海外ドラマ

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第二章 王国の激突」第四話『Garden of Bones/光と影』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第二章 王国の激突」第四話『Garden of Bones/光と影』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第二章 王国の激突 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT2

 

第四話/エピソード4のあらすじ

新王ジョフリーはロブの軍に惨敗したことに腹を立てサンサを痛めつけるよう命じる。一方、キャトリンはスタニスとレンリーに互いの確執を忘れ共にラニスター家に対抗しようと説く。一方、水も食糧も尽き、途方に暮れたデナーリス一行は、商業で栄えた大都市クァースという町の門を叩く。そんな中、ラニスター家の部下に捕らわれたアリアとジェンドリーが“ハレンの巨城(ハレンホール)”に連れてこられる。2人の運命は“マウンテン”ことグレガー・クレゲインの手の中にあった。アリアはタイウィンの酌取りを命じられる。キャトリンを訪ねたリトルフィンガーは、娘と引き換えにジェイミーを解放しないかと提案。共に王座を狙うバラシオン家のスタニスとレンリーは互いに宣戦布告。その晩、スタニスの側近メリサンドルの身に異変が起こる。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第二章 王国の激突 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは第二章 王国の激突の第四話『Garden of Bones/光と影』のネタばれになりますので注意してください。

ロブの軍勢がラニスター軍に夜襲をかけ、ロブはまたもや勝利する。

連戦連勝だったが、ロブは戦のあとに生存者の見回りをしていた。

そこでロブは負傷兵の治療をしているタリサにであう。

not-jane

ロブは戦場にありながら気丈な態度で兵の治療をするタリサに魅かれる。

一方、キングスランディングでは自軍が負けたことにジョフリーが腹を立てていた。

そして腹いせとしてサンサを痛めつけていたのである。

sansa-and-meryn-trant-sansa-stark-33440512-1280-720

そこへティリオンがやってきてすぐにやめさせた。

ティリオンはジョフリーに説教をすると、サンサに優しく声をかけ部屋に帰してやって。

GameOfThronesJoffrey

ティリオンはサンサにもうジョフリーの嫁にはなりたくないかと尋ねると、サンサは自分はジョフリーを愛していると気丈な態度を見せる。

それを見たティリオンはサンサは生き残るかもしれないとつぶやく。

その後ティリオンはジョフリーに毒抜きをさせるために2人の娼婦を部屋に送る。

しかしジョフリーはこの二人を使って残酷な遊びを行い楽しむのであった。

game-of-thrones-s02e04-hdtv-x264-2hd-garden-of-bones-mp4_snapshot_16-10_2014-01-07_00-36-06

そのころ、ラニスター家の部下に捕らわれたアリアはハレンホールに連れて行かれていた。

そこはラニスター家の刑務所のような場所であり、日々多くの人間が拷問され殺されていた。

捕まったアリアたちも例外ではなく毎日一人ずつ順番に拷問された。

Donal_Gallery_being_eaten_by_a_rat_in_Game_of_Thrones-Garden_of_Bones

アリアは捕まった身でもなおジョフリーやサーセイへの恨みを強くしていった。

だがとうとうジェンドリーが拷問される番がやってきてしまう。

しかしタイミング良くタイウィン・ラニスターがやってきて拷問は中止される。

ただ身分を偽っていたアリアだったが、タイウィンには女であることがばれてしまい酌取りをさせられることに。

ところ変わって、レンリーはキャトリンを連れてスタニスとの交渉に臨んでいた。

full-2

だが話はまとまらずお互いに王位を主張する。

スタニスは翌朝までに自分に従うか戦をするか返事をしろと言い残して去っていく。

その後ティリオンの命によりキャトリンを訪ねたリトルフィンガー。

キャトリンはリトルフィンガーの顔を見た瞬間裏切り者とののしり剣を向ける。

cat-littlefinger

これに対してリトルフィンガーはアリアとサンサと引き換えにジェイミーを解放するよう要求。

サンサだけでなくアリアは無事だと嘘をつかれたキャトリンだったが、彼女にはそれを知る由もない。

更にリトルフィンガーは誠意のあかしだとしてネッドの遺骨をキャトリンに返したのである。

一方、キングスランディングではティリオンがサンサの侍女としてシェイを潜り込ませていた。

tumblr_m2k65boA1Z1qg425ho1_500

またサーセイの使いでランセル・ラニスターがティリオンを訪れる。

サーセイの手紙にはパイセルを釈放するよう書いてあった。

用事を済ませてすぐに帰ろうとするランセルにティリオンは彼がサーセイと寝ていることを知っているとちらつかせる。

更にティリオンは弱みを握っていることを強調し、ランセルに自分に従いサーセイの情報を全て自分に伝えるようスパイを命じる。

弱みを握られたランセルには断ることができなかった。

再びところ変わって、海の向こう側では水も食料もつきかけデナーリス達が死にかけていた。

だが偵察に出た一人が帰還し、商業で栄えたクァースという町がドラゴンの母を快く受け入れてくれる問う情報を持ってくる。

すぐにその街へ向かったデナーリスだったが、街につくとドラゴンを見せなければ歓迎しないと十三人組の代表に言われる。

nt.game.of.thrones.204.02

強気にでるデナーリスだったが、街には入れてもらえず、ドラゴンが育ったら奪われたものを取り返しに来ると脅す。

すると十三人組のひとりザロ・ゾアン・ダクソスは反対する仲間をよそに、自分の権限を行使しデナーリス一行を街に向かい入れてくれたのである。

gameofthrones_gardenofbones

更にところ変わって、スタニスは部下のダヴォスに昔のスキルを生かしてメリサンドルを極秘で密輸してほしいと頼む。

メリサンドルを送り込んだのは敵地だったが、ダヴォスが知っているルートには通れないよう柵が作られていた。

だがそれを見たメリサンドルはダヴォスに裸をあらわにする。

なんとそのお腹は今にも生まれそうなほど大きくなっていた。

そしてその場で出産を始めたメリサンドルだったが、出てきたのは人間ではなく邪悪な黒い影だった。

vlcsnap-2012-04-23-19h44m25s31

----------------------------------------------------------------------------------

ドラゴンが出てきたり、魔女が謎の黒い影を産んだりとSFっぽくなってきましたね。

ジョフリーに鬼畜っぷりにはだんだん腹が立ってきました。

ホントティリオンナイスです(笑)。

キャトリンはネッドの遺骨を返還されて、なんだか若干揺らいでいるような・・・。

そこは強い信念でリトルフィンガーを拒絶してほしいですね。

以上が第二章 王国の激突の第四話『Garden of Bones/光と影』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.