海外ドラマ

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド Season2」第十話『SURVIVAL OF THE FITTEST/課せられた試練』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド Season2」第十話『SURVIVAL OF THE FITTEST/課せられた試練』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season2 登場人物/キャスト

クラーク → イライザ・テイラー
フィン → トーマス・マクドネル
ベラミー → ボブ・モーリー
オクタヴィア → マリー・アヴゲロプロス
ジャスパー → デヴォン・ボスティック
モンティ → クリストファー・ラーキン
マーフィー → リチャード・ハーモン
アビー → ペイジ・ターコー
ケイン → ヘンリー・イアン・キュージック
ジャハ議長 → イザイア・ワシントン
レイヴン → リンゼイ・モーガン

 

第十話/エピソード10のあらすじ

クラークとレクサの前に新たな敵が現れ、命を脅かす。ベラミーは、リンカーンの協力を仰いでマウント・ウェザーに潜入しようとする。一方マーフィーは、ジャハが自分の過去と向き合うために手助けをする。そんな中、オクタヴィアは、インドラから断れないような申し出を受けていた。 (公式サイトより引用)

 

The 100/ハンドレッド Season2動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason2の第十話『SURVIVAL OF THE FITTEST/課せられた試練』のネタばれになりますので注意してください。

マウント・ウェザーを目指すベラミーとリンカーン。

ベラミーは地下道への入り口を見つけるがリンカーンがリーパーと遭遇しないためにギリギリまで地上を行くと言いそのまま歩を進めた。

そのころクラークはレクサ達と共にマウント・ウェザーを攻める作戦を立てていた。

グラウンダーは数にものを言わせて攻め込めばいいと提案してくるがクラークはそれでは全滅するだけだと反対した。

クラークに対するグラウンダーの反発は大きく、なかなか話はうまく進まない。

クラークはいったん頭を冷やすために外へ出た。

だがそこへクラークのことをよく思わないグラウンダーが攻撃を仕掛けてくる。

逃げるクラークは途中で衛兵のバーンに出会うが、なんとバーンは腕をちぎられ殺されてしまったのである。

追いつめられるクラークだったがそこへレクサがきて助けてくれる。

クラークはバーンを殺したのもグラウンダーだと思っていたが、そこへ獣の雄たけびが聞こえてくる。

lexa-leads-the-way-the-100-s2e10

レクサはその鳴き声をパウナだと言い、罪を犯したグラウンダーを生贄にささげて急いで逃げた。

パウナの正体は野生化したゴリラであり、すさまじい強さを見せた。

動物園の後に逃げ込んだクラークたちだったが、レクサの護衛のグラウンダーはパウナに殺されてしまう。

クラークは銃で応戦するも効き目は薄かった。

Screen-Shot-2015-01-29-at-12.00.15-PM

檻の中に逃げたクラークとレクサだったが、レクサは途中で足をつかまれ殺されそうになる。

レクサは一人でクラークに逃げるよう言ったがクラークはレクサを見捨てなかった。

レクサは腕に傷を負ったがなんとか檻の中に逃げることに成功する。

一方、グラウンダーと和平を結んだことでケインはステーションにグラウンダーを招き合同でトレーニングをさせていた。

the-100-season-2-episode-10

グラウンダーを見たジャハはケインに正気とは思えないと和平を否定するような発言をするが、ケインは必ずグラウンダーともわかりあえると信じて疑わなかった。

合同訓練が始まる前にグラウンダーはフィンと一緒に村を襲ったマーフィーを見つけ因縁をふっかけていた。

グラウンダーとマーフィーは争いになるが、ケインがこれを制止しマーフィーには清掃の罰が言い渡される。

訓練が始まるとグラウンダーはインドラの指示の元ギリギリまで自分たちを追いこむ戦いを始めた。

それを見たオクタヴィアは自分も参加させてくれと言ったが拒否されてしまう。

ケインは衛兵が射撃の練習をしている場へ行き指導するとそこへグラウンダーがやってくる。

ケインは銃を撃ってみるかと誘うが、もう少しのところでインドラに止められてしまう。

一人ほうきをもって清掃を行っているマーフィーだったがそこへジャハがやってくる。

ジャハは清掃を免除してやるといい、自分をウェルズの墓へ案内するようマーフィーに頼んだ。

マーフィーは仕方なく旧キャンプのすぐ近くにある墓まで案内することに。

檻に逃げ込んだクラークたちだったが、パウナが再び襲ってくるのは時間の問題だった。

だがクラークは逆にパウナを檻の中に閉じ込める作戦を思いつく。

クラークとレクサは協力してパウナを檻に閉じ込めることに成功する。

見事脱出できたレクサはクラークのことを勘違いしていたと言い、クラークはすでに強い心を持っていると訂正した。

またここでクラークはマウント・ウェザーを攻める作戦として、潜入したベラミーがマウント・ウェザーにある檻の中にいるグラウンダーを解放すればいいとレクサに話す。

ステーションではインドラが十分に食料がないことをきいて、部下を引き連れて狩りに行こうとする。

するとそこへ再びオクタヴィアがやってきて相手をしろと言いだす。

インドラは仕方なく部下に相手をしてやれと指示。

案の定戦いはオクタヴィアの惨敗で終わる。

vlcsnap-00362

だがインドラは決してあきらめようとしないオクタヴィアを見直していた。

傷の手当てをするオクタヴィアの元へインドラがやってきて、その気があれば弟子にしてやると言ってくる。

オクタヴィアはこの申し出を受けインドラの弟子になることに。

インドラは狩りでとってきた肉をケイン達にも振る舞い、お互い緊張感はありながらもだんだん打ち解けてきていた。

ケインはグラウンダーとの架け橋になりえるオクタヴィアによろしく頼むと伝えた。

旧キャンプではジャハとマーフィーがそのまま宇宙船で夜を過ごしていた。

マーフィーはウェルズが殺された時のことをジャハに教えてあげた。

翌朝、キャンプにはシンクレアを始め多くの人間がやってきた。

ジャハはステーションを捨てて光の町を探すというのである。

止めるマーフィーだったがジャハはマーフィーにも一緒に行かないかと誘ってくる。

The-100-2x10-Survival-of-the-Fittest-Promotional-Photos-the-100-tv-show-38063173-595-397

ステーションにいても肩身の狭いマーフィーはジャハ達と一緒に光の町を目指すことに。

一方、マウント・ウェザーを目指すベラミーとリンカーンはようやく地下道に潜入することに。

この時、リーパーと遭遇しても怪しまれないようにリンカーンはベラミーを拘束し連行しているように見せかけることに。

もしリーパーと遭遇しても隙をついてリンカーンが敵を殺すという作戦で行くことに。

リンカーンの作戦通り、リーパーと遭遇しても襲われることはなかったが、数が多すぎたため戦うことができずベラミーはより厳重な拘束をされることに。

ベラミーは拘束されたままマウンテンマンの元へ連れて行かれてしまう。

リンカーンはベラミーが潜入できるよう、その場にいる敵を皆殺しにするという作戦だったが、リーパーが投与されるレッドという麻薬を目にしたリンカーンは薬の誘惑に負けて、そのままレッドを受け入れてしまう。

SotF_lincoln_red

それを歯がゆい思いで見つめるベラミー。

ベラミーはマウンテンマンに採取と言われそのまま中に連れて行かれてしまうのだった。

----------------------------------------------------------------------------------

リンカーンやっちゃいましたね。

麻薬による依存性はここでも発揮されることになるんですね。

捕まってしまったベラミーはどうなることやら。

ベラミーの潜入を頼みにしているクラークたちの作戦もいきなり失敗ですね。

オクタヴィアはインドラに弟子入りしたってことはこれからグラウンダーとして動いていくっていうことになるんですかね。

ジャハとマーフィーという意外な組み合わせは果たして光の町にたどり着けるのか見者ですね。

以上がSeason2の第十話『SURVIVAL OF THE FITTEST/課せられた試練』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.