海外ドラマ

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第六章 冬の狂風」第九話『Battle of the Bastards/落とし子の戦い』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第六章 冬の狂風」第九話『Battle of the Bastards/落とし子の戦い』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第六章 冬の狂風 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT2

 

第九話/エピソード9のあらすじ

ティリオンとの取引に反しピラミッドを攻撃し始めた奴隷主人たちに対し、デナーリスは3頭のドラゴンを率いて応戦する。集められる兵を可能な限り集めたジョンはついにラムジーと対峙し臨戦態勢となるが、その夜、作戦をめぐりサンサと衝突する。ミーリーンに着いたシオンとヤーラはデナーリスに謁見し、船の提供と引き換えにヤーラへの鉄諸島の返還を依頼する。そして、北部奪還とリコンの命をかけ、ついに落とし子同士の戦が始まる。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第六章 冬の狂風 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは 第五章 第六章 冬の狂風の第九話『Battle of the Bastards/落とし子の戦い』のネタばれになりますので注意してください。

ミーリーンに総攻撃を仕掛けてきた親方たちだったがデナーリスがドラゴンに乗って帰還した。

ティリオンは親方たちが攻めてくるまではミーリーンは活気づいていたと言い訳をし、奴隷も親方もいない町が繁栄したとなれば親方は無用になるため攻撃してきたと説明する。

デナーリスはティリオンに親方たちを捕らえて磔にしミーリーンもドラゴンの炎で焼き尽くすつもりだと話す。

これに対してティリオンはかつての狂王も自らの街を焼き払い自分に忠実なものも焼き殺したとし、同じ過ちは犯してはいけないと言い自分にもっといい案があるとデナーリスに進言する。

ティリオンの言う通り親方たちとの交渉の場に着いたデナーリスは相手に降伏の条件はと尋ねる。

親方たちは当然デナーリス達が降伏するための条件だと思い、ミーリーンからすぐに出ていきアンサーリードとミッサンディを自分たちに渡すよう求めた。

だがデナーリスの言う降伏の条件は自分たちのが降伏するためのものではなく親方たちが降伏するためのという意味だった。

その言葉通り、デナーリスは連れ帰ったドラゴンにまたがり地下に閉じ込められていた2頭のドラゴンと共に空を飛びまわり、親方たちの船に火を吐きかけたのである。

dragons-f-things-up__opt

更に地上からはドスラク人の軍隊が現れ瞬く間にミーリーンで暴れるハーピーの息子たちを殺していった。

形勢は見事に逆転し、ティリオンは3人の親方たちに一人の命を差し出せば許してやると言い、親方たちはもともと貴族でない商人での親方の命をさし出そうとした。

それをみたグレイワームは助かろうとした2人の親方たちの首を切って殺した。

ティリオンは生き残った親方にお前は女王の慈悲により助かったということを民衆に広めろと言った。

また報復や奴隷制の復活を企てる者が現れたら、女王とドラゴンが何をしたのかを思い出せと、今後一切の反乱がおきないようにくぎを刺した。

その後、デナーリスの元へシオンとヤーラがやってくる。

シオンは鉄水軍の船100隻を渡しデナーリスに従う代わりに鉄諸島の塩の玉座につくことを認めてもらいたいと申し出る。。

デナーリスはシオンが塩の玉座につくつもりなのかと思ったが、シオンはヤーラが王となると説明した。

デナーリスは鉄諸島を女王が治めたことはないと驚き、ヤーラは七王国を収めた女王もこれまでにいないと反論した。

ヤーラは今の鉄諸島は突然戻ってきた叔父のユーロンが玉座についており、ユーロンはデナーリスに船を献上しようとするが婚姻が条件だと教える。

ユーロンは自分たちのことも殺そうとしており、最終的には鉄の玉座を狙っていると話した。

七王国の支配者となればデナーリスのことも殺すだろうと警告し、ユーロンを殺す手助けとしてほしいと頼んだ。

デナーリスは自分を女王と認め、今後の略奪や強姦、襲撃を禁じることを条件に同盟を結んだのである。

game-of-thrones-recap-battle-of-the-bastards-daenerys-yara

北部を奪還しようといているジョンはトアマンド、ダヴォス、サンサと共に作戦会議を開いていた。

兵の数は3倍近く差があるためジョンは敵をおびき寄せ挟み撃ちにしなければ勝機はないと話す。

会議が終わり一人悩むジョンにサンサがラムジー・ボルトンについて話し始める。

サンサはラムジーは必ずこっちの裏をかいてくると言い、ジョンにこの兵力差では勝てないと言いだすが、ジョンはこれ以上待っても兵は集まらないと感情をあらわにする。

サンサはリコンはラムジーにとって邪魔もの以外のなにものでもないため戦争に勝っても負けても弟は殺されてしまうだろうと話した。

それを聞いたジョンはそれでリコンを見捨てることはできないと言うが、サンサはジョンが殺されれば自分も生きてはいないと戦いにおける覚悟を示す。

翌日、ジョンたちはラムジーの元へ行き降伏したらいたずらに兵を死なせずに済むと言われ、それを聞いたジョンはならば1対1でけりをつけようと持ちかける。

当然ラムジーはこの申し出を断り、リコンを人質にとっている証としてダイアウルフのシャギードックの首を差し出した。

サンサはラムジーにお前は明日死ぬことになると宣戦布告し、ラムジーはお前たちを腹をすかせた犬に食わせてやると反論した。

game-of-thrones-battle-of-the-bastards-image-sansa

その夜、トアマンドとダヴォスは語り合い、お互いに信じた王は過ちだったと話した。

酒をすすめたトアマンドにダヴォスは戦争前夜は眠れないため歩きまわるのだと話した。

その言葉通りダヴォスがあたりを歩いているとある焼跡を発見することになる。

その焼跡にはシリーン王女に渡した手製の人形が落ちていた。

960

ジョンはメリサンドルの元へ行き今回の戦いで負けてももうよみがえらせないでくれと頼んだ。

メリサンドルはジョンが生き返ったのは自分の力ではなく神が生き返らせたと言い、この先のことは自分にも分らないと話した。

翌朝、両軍が陣形を構えるとラムジーは捕らえていたリコンを解放しジョンたちの軍勢へ戻るよう命令した。

got_0

それを見たジョンは単騎でリコンを助けに向かうがあと一歩のところでリコンにラムジーの矢が当たってしまいリコンは命を落としてしまう。

rickon-hit-by-arrow

弟を殺されたことで怒りが爆発したジョンは当初の相手を誘いこむという作戦も忘れて一人で敵陣へ突っ込んでしまう。

それを見たダヴォスとトアマンドはジョンを助けるために突撃してしまう。

ジョンは敵の矢の雨の中馬を失い目の前には敵騎が押し寄せていた。

20160602_ep609_publicity_still_041-001413461-jpg-embed

ジョンと敵が衝突する直前、味方の兵がやってきて敵味方入り乱れた大混戦に突入する。

ダヴォスは弓兵に矢をつがえさせるが、そこからでは味方にもあたってしまうため矢を射ることができない。

だがラムジーは味方の損害を無視し大量の弓をはなってくる。

兵は次々と倒れていき大量の屍が積み上げられた。

ラムジーは次に槍兵を投入し、少なくなったジョンたちととり囲むように陣形を組んだ。

game-of-thrones-battle-of-the-bastards-image1

そして長槍を使ってジョンたちに襲い掛かってきたのである。

相手の陣形が堅過ぎてジョンたちにはどうすることもできずない。

トアマンドも必死に敵に応戦し、カースタークとの死闘を制していた。

だが陣形を破るにはいたらず八方ふさがりになった時、突然ヴェイルの騎士が援軍に現れたのである。

もちろん援軍を要請したのはサンサだった。

ヴェイルに騎士により敵軍の陣形は総崩れとなり、それをみて笑顔を見せるサンサとその隣にはリトルフィンガーの姿があった。

qmvxy2sk9lqb7bqjozhv

ラムジーは数人の兵とウィンターフェルに避難し籠城戦を展開しようとするが、追いかけてきた巨人族のワンワンに城門を突破されてしまい、ジョンの軍がなだれ込んでくる。

城内を瞬く間に制圧したジョンはついにラムジーと対峙する。

ラムジーは卑怯にもここで一騎打ちを受けると言いだし、ジョンもそれに応じてしまう。

ラムジーが弓を撃ってくるのを盾を使って防ぎ間合いを詰めるジョン。

jon-snow-is-boss

そしてついにラムジーの元へたどり着き、怒りのままにラムジーの顔を殴ったのである。

サンサの顔を見て我に返ったジョンはラムジーを捕らえておくよう指示した。

戦いは終結し、ウィンターフェルにはスタークの紋章であるダイアウルフの旗が掲げられることになったのである。

城に運び込まれたリコンの遺体をジョンは地下墓地の父親の墓の隣に埋葬するよう指示した。

サンサは捕らえているラムジーの居場所をジョンから聞き出し面会した。

ラムジーは犬小屋の中に捕らえられており、サンサは家は滅びボルトンという名も忘れ去られると告げる。

そしてラムジーの猟犬をラムジー自身に差し向けたのである。

ramsey_about_to_be_eaten

ラムジーは犬たちは自分には忠実で食い殺されることはないと思っていたが、7日間もえさを与えられていない犬たちは主人のラムジーだろうと容赦なく襲いかかったのである。

犬たちがラムジーに襲い掛かる様を見てサンサはほくそ笑んでいたのだった。

----------------------------------------------------------------------------------

鬼畜ラムジーはそれにふさわしい死に方をして安心しました。

ただサンサがだんだん暗黒面に堕ちて言っている気がしてなりません。

リトルフィンガーに協力を持ちかけたこともありますし、何を要求されることやら。

それに何よりこの戦いでリコン・スタークが命を落としてしまいました。

リコンは生き延びると思っていただけにかなりショックでした。

戦争に勝てたのでよかったものの、当初の作戦はすぐに破たんしてしまっていましたし、サンサが極秘でヴェイルに援軍を頼んでいなかったらジョンもサンサも死んでいましたね。

まあ弟が目の前で殺されたんだから仕方ないですけどね。

ミーリーンではついに3頭のドラゴンがそろってデナーリスにしたがって戦いようになりましたね。

ドスラクの軍隊もありますし、シオンとヤーラも加わりましたし現時点で最強なのは間違いないでしょう。

船も手に入りましたしいよいよウェルタロスへの進軍が始まるでしょうね。

次回はいよいよ第6章の最終話。

毎シーズン最終話には多くの人間が死ぬので、今回も主要人物が死にそうですね。

今からわくわくが止まりません。

以上が第六章 冬の狂風の第九話『Battle of the Bastards/落とし子の戦い』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.