海外ドラマ

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第二章 王国の激突」第七話『A Man Without Honor/義なき男』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第二章 王国の激突」第七話『A Man Without Honor/義なき男』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第二章 王国の激突 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT2

 

第七話/エピソード7のあらすじ

留守の間に何者かに侍女らを殺されドラゴンも連れ去られてしまったデナーリスは、ドラゴンが“不死者の館”にいることを知る。シオンはウィンターフェ城にシオンはブランやリコンらの姿がない事に気づき、追っ手を放ち、近隣の村人を尋問する。捕虜の身から解放されたいジェイミーは、王都からの遣いで来た遠縁の従兄を利用することを思いつく。一方、壁の北側では、捕らえた若い野人の女イグリットを連行していたジョン・スノウが野人の縄張りに入ってしまう。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第二章 王国の激突 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは第二章 王国の激突の第七話『A Man Without Honor/義なき男』のネタばれになりますので注意してください。

シオンが目覚めるとそこにオシャの姿はなかった。

城内はブランとリコンが逃げたことで騒ぎになっており、シオンの部下は昨夜オシャとシオンが寝ていたことを知っており、益々シオンのことを見下すようになる。

シオンはすぐに捜索隊をと猟犬を放った。

そのころ、野人のイグリットと野宿をしたジョンはまたからかわれていた。

更にジョンに女性経験がないことを見抜かれ執拗にそれをバカにしてくる。

jpeg

イグリットは冗談半分で自分が相手をしてやろうかとジョンに持ちかけてくる。

それに対してジョンは冷静な対応をした。

だがイグリットのおしゃべりは続き、ナイツウォッチという窮屈なものはやめて野人になれば自由になれるとジョンをそそのかそうとしてくる。

それを否定するジョンだったが、一瞬のすきをつかれてイグリットに逃げられてしまう。

必死に追いかけるジョンだったが、気がつくとジョンは野人の縄張りへと誘い込まれていた。

Beyond-the-wall

そのころ、ハレンホールではエイモリー・ローチが殺されたことで、タイウィンが自分の命が狙われたと勘違いしていた。

タイウィンは自軍の兵士を拷問にかけ犯人をあぶり出そうとするがなかなかわからない。

結局タイウィンはブラザーフッドという反ラニスターの組織の仕業であると結論付けた。

一方、キングスランディングのサンサは廊下でハウンドとすれ違った際に助けてくれたお礼を言うが邪険にされる。

207Sansa

その後、サンサは襲われた時のことを夢で見るが、目覚めると初潮が来ていることに気がつく。

これをサーセイに知られればジョフリーの子供を産まされると思ったサンサはすぐに隠そうとするがそこへシェイがやってくる。

SansaandShae

シェイはサンサに協力しようとするが、そこを通りがかった侍女に目撃される。

シェイは後を追いかけて口封じをするが、部屋に戻るとそこにはハウンドがいた。

結局ジョフリーの子供を産めることがサーセイにばれてしまうが、サーセイはジョフリーを愛せなくても子供を愛せばいいと助言を与えた。

内々でごたごたがある一方で、スタニスの艦隊が確実にキングスランディングに近づいていた。

ティリオンはスタニスの対処に頭を悩ませており、サーセイと話し合おうとしていた。

またティリオンはジョフリーにもう少し王らしく振舞うよう言い聞かせろとサーセイに言ったが、自分にもジョフリーを制御できないとつらい胸の内を語った。

サーセイはジョフリーがああなったのはジェイミーと関係を持った自分への罰なのだろうと弱音をこぼした。

ところ変わって、ロブは諸侯とアルトン・ラニスターの報告を聞いていた。

それによりサーセイが要求を飲まないことが確実となるが、ロブは捕虜を丁重に扱った。

ただもう捕虜を入れる檻がないため、アルトン・ラニスターはジェイミーと同じ檻に入れられることになる。

その後会議が終わったところでタリサがやってくる。

Talisa

タリサは治療を行うための物資がつきかけていることをロブに話すと、クラーク城のメイスターに一緒にもらいに行こうと誘った。

しかしその夜、ジェイミーと同じ檻に入れられたアルトン・ラニスターがジェイミーにより殺されてしまう。

960

更にジェイミーは様子を見に来た見張りの兵も殺し、鍵を奪って脱走してしまう。

結局つかまってしまうジェイミーだったが、殺す殺さないでロブ陣営は騒ぎになってしまう。

そこへキャトリンが来てロブのいないその場を収める。

gots2e7recap

だがジェイミーの息子を殺されたカースタークがラニスターを自分の手で殺すといきり立っていた。

このままではロブが帰ってくる前にジェイミーが殺されると感じたキャトリンはブライエニーを連れてジェイミーに会いに行く。

そこでキャトリンはジェイミーからネッドがジョンを連れて帰った時のことを聞かれ、剣を抜いてしまう。

再びところ変わって、カラザールを殺されドラゴンを奪われたデナーリスの元へ船を探していたジョラーが帰ってくる。

デナーリスはジョラーにドラゴンを見つけてくるよう指示。

ジョラーは自分のことを知っていた仮面の女の元へ行き犯人が誰かを問いただした。

Quaithe_painting

すると女は盗人は今彼女と一緒にいると言った。

その時デナーリスは13人組に自分のドラゴンを返すよう迫っていた。

だが13人組の中にはデナーリスの見方をする人間はいなかった。

a-man-without-honor-04-1024

しかしその中で黒魔導師パイアット・プリーだけがデナーリスに味方をした。

パイアット・プリーによるとドラゴンは不死者の館にいるという。

更にパイアット・プリーはザロと共謀し、カースには変革が必要だと言い、13人組を皆殺しにしてしまう。

そのころ、オシャ達と脱走したブランは川沿いを進んでいた。

5280735748311f5e7a4f6817736bdd2162f5b719-Game-of-Thrones-Season-2-Episode-7-04-2012-05-14

しばらくすると村に到着するが、ブランは関わった人間が拷問に合うことを恐れ人を接触しようとはしなかった。

その後シオンがその村にやってくるがそこで足取りは途絶えていた。

しかしそこでリコンが好きな胡桃の殻を発見する。

シオンはメイスター・ルーウィンをウィンターフェル城に帰らせた。

その後ウィンターフェルに戻ってきたシオンは2人の子供の焼死体をつるしあげるのだった。

Theon_cadáveres_Invernalia_HBO

----------------------------------------------------------------------------------

シオンがだんだん鬼畜化してきましたね。

あの死体はブランたちじゃないと思いますが、それにしてもやることがひどい。

早くロブが帰ってこないかなあ。

デナーリスはドラゴンを奪われたけど、なんだかカース内もごたごたしていますね。

取りあえず13人組が2人組になってしまいましたし(笑)。

パイアット・プリーはマジで謎の人物です。

以上が第二章 王国の激突の第七話『A Man Without Honor/義なき男』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.