海外ドラマ「ARROW/アロー Season4」第二話『The Candidate/希望と勇気』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season4 登場人物/キャスト

オリバー・クイーン/アロー → スティーヴン・アメル
ダイナ・”ローレル”・ランス/ブラックキャナリー → ケイティ・キャシディ
テア・クイーン/スピーディ → ウィラ・ホランド
ウォルター・スティール → コリン・サーモン
ジョン・ディグル → デヴィッド・ラムゼイ
クエンティン・ランス警部 → ポール・ブラックソーン
フェリシティ・スモーク → エミリー・ベット・リカーズ
レイ・パーマー/ATOM → ブランドン・ラウス
ダミアン・ダーク → ニール・マクドノー

 

第二話/エピソード2のあらすじ

クイーン家と古い付き合いのあるジェシカ・ダンフォースが市長に立候補すると知り、オリバーとテアは彼女の身の安全を懸念する。最近の市長が3代とも殺害されているからだ。だがジェシカは、オリバーたちの反対をよそに、ついに立候補を宣言する。アローと〝スピーディ″ことテアは、ジェシカを守るために弓を射る。そんな中、テアにラザラス・ピットの効果が現れ始める。一方フェリシティは、経営に関する難題に直面しカーティス・ホルトに助けを求める。(公式サイトより引用)

 

ARROW/アロー Season4動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason4の第二話『The Candidate/希望と勇気』のネタばれになりますので注意してください。

スターシティではオリバーたちがゴーストの拠点をつぶしまわる日々が続いていた。

拠点は無事につぶせているものの、オリバーはテアが自制心を失いやり過ぎていることが気になっていた。

オリバーはそのことをテアに忠告するが、テアは一線は越えないといいまともに受け取ろうとしない。

その後、オリバーの家に母親であるモイラの親友だったダンフォース親子がやってくる。

母親であるジェシカは街に来たのはオリバーたちに会いに来たのと市長選に立候補するためだと説明した。

これまで3人連続で市長が殺されているためオリバーたちは危険だといい立候補を取りやめるよう説得するが、ジェシカの意志は固かった。

翌日、オリバーたちはジェシカを指示するために声明発表の場に参加していた。

だが懸念していた通り、ジェシカは声明を発表した後に銃撃されてしまう。

テアとオリバーは手分けしてジェシカの身を守ることに。

2階に言ったテアは狙撃犯を捕らえようとするが、自動で撃つようプログラムされた物が使われており無人だった。

オリバーは逃げたジェシカの元へ駆けつけると護衛にまぎれた男がジェシカを殺そうとしていた。

ギリギリで駆け付けたオリバーは護衛の男の後を追ったが逃げられてしまう。

そのころ、レイの後を継いだフェリシティは社長として会社に出勤するも、経営状況は悪くこのままでは破たんは免れない状況だった。

フェリシティはホルトという社員が作ったアルゴリズムを紹介され、それが人員削減の物であるといわれ使用を拒否するが、給料カットなどの策はすでにやりつくしたため会社を存続させるためには人員カットするしかないといわれてしまう。

その後フェリシティは社員を呼び首を宣告するが、社長が戻ってくれば状況が改善すると思っていたが間違いだったといわれショックを受ける。

一方、ジェシカを襲った犯人を見つけるためにオリバーは犯人の男が指紋をつけたトラックを丸ごと買い取り指紋を採取していた。

だが男の指紋はつぎはぎのような状態になっており、指紋から人物を特定することはできなかった。

ディグルたちが調べを進める中、ローレルはディグルの様子がおかしいことに気が付いており、チーム内に隠し事話だといい話を聞く。

ディグルは弟を殺したのもハイブという組織で、オリバーの話を聞いてゴーストこそがハイブであると確信していると話した。

弟のことは誰かに話したかと尋ねるとディグルは身内のことだから誰にも言っていないと答えた。

そのころ、ダークはジェシカを襲撃した男に会い失敗したことを追及していた。

男の名はマチンと言い、もう少し時間をくれれば必ず出馬を取り消させると言いダークもそれを信じることに。

犯人の調べを進めていたフェリシティは男の手からパーマーテクノロジーが特許をとっている特殊なセルロースが付着していることを突き止めた。

そのセルロースが製造されていたのは今は廃墟となっている子会社であることを突き止めたオリバーたちはすぐに現場へ向かった。

ホームレスがたむろしているその場所で聞き込みを行ったオリバーとテアは商売人の男なら知っているかもと言われその男に話しかける。

テアは写真を見せて男を知っているかと尋ねるが全く答えようとしない男にいらっとしてテアは男の手をひねりあげて折ってしまう。

アジトではフェリシティがつぎはぎの指紋から男を特定しロニー・マチンであることを突き止めていた。

フェリシティはマチンはイカれた裏の仕事人でバーティネリやトライアドの仕事も行っていたと説明した。

するとそこへオリバーとテアが帰ってきて、テアがやり過ぎていたことを責めるオリバー。

オリバーはテアが自分自身を制御できていないと言いテアを攻撃し始める。

その攻撃を受けてテアもだんだん本気になってしまい最後には我を忘れてオリバーに襲い掛かってしまう。

ディグルたちがテアを取り押さえようやくおさまったところで、オリバーはテアはラザラス・ピットの水の影響を受けていると話した。

オリバーは「お前がラーズに刺された時マルコムは俺の考えに反対した。”ラザラス・ピットに入れば別人になってしまう”と。黙ってたのは大丈夫だと思ったからだ。お前は以前と同じに見えたからだ」と釈明するも、テアは「そして街を去った!だからお兄ちゃんに私を責める権利はない!ほかの誰もね」と言いでていった。

ディグルはなぜ半年もたって今頃影響が出始めたのかと問うが、その理由はオリバーにもわからなかった。

その後、オリバーは警察署で保護されていたジェシカに会いに行く。

オリバーは市長選に立候補したのを取り消すべきだと進言するが、それではテロに屈したことになると言いジェシカは聞こうとしない。

オリバーはその場にいない娘のマディソンのことを聞いてみると、娘は図書館に行ったといわれる。

嫌な予感がしたオリバーはすぐに娘に電話をかけるようにいい、ジェシカも電話をかけるがマディソンはすでにさらわれた後だった。

ジェシカはすぐにテレビでマディソンを返してくれるように訴え、オリバーはランス警部に犯人はマチンというイカレた男であるため協力させてほしいと申し出る。

そのころ、ダークは再びマチンの元を訪れマディソンを誘拐したのはやり過ぎだといい、ハイブへの加入を認めなかった。

その後ダークの元へランス警部が現れ、今回のことは私の意志ではないと言いマディソンが捕らえられている場所を記した紙を渡した。

ダークはもう手をきるというランス警部にこれからも私に従ってもらうと告げる。

ランス警部はオリバーに電話し、これまでと違うところを証明しろと言いマディソンの場所を教えた。

チームアローはすぐにマディソンの救出に向かい、無事に保護することに成功する。

マディソンはけがをしていたためディグルとローレルは彼女を病院に連れていくことに。

どこかに隠れたマチンの捜索はテアとオリバーで行うことに。

オリバーはテアにやり方はわかっているなと確認し、テアも暴走しないことを誓う。

2人がマチンの捜索を行っているとテアが背後から襲撃され、スタンバットによって動けなくなってしまう。

オリバーはマチンに弓を射るがすべてはじかれてしまい近接戦となってしまう。

実力は拮抗していたもののオリバーもスタンバットにやられ動けなくなってしまう。

オリバーがとどめを刺されそうになったところでテアが復活しマチンをぼこぼこにした後スタンバットを奪い感電させようとする。

それを見たオリバーはテアを止めようとするが言葉は耳にはいらない。

マチンは吹き飛ばされた時に薬品などが体に付着してしまっており、テアがスタンバットを使用すると火が付いてしまう。

オリバーは急いで配管を破壊しマチンについた火を消化したがテアはもう少しで人を殺したという重大さを自覚することになる。

マディソンが戻ってきたことによりジェシカは市長選の立候補を取り消すことに。

オリバーは警察署でランス警部に今度は火あぶりかと言われ、結局お前は犯罪者だと言われてしまう。

また救急車で運ばれていたマチンは途中で脱走してしまう。

オリバーはローレルの元に身を寄せているテアを訪れ一緒に乗り越えようと励ました。

ローレルは一緒にスパに行くことを提案し、オリバーもローレルにテアを託す。

だがローレルの狙いは別にあり、原因を探るために2人でナンダ・パルバットに行こうと提案したのである。

驚くテアはなぜオリバーに秘密なのかと問うと、ローレルは別の目的もあるからだと話す。

その後ローレルとテアはサラの墓へ行き彼女の墓を掘り返したのだった。

家に戻ったオリバーはフェリシティにこの街には希望となる光が必要だと言い、自ら市長に立候補すると宣言する。

ところ変わって人員削減をすすめるフェリシティは今の方法に疑問を持ったため人員削減を取りやめ別の方法を模索する。

フェリシティは取締役員会でホルトが作った新たなプログラムが革命をもたらすと話し、皆に嘘をつき期間の猶予を作ることに成功する。

ここから随所に出てくるオリバーの過去の回想
—————————————————————————————————–
島の兵士に見つかったオリバーは敵のすきをついて仕留めることに成功する。

オリバーは島に上陸したことを通信機で連絡するが、何の情報もなしに潜入しろと言われる。

どこにと聞き返すオリバーだったがいけば分かるといわれ、信用を得ろと言われてしまう。

島を調べていると何やら植物を栽培しているところを発見したオリバー。

殺した兵士の死体を地雷に当てることで自分の存在に気が付かせたオリバーは作戦通り敵の懐に潜り込むことに成功する。

敵の親玉もオリバーのことは知っており、オリバーは遭難してから3年間この島で生き延びてきたと説明した。

敵の親玉は兵を一人失ってしまったためオリバーを雇いたいといい潜入することに成功した。

オリバーは兵士の格好に着替え働く人間に容赦ない言葉を浴びせるのだった。
—————————————————————————————————–

ローレルがサラの墓を暴いて死体をナンダ・パルバットに持っていこうとしているってことはサラを生き返らせようとしているってことですよね。

あんな半ミイラ状態になったサラでも復活するんですかね?

テアの症状も治ればいいんですけどね。

オリバーは市長に立候補するって言ってましたけどどうなることやら。

まあオリバーなら殺される心配はないでしょうけどね。

フェリシティは革命を起こすほどのすごいプロジェクトがあると偽ってできなかったらどうするんでしょうね?

レイは死んだことになっていますけど、まああの爆発なら死んでても不思議ではないですね。

そのうち出てくるような気もしますけど。

以上がSeason4の第二話『The Candidate/希望と勇気』のあらすじと感想のレビューでした。