海外ドラマ

海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ」第十三話『The Nuclear Man/2人の閃光』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ」第十三話『The Nuclear Man/2人の閃光』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season1 登場人物/キャスト

バリー・アレン/フラッシュ → グラント・ガスティン
アイリス・ウェスト → キャンディス・パットン
ハリソン・ウェルズ/リバース・フラッシュ → トム・キャヴァナー
ケイトリン・スノー → ダニエル・パナベイカー
シスコ・ラモン → カルロス・バルデス
ジョー・ウェスト → ジェシー・L・マーティン
エディ・ソーン → リック・コスネット
ヘンリー・アレン → ジョン・ウェズリー・シップ

 

第十三話/エピソード13のあらすじ

ケイトリンの婚約者ロニーが物理学者を襲う。バリーとSTARラボの研究員たちは、危険なメタヒューマンとなったロニーをこれ以上自由にしておけないことを悟り、彼を追跡するため、かつて“ファイヤーストーム”というプロジェクトに携わったシュタイン教授を捜す。一方バリーは、フラッシュとしての責務とリンダとの関係を両立させようと奮闘する。ウェストはノラの殺害事件を再捜査するためシスコに協力を求める。そんな中、エイリング大将がセントラル・シティに再び現れる。(公式サイトより引用)

 

THE FLASH/フラッシュ Season1動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason1の第十三話『The Nuclear Man/2人の閃光』のネタばれになりますので注意してください。

ロニとシュタイン教授が融合したファイヤーストームはシュタイン教授の知り合いの物理学者の元へ現れる。

ファイヤーストームは体はロニで頭はシュタイン教授であったためどうにかして元に体に戻りたいと考えていた。

だがシュタイン教授は物理学者に襲い掛かり重傷を負わせてしまう。

一方、バリーはリンダとのデートに備えて服を何度も選び直していた。

バリーはリンダに一輪の花を贈ると食事などをして楽しんだ。

だがその合間にもシスコやジョーから連絡が入り、リンダのすきを見ては人助けをしていた。

どうにかばれずにやり過ごしたバリーは良い雰囲気でリンダと別れた。

The-Flash-113-Stealing-Wallys-Girl

翌日、バリーとケイトリンはテレビでファイヤーストームが一般人を襲ったというニュースを目にする。

スターラボに戻った二人はファイヤーストームが危険であるとウェルズ博士に言われメタ・ヒューマンとして捕まえることに賛成する。

ここでバリーはシュタイン教授の写真を見せられ、加速器の事故があった日に偶然列車の中で出会っていたことを思い出す。

シュタイン教授のことを調べるため、バリーたちはシュタイン教授の妻であるクラリッサを訪ねる。

バリーはクラリッサに見覚えがないかと言いロニの写真を見せた。

クラリッサは事故から1ヶ月たった時にこの男が訪ねてきて、その後何度も視線を感じているのだという。

加速器の事故があった日、シュタイン教授はファイヤーストームの装置を持っており、そこで事故に出くわしロニと体が融合してしまったのである。

事故から一カ月してシュタイン教授は眼を覚まし、自分の姿を見て愕然とする。

the-flash-s1-ep13-the-nuclear-man-inside-look-feat-image

シュタイン教授はクラリッサに会いに実家に戻ったが自分だとわかってもらえなかったのである。

それから1年もさまよっているのである。

ウェルズ博士たちはいまでもたびたび視線を感じているという話を聞き張り込みをすることに。

その日バリーはリンダとデートをすることになっていたため家に戻った。

バリーの家を訪れたリンダはバリーからデートの計画をいろいろ聞かされるがそれらを無視して押し倒される。

2人がキスをしていちゃいちゃし、いよいよ本番という時になってケイトリンからファイヤーストームが現れたと知らせが入る。

fanboyism2015-02-19-18h31m58s174-494x277

バリーはリンダをその場に残し現場へ行ってしまった。

バリーはファイヤーストームに助けたちと言い近づいて行くが攻撃されてしまう。

バリーも必死に捕らえようとするが結局逃げられてしまう。

ただこの時バリーはファイヤーストームに発信機をつけていた。

バリーたちはクラリッサを連れてファイヤーストームの元を訪れる。

ここでクラリッサはシュタイン教授しか知らないことを聞き出し、ようやく彼がシュタイン教授だと知る。

クラリッサは元に戻るためにウェルズ博士たちが協力してくれるといい、ようやく彼も納得してスターラボへやってくる。

ケイトリン達はシュタイン教授とロニを分離するためにいろいろな検査を行っていく。

fla113a0256bjpg-294c4a_960w

一方、バリーにすっぽかされたリンダはバリーのことをアイリスに尋ねていた。

アイリスはバリーとリンダがつきあっていることをどうやら不満に思っているらしく、以前好きだった人にまだ未練があるようだと告げ口してしまう。

リンダの元を訪れたバリーはそのことをリンダに攻められ別れようと言われる。

バリーはアイリスに余計なことを言うなとくぎを刺し、アイリスのことはもう何とも思っていないと念を押した。

その後もう一度リンダの元を訪れ、自分が本気であることを示すために激辛好きのリンダの目の前で激辛唐辛子を食べて自分の気持ちを証明してみせた。

The-Flash-E13-Screencap-Linda-and-Barry

リンダとバリーの中が戻ったのをアイリスはやはり不満そうに見つめていた。

スターラボではウェルズ博士がファイヤーストームの体を分析し、核爆発を起こす可能性があることをケイトリンに話す。

ウェルズ博士は分離はあきらめるようケイトリンに行ったが、ケイトリンは断固譲らなかった。

ただ自分が核分裂を起こす可能性があるという話をシュタイン教授も聞いていた。

その後シュタイン教授は姿を消してしまう。

ウェルズ博士はシュタイン教授を核爆発させないために殺すことを考え銃を手にするが、その時偶然目に入ったタキオン制御装置を利用して量子スプレッサーが作れないかと考えた。

ウェルズ博士とシスコは急いで量子スプレッサーを作りにかかった。

ところ変わってジョーはバリーの母親の死の真相を調べるため、以前バリーたちが暮らしていた家を訪れる。

ジョーは科学的な分析をするためにシスコにも協力を依頼していた。

その家は家主が変わっており多くの物が変化していたが、残っていた鏡だけは以前のものだった。

シスコはその鏡に硝酸銀が使われていることに気が付き、その鏡が写真と同じようにその時の起こった出来事を記録していると考えた。

シスコは自分で作った機械に鏡を入れて、残されていた画像を3Dにして現像してみせた。

vlcsnap-00395

するとそこには2人のフラッシュが争っている映像が映し出されていた。

更に2人の争いによりどちらかの血が壁にかかっているのを発見し、偶然にもそこは上から壁紙が貼られているだけでサンプルを入手することに成功する。

ジョーはシスコにその血液サンプルをウェルズ博士の物と比較してほしいと頼むが、シスコは博士は絶対に関係無いと言いその場を後にした。

その後シスコは100%否定しながらも血液サンプルと一致する人物がいないか照合をかけていた。

血液からは2人分のDNAが検出され、驚くべきことに1つはバリーの物であることが分かる。

なぜ驚いたかというとそのバリーの血液は子供の時のバリーの物ではなく大人になったバリーのものだったからである。

一方、核爆発の危険性を聞いたシュタイン教授は周りに何もないところに来ていた。

シュタイン教授を見つけたバリーはウェルズ博士たちが作った量子スプレッサーをもってケイトリン共に教授の元へ向かった。

ケイトリンはまだ元に戻れる可能性があると良いシュタイン教授に量子スプレッサーを渡した。

the-flash-recap

だが量子スプレッサーを装着した直後、教授は核爆発を起こしてしまう。

バリーはケイトリンを抱え爆発から逃れるために高速で避難した。

Barry_Allen_runs_off_with_Caitlin_Snow_after_Firestorm_detonates

またこの爆発の様子をエイリング大将もモニターで見ていたのである。

----------------------------------------------------------------------------------

シスコまたスゴイものを作ってましたね~。

ようやく2人の閃光の手掛かりが見つかったものの、一人は未来のバリーだったとは驚きです。

タイムトラベルしてくるってことですよね?

それが2024年のあの記事に関係あるのかは謎ですね。

もう一人の血液サンプルはウェルズ博士じゃなかったってことはやっぱりあれはウェルズ博士じゃないってことですかね?

シュタイン教授は結局爆発しちゃいましたけど無事に分離できたのか気になりますね。

以上がSeason1の第十三話『The Nuclear Man/2人の閃光』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.