海外ドラマ

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第六章 冬の狂風」第十話『The Winds of Winter/冬の狂風』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第六章 冬の狂風」第十話『The Winds of Winter/冬の狂風』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第六章 冬の狂風 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT2

 

第十話/エピソード10のあらすじ

サーセイとロラスの審判の日。なかなか姿を見せないサーセイを迎えに出たランセルがベイラー大聖堂の地下に駆け込む少年を不審に思い後を追う。ミーリーンでは、デナーリスがダーリオに別れを告げ、ティリオンを“女王の手”に任命する。ブランは、若き日の叔母リアナが居る塔である真実を目撃する。キングズ・ランディングに戻ったジェイミーは焼け落ちた大聖堂を横目に城へ帰還する。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第六章 冬の狂風 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは 第五章 第六章 冬の狂風の第十話『The Winds of Winter/冬の狂風』のネタばれになりますので注意してください。

キングスランディングではサーセイとロラスの審判の日が訪れていた。

windswintermain

王国中の名だたる人物たちがベイラー大聖堂に集まり、ロラスの裁きが始まった。

ロラスはレンリーと寝ていたことや神の前で嘘をついたことを認め慈母の慈悲を懇談した。

更に騎士の地位とハイガーデンの継承権を放棄すること、そして妻を娶らず子を持たないと誓いを立てたのである。

ハイ・セプトンは聖兵になることで罪は許されるだろうと言い、ロラスは額に聖兵の証である七神のマークを刻まれた。

マージェリーは兄を傷けないと約束したのにとハイ・セプトンに抗議するが無視されてしまう。

このころ、トメンはまだ自室にこもっており、聖堂に向かおうとするとなぜかマウンテンに止められる。

メイスター・パイセルはクァイバーンの小鳥に呼び出され研究室へ連れて行かれた後小鳥たちに殺される。

聖堂にサーセイもきていなかったことからハイ・セプトンはランセルにサーセイを連れてくるよう指示した。

ランセルが聖堂を出るとそこにはクァイバーンの小鳥の姿あり、不審に思ったランセルは後を追った。

地下道に入った小鳥の後を追うランセルはそこで小鳥に刺され重傷をおってしまう。

それだけではなく、倒れたその先には狂王が隠していた大量のワイルドファイアが積まれており、近くに短くなったろうそくも立ててあった。

このままではワイルドファイアに引火してしまうため、ランセルは必死に体を引きずってろうそくまでたどり着いたが、火を消すことはできずワイルドファイアに引火してしまう。

このころ聖堂ではサーセイが来ていないことをマージェリーが不審に思い聖堂から出ようとしていた。

だがハイ・セプトンはそれを認めず結局マージェリーは聖堂の中にとどまってしまう。

その直後、地下から爆発音が聞こえ出しベイラー大聖堂は大爆発を起こしたのである。

got_610_sept-0

それを離れたレッドキープから見つめるサーセイ。

全てはサーセイが邪魔ものを殺すために仕組んだものだったのである。

邪魔ものを全て消し去ったサーセイは、自分を痛めつけた司祭女を捕らえ自分が味わった屈辱を倍返しで与えたのである。

got61013

ただこの現実を受け止めきれなかったトメンは王冠を置き窓から飛び降り命を絶ってしまう。

game-of-thrones-season-6-tommen

その後遺体を発見したサーセイは火葬にして大聖堂があった場所に灰をまくようクァイバーンに指示した。

一方、リヴァーランを奪還したフレイ公はジェイミーらとともに祝杯をあげていた。

だがジェイミーは今回の戦争に喜びはなく、フレイ公に諸侯が恐れているのはフレイではなくラニスターであり、たびたび戦に負けて城を奪われるようなら邪魔なだけだと言われる。

その後一人夕食をとろうとしたフレイ公は見慣れない女が食事を持ってきたことに気がつく。

フレイ公は息子たちを呼ぶようその女に指示したが、女はすでに息子たちはここにきていると言いフレイ公に出していたパイの中身を確認させる。

パイにはフレイ公の息子が切り刻まれてはいっていたのである。

小さく切り刻むのは大変だったと言い、女がマスクをとるとその女性はなんとアリアが変装したものだったのである。

アリアは母親が殺された時と同じようにフレイ公の首をナイフで切り裂き殺したのである。

got61012

城を後にしたジェイミーはキングスランディングに戻ってきたのだが、聖堂が焼け落ちているのを見て驚く。

王の間ではサーセイが新たに玉座に座っており、ジェイミーはそれを複雑そうな気持で見つめていた。

the-mad-queen

そのころ、シタデルに到着したサムとジリは受付でスノウ総帥からの手紙を渡すと怪訝そうな顔で見られる。

受け付けはナイツウォッチの総帥はモーモントのはずではと尋ねると、モーモントは死んだことを説明した。

受け付けはそんなことはナイツウォッチのメイスターから聞いていないというと、メイスターだったエイモンの死んでしまったため、自分が新たなメイスターになるべくやってきたと話した。

tumblr_o9hulbi7os1regkzeo6_1280

サムはひとまず図書館に通されるが、女人禁制だと言われジリは入ることができなかった。

図書館に入ったサムはその大きさと本の量に圧倒されてしまう。

ドーンではオレナ・タイレルがサンスピア宮を訪れ、エラリアに同盟を持ちかけていた。

サーセイに息子や孫まで殺されたオレナは、望みは生き残りじゃないと告げる。

そこへヴァリスが現れ、求めているのは"炎と血"だと話した。

ミーリーンではデナーリスがウェスタロスにわたる準備を整え、ダーリオ・ナハリスにミーリーンにとどまって自分のいなくなった後の治安を守ってほしいと頼んでいた。

それは嫌だというダーリオにデナーリスはウェスタロスを支配するには同盟が必要で結婚が手っ取り早い策だと言い、愛人を連れてはいけないと説明。

奴隷商人湾あらためドラゴン湾を守ってくれと言い、ダーリオに別れを告げたのであった。

その後ティリオンと話したデナーリスは別れを告げたのに何も感じないことが怖いと言い、早く玉座がほしいと弱音をちらつかせる。

ティリオンは何かを信じると人は失敗する、そのため信心を捨てたのだが愚かなことにデナーリスのことは信じているという。

それを聞いたデナーリスはティリオンに王の手の証となるブローチを渡し、ティリオンは改めて忠誠を誓った。

6-callbacks-from-game-of-thrones-episode-the-winds-of-winter-the-winds-of-winter-1036052

デナーリスはいよいよウェスタロスへ向けて進軍を開始した。

船団にはシオンやヤーラ率いる鉄水軍、マーテル家、タイレル家の船が並ぶ空には3頭のドラゴンが。

女王デナーリスの乗る船にはティリオン、ミッサンディ、ヴァリスの姿もあった。

varys1

壁の北側ではすぐそこまでブランたちがやってきていた。

ベンジェンは壁には古の魔法が掛けられており死者は通ることができないと言い、死者であるベンジェンはやることがあるとって引き返して行った。

ブランはそこにあったウィアウッドの木に能力を使って過去の記憶を読み取った。

got-footage-33

リアナの捕まった塔に入って行く父親のエダード・スターク。

中には血まみれの妹リアナの姿が。

リアナはネッドとの再会を喜ぶも死ぬのが怖いと弱音をこぼす。

そして絶対に秘密にしてと言い、そこで生んだ子供をネッドに託したのである。

got610_121615_hs__dsc42251-1024x682

その子供こそネッドが落し子として連れ帰ったジョンだったのである。

ウィンターフェルを奪還したジョンは懐かしそうに宴会場を見ていた。

そこへメリサンドルがやってきて、ジョンがかつての自分は歓迎されていなかったと話すと、宴会ができるだけ恵まれていたと言われてしまう。

次にダヴォスが現れ、メリサンドルに焼け跡から見つけたシリーンの彫刻を見せる。

ダヴォスはその彫刻は自分がシリーン王女に渡したものだと言い、ジョンはシリーンをどうしたのかメリサンドルに問いただした。

メリサンドルは王や王妃の同意の元シリーンを火あぶりにしたと言ったが、子供を火あぶりにする神など邪神であると言いメリサンドルを斬る許可をジョンに求めた。

ジョンはメリサンドルに南へ行くよう命令し、北に戻ってくればつるしクビにすると伝えメリサンドルを追放したのである。

6-callbacks-from-game-of-thrones-episode-the-winds-of-winter-the-winds-of-winter-1036080

彼女を一人見送るジョンの元へサンサがやってくる。

ジョンはサンサこそがウィンターフェル公で、ヴェイルの騎士が来てくれたのもサンサのおかげだと話す。

ジョンがリトルフィンガーを信用しているのかと尋ねると、サンサは彼を信用するのは愚か者だと話した。

更にサンサはヴェイル騎士のことを話しておくべきだったと言い、ジョンはこれからはお互いに信用していかなければならないと言いサンサの額にキスをした。

1467020854023

サンサはシタデルから白い使い鴉が来たことを話し、「冬来たる」とジョンに言いジョンもうれしそうにそうだなと話した。

その後ウィアウッドの木に一人でいるサンサの元へリトルフィンガーがやってきて、鉄の玉座に座り隣にはサンサがいる夢を見続けてきたと話しサンサにキスをしようとするが拒否される。

ジョンは宴会場に北部諸侯を集めるが、諸侯は野人がいることに反発していた。

トアマンドは自分たちはジョンに招かれたのだと反論し、まとまりがなく帰ろうとしている諸侯にジョンは今はいがみ合っている時ではなく真の敵が迫っていると語った。

するとここでモーモント公が声をあげ、マンダリー公やグラヴァー公、サーウィン公は参戦しなかったと咎め、我々の知る王はただひとり北の王スタークのみ、落とし子でもネッド公の血が流れてるジョンが私の王だと主張したのである。

それを聞いたマンダリー公やグラヴァー公は自分たちが間違っていたことを認め、ジョンを北の王とあがめたのだった。

got610_121515_hs__dsc4159-810x539

ただジョンの横に座っているサンサはリトルフィンガーの顔を見て不安そうな表情を見せるのだった。

----------------------------------------------------------------------------------

サーセイがやらかしましたね~~。

数話前にクァイバーンに確認していた噂とは狂王が隠していたワイルドファイアのことだったんですね。

見事にキングスランディングの主要人物が一掃されましたね。

トメンがショックで自殺するのもわかる気がします。

サーセイはついに鉄の玉座を手にしましたね。

アリアはブレーヴォスからもうウェスタロスに帰ってきていましたね。

早速復讐にリストにあるウォルダー・フレイを殺しに行ってましたね。

これで残るはサーセイとマウンテンですね。

三つ目の鴉になったブランは過去を見てついに真実を知ってしまいました。

やはりリアナは出産しており、子供が生まれてそれをネッドに託していましたね。

つまりジョンはレイガー・ターガリエンとリアナ・スタークの子供ということになりますね。

デナーリスとは親戚にあたりますね。

ブランはこの真実をどうするのか見所です。

ウィンターフェルではついにジョンが北の王になって諸侯も従いましたが、サンサとリトルフィンガーがちょっと気になります。

デナーリスはついにウェスタロスに向けて進軍を開始しましたが、はっきり言って軍勢強すぎでしょ。

ヴァリスのおかげでマーテル家とタイレル家も味方に付きましたし、なんといっても3頭のドラゴンがいますしね。

これでウェスタロスの玉座をめぐる争いは、現王のサーセイ、ミーリーンのデナーリスとそれに従う鉄諸島のヤーラ、北の王ジョン・スノウとサンサに絞られましたかね。

ここへきて女性が強さを発揮していますね。

アリアのこともありますし、ブランを含めたスタークが今後どうなっていくのか非常に気になります。

ちなみに第7章は2017年の夏に全米で放送予定だそうで、全7話になる予定だそうです。

また第8章で完結するようなのでここから目が離せませんね。

では第7章までしばしのお別れです。

以上が第六章 冬の狂風の第十話『The Winds of Winter/冬の狂風』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.