海外ドラマ

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第四章 戦乱の嵐-後編-」第六話『The Laws of Gods and Men/裁判』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第四章 戦乱の嵐-後編-」第六話『The Laws of Gods and Men/裁判』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第四章 戦乱の嵐-後編- 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT2

 

第六話/エピソード6のあらすじ

キングズ・ランディングではティリオンの裁判が始まる。タイウィンとサーセイの仕込み通りティリオンに不利な証言が続き、裁判は一時休廷となる。その間にジェイミーは父と交渉し、自分がキャスタリー・ロックの城主を継ぐ代わりに、ティリオンを死刑にしないことを約束させるが…。一方、シオンが幽閉されているドレッドフォート城では、姉ヤーラが救出に駆けつけるが、一緒に逃げることをシオンに拒否される。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第四章 戦乱の嵐-後編- 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは第四章 戦乱の嵐-後編-の第六話『The Laws of Gods and Men/裁判』のネタばれになりますので注意してください。

金がなく軍隊が整えられないスタニスはダヴォスと共にブレーヴォスにやってきた。

アイアンバンクからお金を借りるためである。

長い間待たされようやく出てきた幹部たちに自分がウェスタロスの正当な王であるため金を貸してほしいとお願いした。

game-of-thrones-the-laws-of-gods-and-men

幹部は今の王座にいるのはトメンでありあなたではないと言われると、スタニスはトメンは近親相姦で生まれた落とし子であるため正当な王ではないと主張。

だが幹部たちはスタニス軍の船の数や船員などの数字を確認するとスタニスが勝つとは考えられないと言い、お金を貸してくれない。

これに対してダヴォスは七王国に貸した金を取り戻したければスタニスにつくしかない、タイウィン公は年寄りで死んだら誰を支持するのかと迫り、スタニスは正統な王で心身とも壮健で実際に借りを返すと言って、切られた指を見せつけた。

その後ダヴォスはサラドール・サーンに会いに行きアイアンバンクから借りた金を使って彼を雇った。

picture-212

一方、デナーリスはミーリーンの統治に精を出しており、民衆からの陳情を聞いていた。

その中にデナーリスのドラゴンに羊を全て殺されたというものがあり、寛大な措置を下す。

またヒズダール・ゾ・ロラクが磔にされた父親の遺体を“巫女の神殿”における埋葬をしたいと申し出る。

Dany

一度は拒否したデナーリスだったが、父は奴隷制には反対で子供たちを磔にするのにもただ一人反対したと言われ、埋葬を許す。

心身ともに疲れていたデナーリスだったがまだその日だけで212人が陳情に訪れていた。

そのころ、シオンの救出のためヤーラはドレッドフォード城へ到着していた。

ヤーラは一直線にシオンが入れられている檻へと向かった。

だがヤーラがシオンに話しかけてもシオンは誰かわからず、自分はシオンではなくリークだと言い一緒に行くのを拒否した。

Game-of-Thrones-Season-4-Episode-6-Theon

そこへラムジーが率いる兵がやってきて戦いとなり、数で劣るヤーラは劣勢を強いられる。

20140511-214807

ラムジーは追い打ちをかけるように猟犬を解き放つと、ヤーラは撤退していった。

そして仲間には弟は死んだと報告した。

その後ラムジーは一緒についていくことを拒否した褒美だと言いシオンを風呂に入れる。

そこでディープウッドモットを取り戻すためにリークではなくシオン・グレイジョイの役を演じろと命じる。

ところ変わって、キングスランディングではオべリンとメイス公を加えた新たなメンバーで小評議会が開かれていた。

best--game-of-throne

そこでハウンドが目撃されたとの報告と、デナーリスがミーリーンで統治を始めアンサーリード8000人とセカンドサンズ2000人、百戦錬磨のジョラー・モーモントとバリスタン・セルミーを相談役にし3頭のドラゴンを従えているとヴァリスが報告。

タイウィンはバリスタンがキングスガードをやっていればジョフリーが死ぬこともなかったと苦言を呈する。

またタイウィンはデナーリスに対して策を講じることを決定する。

会議終了後、ヴァリスの元へオべリンがやってきてライス出身かと聞いてくる。

オべリンはエッソスに5年間いた経歴があり、なんとなくわかるのだという。

Oberyn_and_Varys_throne_room

ヴァリスははっきりとは答えず、オべリンはなぜウェスタロスにやってきたのかと尋ねると理由は信頼する人にしか話せないと言われる。

更にオべリンが娼館のことを話しに出すと、ヴァリスは男にも女にも興味はなく何にも興味がないことで他のものを追い求められると言って玉座を見つめた。

その後、ジェイミーがティリオンの元へやってくる。

ティリオンは自分が釈放されるのだと思ったが、それは裁判の始まりを告げるためだった。

裁判ではマーリン・トラント、グランドメイスター・パイセルがサーセイの証人として呼ばれ、ほぼ嘘を並べられる。

更にパイセルの調べによりドントスの遺体のそばにあったサンサの首飾りからジョフリーから検出されたのと同じ毒が見つかったと報告が入る。

更にサーセイの証人としてヴァリスが呼ばれジョフリーを脅していたことなどが伝えられる。

game-of-thrones-the-laws-of-gods-and-men_article_story_large

ティリオンはヴァリスに「自分がいなければ戦に負けていた。それを忘れないと言ったのは本当か」と尋ねヴァリスは「忘れられるはずがない」と答える。

裁判はいったん休廷となったが、ジョフリーが不利なのは火を見るより明らかだった。

ジェイミーはタイウィンの元へ行き、ティリオンの命を救ってくれるなら自分はキングスガードをやめてキャスタリーロックを継ぎ、きちんと結婚して子供を育て一族のために尽くすと持ち出す。

それに対してタイウィンは有罪は確定で、その時に慈悲を乞えば壁におくりナイツウォッチにしてやることはできると言いジェイミーはこの条件を飲んだ。

裁判が再開される間際、ジェイミーはティリオンに有罪になったら慈悲をこえ、そうすれば壁送りになると話したが、ティリオンはそれでネッド・スタークはどうなったかと切り返す。

game-of-thrones-the-laws-of-gods-and-men_article_story_large_recap_season_4-episode_6_2

ジェイミーはティリオンに俺を信じろと言い役目に戻った。

するとサーセイが新たな証人を呼んだ。

それはなんと逃がしたはずのシェイだった。

シェイはティリオンがサンサと共謀し毒を王のワインに入れたと嘘を並べた。

GameOfThrones

更に自分がティリオンの娼婦だったことを明らかにする。

これ以上シェイの証言に耐えられないティリオンはこんな茶番劇はもういいと言い、罪を告白すると言いだす。

ティリオンは自分はジョフリー殺しの罪はなにも認めない、だがこの体に生まれてきたことが罪であると言い放った。

こんな奴ら守るべきではなかった、あの時スタニスに全員殺させておけばよかったと続けた。

game-of-thrones-the-laws-of-gods-and-men-4

そしてティリオンは自らの罪を裁くのに決闘裁判を要求する。

----------------------------------------------------------------------------------

ティリオンの裁判が始まりましたね~~。

ただ内容はホント茶番ですけど。

シェイも出てきてティリオンの怒りも最も。

決闘裁判では誰を選ぶのか??

ジェイミーだと思うんだけどねぇ~。

シオンは完全にラムジーのペットであるリークになっちゃいましたね。。

ひどいことをしたとはいえ哀れです。

スタニスが着々と戦の準備を進めていますね。

近々再び激突がありそうですがどうなることやら。

以上が第四章 戦乱の嵐-後編-の第六話『The Laws of Gods and Men/裁判』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.