海外ドラマ

海外ドラマ「The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士」第二話『Sleight of Hand/巧妙な策略』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士」第二話『Sleight of Hand/巧妙な策略』を見ての評価と感想を書いています。

日本では2016年の4月から「マスケティアーズ パリの四銃士」というタイトルでNHKで放送されています。

ちなみに私が見ているのもNHKで放送されているものです。

マスケティアーズ パリの四銃士では1話~10話までがSeason1で11話~20話までがSeason2となっています。

第二話の日本語でのタイトルは「巧妙な策略」となっていますが、NHK版では「鮮やかなトリック」となっています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season1 登場人物/キャスト

ダルタニアン → ルーク・パスカリーノ
アトス → トム・バーク
アラミス → サンティアゴ・カブレラ
ポルトス → ハワード・チャールズ
トレヴィル → ヒューゴ・スピアー
リシュリュー枢機卿 → ピーター・カパルディ
ミレディ → メイミー・マッコイ
コンスタンス → タムラ・カリ
ルイ13世 → ライアン・ゲイジ
アンヌ王妃 → アレクサンドラ・ダウリング

 

第二話/エピソード2のあらすじ

ある男が火薬を大量に盗んで投獄されたが、盗んだ理由や火薬をどこに隠したのかについて語ろうとしない。目的を探るために、ダルタニアンが潜入捜査に乗り出す。男は脱獄を決行し、ダルタニアンも仲間を装って同行する。男の計画を知った銃士隊に戦慄が走る。(NHK Onlineより引用)

 

The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 Season1動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason1の第二話『Sleight of Hand/巧妙な策略』のネタばれになりますので注意してください。

三銃士が見守る中ダルタニアンは違法とされる決闘をしていた。

1-02-Sleight-of-Hand-Stills-porthos-the-musketeers-38586933-879-600

だが案の定親衛隊に見つかってしまい、ばらばらに逃げたアトス達だったが結局ダルタニアンだけつかまってしまう。

トレヴィルは銃士隊をあつめてダルタニアンが決闘を行っていたため処刑されると通達。

三銃士を痛烈に非難し、他の銃士たちも三銃士に冷たく当たった。

だがその後トレヴィルの元へ集まったアトス達の話により、今回の騒動が芝居だったことが明らかとなる。

本当の目的はシャトレの牢獄にいる爆弾魔ことヴァディムのもとへスパイを送ることだったのである。

ヴァディムは大量の火薬を盗み出しており、近々大規模な行動を起こすと考えられていた。

ヴァディムの目的を探るためにまだ銃士ではないダルタニアンがスパイとして送られたのである。

ダルタニアンは自分は銃士に裏切られて牢に入れられたとヴァディムに話し信頼を得ようとする。

ヴァディムは見張りが居眠りしたためにつかまってしまったらしく、ダルタニアンにコインを見せて手品を披露する。

ヴァディムはダルタニアンに良いトリックのコツは視線をそらすことだと教える。

一方、アトス達はダルタニアンの様子を探るために聖金曜日に王妃が囚人に恩赦を与えるのを利用し、警護するついでに様子を見に行くことに。

そして聖金曜日、牢にいるヴァディムは恩赦などではなく堂々とろうから出ていくとダルタニアンに宣言する。

そして突然発作が起きたように倒れ込む。

ダルタニアンはすぐに看守をよびヴァディムを治療するよう訴えるがそれは演技であり、ヴァディムは看守を倒して鍵を奪ってしまう。

ダルタニアンは自分も連れていくよう頼み込みヴァディムの仲間になることに。

ヴァディムは奪った鍵で他の囚人も解放した。

この時、外では王妃による恩赦が与えられていた。

アトスはダルタニアンの様子を見に行こうとするが牢の入り口で逃げ出した囚人たちに出くわしてしまう。

アトスはダルタニアンとの連絡はアイコンタクトで済ませ王妃を守るために囚人と戦った。

この混乱に乗じてヴァディムは王妃を人質にし城門を開けるよう命令した。

hand3

ダルタニアンはヴァディムの後ろでばれないように指示に従うようトレヴィルに合図を送る。

城門の外にはヴァディムの仲間が待機していた。

ダルタニアンはヴァディムに王妃は殺さないよう意見を言うとヴァディムは王妃を解放しダルタニアンと共に逃げて行った。

城門は銃撃戦となり、どさくさにまぎれてアラミスが王妃を救っていた。

tumblr_n1ufd6hPfg1roodpxo2_500

これを機にアラミスと王妃が急接近することになる。

アジトに戻ったヴァディムは仲間からダルタニアンは信用できないと言われるが、ヴァディムは脅しに屈しなかったダルタニアンを信用することに。

Nepojmenovany-3-a28505e3d2d3e5ec801415951ba0dbe6

ヴァディムはダルタニアンに国王と王妃を暗殺してフランスに新たな国を作ると宣言した。

そのころ、アラミスは王妃から呼び出されけがをしていたアラミスの身を案じお守りにとペンダントを渡される。

一緒に来ていたポルトスは相手は王妃だと良い身分をわきまえるよう警告した。

その日の夜、ダルタニアンはヴァディムが娼婦のシュゼットの家に行くのを尾行していた。

だがそれをヴァディムの仲間のフェリックスに見つかり何をしていたのかと問い詰められてしまう。

The-Musketeers-Season-1-Episode-2-19-ddd7

ダルタニアンはとっさに愛人に会いに来たと言い、その証拠と言ってコンスタンスにキスをした。

それを見た仲間も一応は納得したようでそのまま帰って行った。

ダルタニアンはコンスタンスにアトス達を呼ぶようお願いした。

三銃士が集まるとダルタニアンはヴァディムの目的が国王と王妃の暗殺だと説明した。

更にヴァディムは現在シュゼットという女の家にいることを伝えた。

だが肝心の方法や日時、盗んだ火薬のありかはわからなかった。

ダルタニアンはアジトに戻る途中、親衛隊に見つかってしまい追いかけられてしまう。

だがピンチになったところをミレディに救われる。

ミレディは自分のバックには権力者がいると言いダルタニアンを仲間に引きこもうとするが拒否される。

ミレディが去った後、アトス達がやってきてミレディが殺した親衛隊の後始末をしてくれた。

ダルタニアンがアジトに戻るとヴァディムから次に愛人のところに行く時は報告しろと言われる。

翌日、三銃士はシュゼットの元へ行き情報を聞き出そうとするが肝心の部分を聞き出せない。

The-Musketeers-Season-1-Episode-2-27-523f

しかし王宮で2年間働き王に執着していたということわかる。

アトスは枢機卿にそのことを聞いてみるが知らないと言われる。

xWH5u7jS.640x360.6

枢機卿は国王よりも威厳があるというラヴォワという人物に聞いてみるよう伝えた。

一方、ヴァディムが王と王妃を狙っていることが明らかとなったため、トレヴィルがノートルダムでの復興祭のミサの後民衆に姿を見せるのを中止するよう訴えるが、王は悪には屈しないとそれを拒否。

トレヴィルにしっかりと警護するよう指示した。

そのころ、アトスはラヴォワに会いにいきヴァディムについて話を聞いた。

その中でヴァディムが王宮にいたころ王妃のダイヤの首飾りが紛失するという事件が起こり、ヴァディムが犯人として扱われたという話を聞く。

ラヴォワはアトスを宝物庫まで案内し、いまでもその時の首飾りは見つかっていないと話した。

アジトに戻っていたダルタニアンはついにヴァディムから計画について知らされる。

ヴァディムは国王と王妃を襲撃する計画書をダルタニアンに渡した。

ダルタニアンはそれをすぐに外で見張っていたポルトスに渡した。

その後アジトにシュゼットがやってきて、彼女を見張っていたアラミスはポルトスと合流する。

ヴァディムは皆を集めていよいよ計画を実行すると話したが、この中に裏切り者がいると言いだす。

ヴァディムにはダルタニアンがスパイであることがわかっていたのである。

ダルタニアンは拘束され、計画は全て知らせてあると言ったがそれすらもヴァディムの手の内だったのである。

外に待機していたポルトス達はヴァディムのアジトに踏み込んでいくがすでにもぬけの殻だった。

アジトには地下道への穴が掘られており、そこへ隠れていたのである。

翌日、ついにヴァディムが計画を実行に移した。

仲間に爆弾を持たせたヴァディムは国王と王妃を襲わせたのである。

だがこの襲撃は銃士隊の警備により失敗する。

The-Musketeers-Season-1-Episode-2-22-a11c

この時アラミスが身を呈して爆弾を処理しようとし、その姿を見ていた王妃は益々アラミスに魅かれていく。

結局、襲撃部隊が持たされていた爆弾はすべて不発弾だった。

これは仲間たちも知らされていなかった。

一方、ヴァディムはダルタニアンを爆弾にくくりつけて一人王宮に向かっていた。

vadim

ヴァディムの真の目的は王と王妃の暗殺ではなく王宮の地下にある財宝だったのである。

ようやく狙いに気が付いたアトス達はすぐに王宮に向かった。

爆弾にくくりつけられていたダルタニアンは爆発ギリギリのところで拘束を外し爆発を阻止した。

だが逃げようと扉を開けて瞬間ヴァディムにしかけられていた導火線に火が付き爆弾は爆発してしまう。

ダルタニアンはなんとか避難することに成功した。

王宮にやってきたアトスは宝石を盗んだヴァディムを発見し追い詰める。

だがそれもヴァディムの計画通りであり、アトス達は爆弾があるとこまでおびき寄せられていただけだった。

この爆弾によりアトス達は重傷を負ってしまいヴァディムに逃げられてしまう。

まんまと逃げおおせたと思ったヴァディムだったがそこへダルタニアンがやってくる。

ダルタニアンが生きていたことは完全に計算外だったヴァディムは動揺し傷を負わされてしまう。

必死に逃げるヴァディムをダルタニアンとそこへ合流した三銃士が追いかける。

そしてついにヴァディムを追い詰め、最後の抵抗を見せるヴァディムをダルタニアンが斬り捨てたのである。

これによりようやく事件は解決する。

一方、ヴァディムと一緒に逃げようとしていたシュゼットは急いで荷物をまとめていた。

その中にはかつてヴァディムが盗んだ王妃の首飾りもあった。

だがそこへ枢機卿の命令によりミレディがやってきてシュゼットは殺される。

sleight11

ミレディが仕事が終わったことを報告すると、枢機卿は首飾りは見つからなかったと質問してくる。

ミレディは見つからなかったと報告するが、その首には例の首飾りが付いているのだった。

-------------------------------------------------------------------------------------------

ミレディの暗躍っぷりがなかなか目立ちますね。

コンスタンスは度重なるダルタニアンからのキスにより完全に心が傾いていますね(笑)。

王妃にはアラミスがアタックしていますし。

これからいろいろどろどろしてきそうな予感ですね。

アトスがいつミレディに気がつくかもみものです。

以上がSeason1の第二話『Sleight of Hand/巧妙な策略』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.