていた。

スモールウッド議員はマグヌセンに勝てる人物はイギリスには一人しかいないと考えた。

それがシャーロックである。

依頼を受けたシャーロックは新聞社のオーナーであるマグヌセンが食いつくようなネタを作るためにある工作をしていた。

そのころ、結婚生活も1ヶ月を迎えたジョンはメアリーと幸せに暮らしていた。

そんな時、近所の知り合いから息子のカルロスが薬をやっていて帰ってこないという相談を受ける。

ジョンはカルロスを探しに薬をやっている現場まで迎えに行くことに。

現場についたジョンはすぐにカルロスを発見し連れて帰ろうとする。

しかしここで思ってもみなかったことが起こってしまう。

なんとその場にシャーロックがいたのである。

vlcsnap-2014-01-13-17h55m19s179

激怒したジョンはすぐにシャーロックをモリーの元へと連れて行き尿検査を受けさせることに。

結果は見事に黒で、モリーは本気でシャーロックのことを怒った。

ただシャーロックはいちいちこんなことで怒るなと言いたげに帰って行った。

家に帰るとジョンに呼ばれたマイクロフトが待っていた。

マイクロフトは弟の堕落ぶりを嘆いたが、シャーロックは捜査のために必要なことであると言った。

マイクロフトは麻薬を正当化できる理由は何だと尋ねるとシャーロックはマグヌセンの名を口にした。

その名を聞いたマイクロフトは人払いをし、マグヌセンは自分の管理下にある人間であるため手を出さないようにシャーロックに警告した。

だがシャーロックはそんなことはつゆほども気にせず逆にマイクロフトを脅した。

mycroft

また、話は変わるがシャーロックの寝室にはジョンの結婚式で知り合ったジャニーンがいた。

ジョンは驚いた様子でシャーロックに彼女できたの?と尋ねるとシャーロックは見てわかるだろと言わんばかりに返事をした。

vow7

ジョンはシャーロックは異性に全く興味のない人間だと思っていたので、シャーロックの人間らしさを垣間見ることができ少し安心した。

数日後、シャーロックの元へ意外な人物がやってくる。

それはマグヌセン本人である。

マグヌセンはスモールウッド議員がシャーロックに依頼したことを知り、様子を見に来たのである。

マグヌセンは傍若無人な振る舞いを見せ、ジョンは怒りをあらわにしていた。

だがシャーロックはいたって冷静だった。

マグヌセンは帰り際に議員を脅している手紙をシャーロックにちらつかせ、余裕の表情で帰って行った。

後日、シャーロックはマグヌセンのことを探るためにジョンと共に会社に潜入に向かった。

だがマグヌセンの会社は波のセキュリティではなく普通に行くと突破することは不可能だった。

しかしこの日のためにシャーロックはある仕込みをしていた。

シャーロックはマグヌセン専用のエレベーターに使えなくなったカードキーを差し込みエラー表示を出させた。

こうなるとエレベーターは顔認証で動くようになる。

その顔認証を行うのがあのジャニーンだったのである。

シャーロックは顔認証の画面で結婚指輪を出し、ジャニーンにあたかも結婚を申し込むかのような行動をする。

舞い上がったジャニーンはすぐにシャーロックたちを部屋に通した。

だがシャーロックたちが部屋につくとジャニーンは何者かに殴られ気絶していた。

シャーロックはある香水のにおいに気が付いた。

ジョンはその香水の匂いは妻のメアリーが付けている物と一緒といったが、シャーロックはスモールウッド議員が付けていたものと同じであると言った。

シャーロックが奥に進むと銃を突きつけられたマグヌセンと謎の人物がいた。

シャーロックはてっきりスモールウッド議員がマグヌセンを殺しに来たのかと思ったがそうではなかった。

なんと銃を向けているのはメアリーだったのだ。

状況を把握しきれないシャーロックに、メアリーは戻らなければ引き金を引くと警告した。

シャーロックはメアリーに撃てるはずないと高をくくっていたが、メアリーは何の躊躇もなく引き金を引いた。

sherlock-his-last-vow-mary-

シャーロックは薄れる意識の中でどうやったら死なずに済むかを懸命に探した。

シャーロックが目覚めたのは病院のベッドの上だった。

13260485774_2410aab34c_b

だがジョンが少し目を離したすきにシャーロックは病院からいなくなってしまう。

ジョンはシャーロックが正面から撃たれていることから、犯人の顔を見ていると考えていた。

しかしシャーロックは犯人をかばって決してジョンに犯人は誰だったかを伝えなかった。

だがこのことが逆にジョンに犯人が誰だったかを気付かせることになってしまう。

PHNU78tEpLkNRP_1_m

病院を抜け出したシャーロックはメアリーにだけわかるように情報を操作し、1対1で話し合おうと考えた。

目論見通り現れたメアリーにシャーロックは質問を投げかけるがメアリーはジョンにだけは秘密にしてほしいと言った。

だが時すでにおそしだった。

ジョンはシャーロックとともにその場に来ていたからである。

b1f1db8a30c3f3cbdc45732e3c238746

家に戻ったシャーロックたち。

だがジョンはいろいろな感情が湧きあがり、かなり怒っていた。

そのためメアリーの話を冷静に聞くことができなかった。

だがシャーロックの言葉で冷静さを取り戻す。

その家の中でジョンとシャーロックが第三者の話を聞く、それはつまり探偵として正式に依頼を受けるということだからである。

メアリーは過去をマグヌセンに握られており、それをネタに脅されていたのである。

メアリーはジョンを騙していた罪滅ぼしに自らの過去が納められたUSBをジョンに渡した。

シャーロックはメアリーに対して自分たちがマグヌセンを止めると言いきった。

数日後、シャーロックは一人でマグヌセンと対談する場を設けた。

sherlock-3x03-his_last_vow-hdtv_x264-fov_4092520

シャーロックはマグヌセンが人を脅す際に眼鏡から情報をえていると考えていたが、そうではなかった。

マグヌセンはその膨大な情報を全て頭の中に納めていたのである。

マグヌセンのすきを見つけられないシャーロックはある取引を持ちかける。

その取引とはマグヌセンの上に立っているマイクロフトの機密情報を渡すというものだった。

すっかり傷も癒えたシャーロックは家族とジョンたちとともにクリスマスパーティーを開いていた。

ジョンはここでメアリーときちんと向き合い話し合った。

ジョンはメアリーに渡されたUSBは見ておらず、メアリーを許したのである。

そうこうしながら楽しい時間が流れていると思いきや、シャーロックは食べ物に睡眠薬を混ぜて家族を眠らせてしまった。

そしてマイクロフトのパソコンを持ち出すとマグヌセンの居城であるアップルドームに向かった。

シャーロックはマグヌセンに対してパソコンは脅しに使っている資料と引き換えだと持ちかける。

だがマグヌセンは資料はないと言い、全ての記録が収められているという部屋を2人に見せた。

sherlock_final_5277816_5277806

そこは何もない空間で、マグヌセンは自分がマインドパレスに入り込むための部屋であると説明した。

実際マグヌセンは資料を隠し持っているのだが、シャーロックはその情報を引き出すことはできなかった。

またマグヌセンはシャーロックが持ってきたマイクロフトのパソコンにより、2人がつかまることは確実であると語った。

事実、少し時間がたつとマイクロフトが2人を逮捕しにやってきた。

勝ち誇った表情を浮かべるマグヌセン。

まさにその通りで、シャーロックには現状を覆す策はなかったのである。

そしてマグヌセンには勝てないと悟ったシャーロックは、隠し持っていた銃でマグヌセンを撃ち殺してしまう。

それは多くの人間に見られており、もはやシャーロックには言い逃れができなかった。

シャーロックは刑務所行きは免れたものの、マイクロフト曰く半年で殺されるであろう東ヨーロッパへの潜入捜査へ向かわされることとなる。

シャーロックはジョンに別れを告げ一人飛行機に乗って東ヨーロッパへと旅立っていった。

しかしこの直後、イギリス全土で信じられない映像が配信される。

それは死んだはずのモリアーティの映像だった。

Moriarty_s_return_and_Sherlock_s_girlfriend_help_His_Last_Vow_break_Twitter_record

マイクロフトはすぐさまシャーロックを呼び戻した。

果たして本当にモリアーティは生きているのだろうか?

ジョンとシャーロックの新たな冒険が始まるのである。

以上がSeason3の第3話『His Last Vow/最後の誓い』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.