海外ドラマ

海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ」第十一話『The Sound and the Fury/過去の亡霊』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ」第十一話『The Sound and the Fury/過去の亡霊』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season1 登場人物/キャスト

バリー・アレン/フラッシュ → グラント・ガスティン
アイリス・ウェスト → キャンディス・パットン
ハリソン・ウェルズ/リバース・フラッシュ → トム・キャヴァナー
ケイトリン・スノー → ダニエル・パナベイカー
シスコ・ラモン → カルロス・バルデス
ジョー・ウェスト → ジェシー・L・マーティン
エディ・ソーン → リック・コスネット
ヘンリー・アレン → ジョン・ウェズリー・シップ

 

第十一話/エピソード11のあらすじ

以前STARラボの研究員だったハートリー・ラサウェイが、復讐のためウェルズ博士の前に現れる。ラサウェイは、粒子加速器の爆発により被害を被ったが、音波を操るメタヒューマンとなった現在、ウェルズとフラッシュにとって大きな脅威だ。一方、アイリスはピクチャー・ニュースという新聞社に記者として採用され喜んでいたが、ベテラン記者メイソンと組まされたため、出番が少なくがっかりする。そんな中、シスコはSTARラボへ初出勤した日のことを思い出していた。 (公式サイトより引用)

 

THE FLASH/フラッシュ Season1動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason1の第十一話『The Sound and the Fury/過去の亡霊』のネタばれになりますので注意してください。

バリーはいつものようにヒーロー活動に精を出し、ウェルズ博士らと協力してギャングを捕らえていた。

自宅に戻ったウェルズ博士が車いすをおりくつろいでいると電話がかかってくる。

その電話の主がウェルズ博士に報いを受けろと言った直後、天井の窓ガラスが粉々になった。

Li1lT9I

ウェルズ博士はフラッシュのように高速で移動し避難しけがはなかったが、博士にはこの犯人に身に覚えがあった。

その犯人とはかつてスターラボで働いていたハートリー・ラサウェイだった。

ウェルズ博士の自宅へ現場検証にやってきたバリーとジョーは粉々にされたガラスを見てガラスがひとりでに割れたようだと説明。

警察署のラボに戻ったバリーは共振動の原理を使用して割ったのだとジョーに実演してみせた。

スターラボに戻ったバリーは犯人はハートリー・ラサウェイだと聞かされ、シスコとの因縁を知ることになる。

するとここでラサウェイ産業が襲撃されているという知らせが入る。

ラサウェイ産業とはハートリーの親が経営する大企業だったが、ハートリーは親から縁を切られていた。

すぐに現場に駆け付けたバリーは音波の攻撃を受けながら捕らえることに成功する。

wpid-wp-1421956612359

やけにあっさり捕まったハートリーだったが、彼の狙いはウェルズ博士であり、バリーたちにウェルズ博士には秘密があると言い不信感をあおった。

ハートリーはメタ・ヒューマンと同じように地下の粒子加速器の刑務所へと入れられた。

ただいくつかの疑問も残ることになる。

1つはハートリーは復讐のためにラサウェイ産業を襲ったと考えられたのだが、それにしては手に付けていた音波を操る機械の出力が弱かったことだ。

Flash_piper_gloves

もし最大出力で会社を襲っていたら決定的なダメージを与えることができたのに彼はそうしなかった。

2つ目はハートリーの言っていたウェルズ博士の秘密についてだが、これは博士の口から直接明かされることになる。

その内容とはウェルズ博士が粒子加速器が爆発する可能性があったことを知っていたのにもかかわらず実験を強行したことだった。

ウェルズ博士は事前にハートリーから爆発する可能性を指摘されていたが自らの野望のためそれを無視し、ハートリーを研究所から追放していたのである。

その話を聞いたバリーたちは博士に少なからず失望した。

翌日、シスコ達がいつものようにラボで仕事をしていると突然警報が鳴り響く。

なんとハートリーが牢から脱走したのである。

シスコはすぐに牢へ向かうがハートリーの用意した爆弾に吹きとばされ意識を失ってしまう。

警報を聞いていたウェルズ博士はフラッシュのように高速で移動し牢へ向かうが途中で倒れこんでしまう。

脱走したハートリーはケイトリンを背後から襲い気絶させると音波を操る機械を手に取り、スターラボのあるデータを抜き取って逃走した。

その後ウェルズ博士はバリーたちに失った信用を取り戻すと言い記者会見の場を設ける。

the-flash-tom-cavanagh

そこでウェルズ博士は粒子加速器が爆発した時、実は事前にそうなる可能性があると指摘されていたと公表した。

事故が起こったのはその警告を無視して実験を強行したことにあり、全責任は自分にあると話した。

そのころ、シスコはスターラボから盗まれたデータが何だったのかを調べていた。

だがそのデータ量は膨大でなかなかつきとめられない。

一方、ハートリーは奪ったデータを解析しあるものを作っていた。

そしてダムへと向かい一般市民を攻撃し始めたのである。

fla111a0036bjpg-56e790_960w

スターラボではハートリーを探すために地震の分布図を解析していた。

ハートリーの音波によって地殻が刺激され地震が起こると考えられたからである。

その予想通りダムの付近で地震が発生していることがわかりバリーはすぐに現場へと向かった。

バリーが現場へやってくるとハートリーは一般市民を襲うがバリーが高速で助け出す。

バリーはあっという間にハートリーが手に付けている音波を操る機械を奪うがこれが攻撃の合図となり音波が発生した。

その音波とはハートリーがバリーの振動分布図を解析して作った特殊な音波で、原理はガラスを粉々にしたものと同じだった。

この音波によりバリーは内臓を引きちぎられるような苦しみを味わうことになる。

flash-sound-and-fury

絶体絶命のピンチに陥るバリーだったがここでウェルズ博士が衛星をハッキングしある音波を車のラジオから流した。

その音波とはハートリーの武器を破壊する音波であり、これによってなんとかバリーを苦しめる音波を止めることに成功する。

こうしてハートリーは再び捕らえることに成功し、今度は脱走されないようしっかりと身辺チェックをしたうえで牢に入れた。

スターラボに漂っていた不信感も払しょくされ、バリーたちは以前にもまして結束した。

だがウェルズ博士にはまだバリーたちに伝えていない秘密があり、例の隠し部屋でタキオン制御装置を使いスピードフォースを吸収していた。

Screenshot-2015-01-28-02.38.56

一方、シスコは牢に入れたハートリーの元へやってくるが、ハートリーはシスコにロニがどうなったか知っているとほのめかしてくる。

ところ変わって、アイリスはピクチャー・ニュースという新聞社に記者として採用された。

アイリスは自分の書きたい記事について主張するが全く聞き入れてもらえない。

The.Flash.2014.S01E11.The.Sound.and.the.Fury.iris-west

上層部が興味あったのはフラッシュのことについてであり、ブログを書いているアイリスはフラッシュに関する新しい記事を書くよう言われる。

またベテラン記者メイソンがアイリスの教育係になり、やる気のないメイソンはアイリスに何も教えようとはしなかった。

一方でジョーはエディに内密にウェルズ博士を調べるよう指示をしていた。

だがウェルズ博士の家を調べても何も出てこない。

ジョーは引き続きエディに調べるよう指示をした。

----------------------------------------------------------------------------------

ウェルズ博士いきなり高速で動いているんですけど(笑)。

やっぱりリバース・フラッシュはウェルズ博士だったんですね。

でもその力はバリーと違って不安定なようで、いったいどうやって力を手に入れたのか疑問が残りますね。

あのタキオン制御装置だけであんなに早く動けるようになるものなのか?

またハートリーはロニについて知っていると言っていたので、シスコはロニのことを知るためにハートリーの言うことに従っちゃうんでしょうね。

以上がSeason1の第十一話『The Sound and the Fury/過去の亡霊』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.