海外ドラマ

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド」第十一話『The Calm/最後の静寂』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド」第十一話『The Calm/最後の静寂』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season1 登場人物/キャスト

クラーク → イライザ・テイラー
フィン → トーマス・マクドネル
ベラミー → ボブ・モーリー
オクタヴィア → マリー・アヴゲロプロス
ジャスパー → デヴォン・ボスティック
モンティ → クリストファー・ラーキン
ウェルズ → イーライ・ゴリー
マーフィー → リチャード・ハーモン
アビー → ペイジ・ターコー
ケイン → ヘンリー・イアン・キュージック
ジャハ議長 → イザイア・ワシントン
レイヴン → リンゼイ・モーガン

 

第十一話/エピソード11のあらすじ

クラークとフィンは食料調達のため狩りに出るが、フィンが命の危険にさらされる。だがクラークは、驚きの決断で状況を大逆転させる。その頃ベラミーは、レイヴンから断れない申し出を受けていた。一方アークでは、ケインが命懸けでジャハとアビーのもとへ戻ろうとする。(公式サイトより引用)

 

The 100/ハンドレッド Season1動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason1の第十一話『The Calm/最後の静寂』のネタばれになりますので注意してください。

ベースキャンプではグラウンダーの襲撃に備え様々な準備をしていた。

レイヴンは一人黙々と銃弾の調整を行っていたが、そこへフィンがやってくる。

フィンはきちんとレイヴンに謝りたいと言ったが、レイヴンは必要ないとフィンを突き放した。

一方でオクタヴィアとマーフィーは食料の保管をしていたのだが、その保管庫が燃えてしまい食料の蓄えがなくなってしまう。

The-100-Season-1-Episode-11-2-30d3

結局誰のせいだったかは追及されなかったがマーフィーのせいだと見る人間も少なくなかった。

食料を失ったクラークたちはグラウンダーの危険があるものの狩りに出るしかなくなった。

クラークが狩りの準備をしているとマイルズが一緒に行こうと話しかけてくる。

906336d5fa7a47fdc7b6b761009f057f

その後フィンもクラークに話しかけてきて3人で一緒に狩りに出かけることに。

追跡が得意なフィンが獲物の足跡をそれをたどっていく3人。

しかし途中でフィンが違和感を覚える。

足跡が明確すぎたのである。

これは罠かもしれない、そう思った時にはすでに手遅れだった。

グラウンダーの弓矢が飛んできてマイルズの肩と足が撃ち抜かれてしまう。

逃げようとするクラークとフィンだったが2人ともグラウンダーにやられ捕らえられてしまう。

一方、シドニーの無謀な策のせいで壊滅的被害をこうむったアーク。

ケインは空気清浄機が作動したおかげで意識を取り戻す。

ケインはすぐに生存者を探し始めた。

すると一人の整備士を発見する。

the-100-1000-s1e11-the-calm

彼を助けたケインは別の生存者10数人も救出し、あることに気が付く。

それは誰かが制御室で空気清浄機を動かしているということだった。

ケインはそれが生存者がいるメッセージだと気が付く。

制御室に連絡を入れると答えたのはジャハだった。

100_a_0

ジャハはケインに食堂にきれいな空気が流れるようにしたといい、他の生存者と共にそこへ行くよう指示した。

ケインはジャハを助けに行こうとするが制御室への道は全てふさがれていた。

ケインは救出した人間に食堂に行くよう指示すると、自分は封鎖された道をこじ開け始める。

ジャハを助けに行こうとしていたのである。

それを見た他の人間もケインに協力し始める。

そのころ、グラウンダーに捕らえられたクラークとフィンはリーダーであるアーニャにある場所へと連れて行かれていた。

その場所とは子供ながらアーニャの側近であるトリスという少女のもとだった。

The Calm

アーニャの話しでは先のクラークたちの爆破によりトリスはけがを負ってしまったのだという。

加えて治療士であるリンカーンがいなくなってしまったため、治療できる者がいない。

そこでクラークたちを連れてきて治療させようとしていたのである。

トリスには目立った外傷はなかったが、爆発の衝撃で体の中に出血を起こしているとクラークは見立てた。

そこで脇腹を切開して体の中にたまった血を抜いてあげた。

だがその後トリスの容体は急変する。

敗血症になったのだとクラークはいい、すぐに輸血する必要があると言ったが、グラウンダーは血を提供しようとしない。

そこでやむなくフィンが血を抜こうとしたが、すでにトリスは息を引き取った後だった。

トリスを助けられなかったことにより、アーニャはフィンを殺すよう指示した。

必死に止めるクラークだったがグラウンダーの耳には届かなかった。

一方、アークではケインが障害物を排除しジャハの救出に成功していた。

The Calm

更にシドニーたちが乗って行った脱出艇のすぐ横の貨物室に脱出艇から何人かが逃げ込んでいたことが判明。

だがそこへ行くにはメンテナンス用の狭い通路を行く必要があり、その道は冷却機の故障ですさまじく熱くなっているとのことだった。

それでもケインは生存者がいるなら必ず助けるといい、一人救出に向かう。

そのころ、囚われの身になったクラークは見張りの肩にある傷は何なのかと尋ねていた。

見張りの男は殺した敵の数だと言ったが、その直後クラークは隙をついて見張りを殺す。

そしてグラウンダーのアジトから一人で逃げ出した。

一人必死に逃げるクラークだったが途中でグラウンダーの罠にかかり意識を失ってしまう。

同時刻、キャンプではモンティがフィンとクラークが帰ってきていないことを心配していた。

そのことをレイヴンに告げるが、レイヴンは別の理由で2人が返ってこないのだと思っていた。

だが2人と一緒だったマイルズも帰ってきていないと聞き、さすがに事態を把握した。

レイヴンとモンティはベラミーと一緒に3人を探しに向かう。

この時、レイヴンが作ったトランシーバーでお互いに連絡を取り合いながら進んでいた。

するとベラミーが負傷したマイルズを発見する。

だがこれと同時にモンティがある電波をとらえていた。

それはアークからの脱出艇が墜落する前に発せられていた電波だった。

その直後、モンティはトランシーバーを残して姿を消してしまう。

ベラミー達はクラークたちを見つけることができなかったためマイルズを連れてキャンプに戻った。

一方、貨物室を目指したケインはようやく到達することができた。

閉ざされた扉の奥には何人もの生存者がいたが、皆息も絶え絶えだった。

すぐにバッテリーを使い扉を開けたケイン。

生存者の中にはなんとアビーの姿もあった。

The Calm

----------------------------------------------------------------------------------

かくの忘れちゃってましたがレイヴンとベラミーが寝ちゃってましたね(笑)。

レイヴンのやけくそ感が半端ないです。

クラークは一撃でグラウンダー殺してましたし。。

クラークってちょいちょい強くなりますよね(笑)。

フィンは殺されていないと思いますがどうなるんでしょうね。

モンティいなくなっちゃいましたけど、謎の電波が何なのかが気になりますね。

以上がSeason1の第十一話『The Calm/最後の静寂』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.