海外ドラマ

海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ Season3」第一話『Flashpoint/フラッシュ・ポイント』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ Season3」第一話『Flashpoint/フラッシュ・ポイント』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season3 登場人物/キャスト

バリー・アレン/フラッシュ → グラント・ガスティン
アイリス・ウェスト → キャンディス・パットン
ハリソン・ウェルズ/リバース・フラッシュ → トム・キャヴァナー
ケイトリン・スノー → ダニエル・パナベイカー
シスコ・ラモン → カルロス・バルデス
ジョー・ウェスト → ジェシー・L・マーティン
ヘンリー・アレン/アース3のジェイ・ギャリック → ジョン・ウェズリー・シップ
ジュリアン・アルバート → トム・フェルトン
ウォーリー・ウェスト→ キーナン・ロンズデール
 

第一話/エピソード1のあらすじ

バリーは夢の生活をしている。両親が生きており、アイリス・ウェストをデートに誘った彼は、ついに普通の男としての人生を歩むことができる。キッドフラッシュという新たな俊足の男が、セントラル・シティの平和を守っているからだ。だが、大惨事が起きたとき、バリーは決断を下さなければならなくなる。今の世界でバリー・アレンとして生きていくのか、それとも元の世界に戻ってフラッシュとして生きていくのか。 (ワーナー海外ドラマ公式サイトより引用)

 

THE FLASH/フラッシュ Season3動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason3の第一話『Flashpoint/フラッシュ・ポイント』のネタばれになりますので注意してください。

過去に戻りリバースフラッシュの凶行を止めたバリーが現代に戻るとアイリスとは全くの他人になっていた。

バリーはもう一度関係を築くためにジッターズへいきアイリスに声をかけデートに誘うことに成功する。

ここでテレビからスピードスターが現れたというニュースが目に入りバリーはすぐに現場へ向かった。

そこには自分の知らない2人のスピードスターがおり争っていた。

自分以外の人間がスピードスターとなり街を守っていることを不思議に思うバリー。

仕事は相変わらず警察署での科学捜査班だったが、ジョーとの関係は大きく変わっており、ジョー自身も自堕落な生活を送っていた。

バリーが家に帰ると両親が出迎えてくれて、理想の生活を手に入れたバリーは幸せだった。

またバリーはとらえていたリバース・フラッシュことイオバードを檻の中に閉じ込めていたが自分は何もわかっていないといわれる。

後日、バリーがアイリスを誘って昼食に向かっていると突然記憶がなくなったような感覚に襲われる。

更に警察から先日も争っていたフラッシュともう一人のスピードスターであるライバルが戦ってるという情報をが入り、それを聞いたアイリスは一人で現場へ向かってしまう。

一人になったバリーはすぐに現場へ向かうがフラッシュが劣勢になっていた。

吹き飛ばされたフラッシュを助けようとするがうまくいかずフラッシュはビルから落下し気を失ってしまう。

バリーが隠された顔を見てみるとそれはアイリスの弟であるウォーリーだった。

気がついたウォーリーはなぜ自分を知っているのかと尋ね、バリーを自分のアジトへ連れ帰った。

そこにはアイリスの姿もあり2人は兄弟で協力して悪と戦っているのだという。

ウォーリーはライバルは自分より速いため今のままでは勝てないといい、シスコに協力してもらうしかないと口にする。

この時間軸ではシスコはシスコ・インダストリーという会社の社長となっており、正義の味方をするのをよく思っていなかった。

バリーは自分だけが知っている記憶をシスコに話し自分のことを信じさせるが、またもや記憶がなくなっていくような感覚に襲われる。

バリーはその感覚が何なのか確かめるためにリバースフラッシュの元へ行きなにが起こっているのかを聞き出した。

リバースフラッシュはかつての時間軸に今の時間軸が上書きされているのだと話し、それが終わると今の時間軸が固定されバリーは自分がフラッシュだったことすらも忘れてしまうと話す。

リバースフラッシュにその現象がまだ起こっていないことからスピードフォースを使うほど早く進行すると予想された。

リバースフラッシュはこのままではフラッシュという存在が消えてしまうため、お前は自分に母親を殺してほしいと頼むことになると口にした。

またリバースフラッシュは時間軸が変わるきっかけとなった点のことをフラッシュポイントと名付けた。

バリーは現状を打破するためにアイリスとウォーリーとシスコに自分がフラッシュであることを伝え、更にその場にいなかったケイトリンまで連れてきた。

ケイトリンは今の時間軸では眼科医として働いていた。

バリーはライバルを倒すために手を貸してほしいといい、今の時間軸が自分の過去を変えたために作られたものだと説明した。

にわかには信じられない話だったがアイリスは自分は今まで何かが足りないと思いながら生きてきたと話しその原因がようやくわかったとバリーに伝えた。

ここで再びライバルの目撃情報が入りバリーとキッドフラッシュことウォーリーは急いで現場へ向かった。

戦う前にライバルはマスクをとって自分の名前はエドワード・クラリスだと名乗り正々堂々とした戦いを望んだ。

バリーはライバルに勝つための作戦を立てていたが、ウォーリーは自分一人で倒せるといって単独で挑んでしまう。

最初は優勢だったウォーリーだったが一瞬のすきをつかれて棒で背中から貫かれてしまう。

ウォーリーを助けるためにバリーは一人でライバルに立ち向かっていくがバリーでも歯がたたない。

弱音を吐くバリーだったが通信でアイリスに励まされ本領を発揮し見事ライバルを倒すことに成功した。

ラボに戻ったバリーはこのままではだめだと感じ、アイリスを連れて両親に別れの挨拶へと向かった。

別れを済ませたバリーだったが記憶はどんどん消えていき体調も悪化していく。

バリーとアイリスはリバースフラッシュの元へ行き元の時間軸に戻したいと持ちかける。

リバースフラッシュは喜んで頼みを引き受け、バリーと共に母親が殺された時間軸へと戻り今度は確実に母親を殺して現代に戻ったのだった。

バリーが家に戻るとそこにはウォーリーとジョーがおり、バリーは思わずウォーリーにハグをしてしまう。

バリーはジョーにアイリスはどこかと尋ねるがその冗談は笑えないといわれ怒られてしまう。

戻ってきた時間軸ではジョーとアイリスが絶縁状態になっていたのだった。

----------------------------------------------------------------------------------

シーズン3の最初もシーズン2の時と一緒で前置きがほとんどなかったため一瞬混乱するような内容になっていましたね。

まあ前の話をよく覚えておけばきちんとわかるんですけど。

新しい時間軸ではウォーリーがスピードスターになっていたりライバルという別のスピードスターがいたり全く別の世界になっていましたね。

シスコは成金になっていてかなり笑えましたが。

ライバルと戦った時のバリーもへなちょこで笑えました。

結局時間軸を戻すことになりましたが、最後の感じからすると完全に同じ感じにはなっていないようですね。

だとするとかなり面倒なことになりそうですね。

シーズン3はこの違いを修正していくシーズンになりそうですね。

まあ悪い変化ばかりではなくいい変化もあると期待しましょう。

以上がSeason3の第一話『Flashpoint/フラッシュ・ポイント』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.