海外ドラマ「The 100/ハンドレッド Season2」第一話『THE 48/マウント・ウェザーの謎』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season2 登場人物/キャスト

クラーク → イライザ・テイラー
フィン → トーマス・マクドネル
ベラミー → ボブ・モーリー
オクタヴィア → マリー・アヴゲロプロス
ジャスパー → デヴォン・ボスティック
モンティ → クリストファー・ラーキン
マーフィー → リチャード・ハーモン
アビー → ペイジ・ターコー
ケイン → ヘンリー・イアン・キュージック
ジャハ議長 → イザイア・ワシントン
レイヴン → リンゼイ・モーガン

 

第一話/エピソード1のあらすじ

今も白い部屋に1人で閉じ込められ、この奇妙な環境が何なのかを必死に探ろうとしているクラーク。ベラミー、フィン、レイヴンの安否もまったく分からない。一方、アビーを始めアークの生存者は、危険だが美しい新たな世界で、肉体的な危機や道徳的ジレンマに直面する。 (公式サイトより引用)

 

The 100/ハンドレッド Season2動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason2の第一話『THE 48/マウント・ウェザーの謎』のネタばれになりますので注意してください。

マウンテンマンに捕らえられたクラークたち。

クラークは一人白い部屋に閉じ込められていたが、ある時向かいの部屋にいたモンティがいなくなっていることに気が付く。

The-100-S02E01-650x347

モンティがいた部屋には清掃員らしき人物の姿が。

クラークは扉の窓を割り自ら鍵を開けてモンティの部屋に。

この時右腕を怪我してしまうが、そんなことはお構いなしにクラークは清掃員を人質にとり皆の元へ案内するよう指示した。

Maya_and_clarke

クラークが連れてこられた先はこれまで見たこともないほど贅沢をしている人々の姿だった。

だがクラークの姿を見た住民は汚染されるといいクラークから離れていく。

その後警備員がやってきてクラークは再び捕らえられてしまう。

だがクラークは丁重に扱われ手のけがの治療も行ってくれた。

クラークが通されたのはマウント・ウェザーの大統領だという人物のもとだった。

the-100-season-2-premiere-the-48-clarke-dante

大統領はクラークに服を用意してくれ仲間の元へ案内してくれた。

マウント・ウェザーに連れてこられた仲間は全部で48人だった。

あの時宇宙船の中に逃げ込むことができなかったフィンやベラミー、オクタヴィアの姿はなかった。

地上に残されたフィンはグラウンダーにつかまり連行されていた。

その様子をベラミーと他2名が見ており、ベラミーはフィンを助けるための作戦を立てる。

01846280129

だがベラミーの思惑通りにはいかずベラミーは捕まってしまう。

残りの二人は怖気づいて動けずにいた。

一方、オクタヴィアはリンカーンと共に海を渡ろうとしていた。

だがオクタヴィアは矢により傷を負っており、その矢には毒が塗ってあった。

リンカーンも解毒剤を持っていなかったため、解毒剤の元になる川の苔を食べる虫の採取へ向かった。

だがその途中でオクタヴィアの叫び声が聞こえてくる。

急いで戻ったリンカーンにオクタヴィアは化け物のような男がこっちを見ていたと語る。

リンカーンはオクタヴィアを連れてすぐにその場を離れた。

1059973

マウント・ウェザーではすっかり場になじんだモンティ達とは対照的にクラークは未だになじめずにいた。

クラークは自分たちに都合がよすぎると感じており、胡散臭いと思っていた。

また外にはまだ大勢の仲間たちがいるためクラークは助けに行きたいと思っていた。

クラークはマウント・ウェザーの地図を目に焼き付け、大統領からもらったスケッチセットでその地図を再現していた。

そして脱出する時のために構造を頭に焼きつけていた。

一方、グラウンダーに連行されるフィンとベラミーだったが、あとをつけていた2人が救出するために行動を起こす。

The-100-Season-2-Episode-1-3-b895

だがそこへ現れたのは地球へとやってきたケインだった。

ケインはグラウンダーを撃ち殺しフィン達を助けてくれた。

フィンは他の仲間が宇宙船にいるはずだといいケインやアビーを案内した。

しかし宇宙船にいたのはけがをしたレイヴンとマーフィーだけだった。

マーフィーを見たベラミーは殴りかかってしまうが、ケインらに取り押さえられてしまう。

そしてこれからはルールを守ってもらうといわれベラミーは逮捕されてしまう。

その後ベラミー達は宇宙ステーションへと連れて行かれる。

マウント・ウェザーのクラークは清掃員の女性からカードキーを盗みとりマウント・ウェザーからの脱出を図る。

だがそれを見たジャスパーが扉を開ければ汚染されて中の人間が死んでしまうとクラークを説得する。

仲間を探しに行きたいクラークだったがジャスパーの説得に応じて外に出るのを断念する。

そのころ、リンカーンに連れられてオクタヴィアがやってきたのは彼の村にある集会所だった。

その集会所にはリンカーンの像があり、それを目印に皆が集まるのだという。

リンカーンは村に戻って薬をとってくるという。

村に戻れば裏切り者のリンカーンは殺されてしまうかもしれないと止めるオクタヴィアだったが彼女を助けたい一心のリンカーンは村へ戻って行く。

一方、宇宙にたった一人残されたジャハ議長は自分の使命は終えたと全てを停止させようとしていた。

だが次の瞬間聞こえてきたのは赤ちゃんの泣き声だった。

the-100-jaha

———————————————————————————-

クラーク以外の人間はあっさりマウント・ウェザーに適応しちゃいましたね。

外ではこれまで皆を引っ張ってきたベラミーが捕まってしまいましたし、大人と子供の間で争いがおきそうですね。

ジャハがきいた赤ちゃんの泣き声は本当なのでしょうか?

子供を残して脱出するとか考えられますかね?

まあこの疑問は次回に解決するでしょう。

以上がSeason2の第一話『THE 48/マウント・ウェザーの謎』のあらすじと感想のレビューでした。

U-NEXT