海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ Season2」第十六話『Trajectory/スピードの果てに』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season2 登場人物/キャスト

バリー・アレン/フラッシュ → グラント・ガスティン
アイリス・ウェスト → キャンディス・パットン
ハリソン・ウェルズ/リバース・フラッシュ → トム・キャヴァナー
ケイトリン・スノー → ダニエル・パナベイカー
シスコ・ラモン → カルロス・バルデス
ジョー・ウェスト → ジェシー・L・マーティン
エディ・ソーン → リック・コスネット
ヘンリー・アレン → ジョン・ウェズリー・シップ
ジェイ・ギャリック → テディ・シアーズ
ロニー・レイモンド/ファイアーストーム → ロビー・アメル
マーティン・シュタイン教授/ファイアーストーム → ヴィクター・ガーバー

 

第十六話/エピソード16のあらすじ

ある夜、バリーたちは気分転換のために出掛けるが、悪事を働く俊足の人物に遭遇する。街の人々はその人物をフラッシュだと誤解する。その速さからヴェロシティ・ナインを使っていることに気づいたバリーたちに、あることがひらめく。一方アイリスは、新たな上司から課題を突きつけられる。そして、2人の間に漂っていた険悪なムードが一転、甘いムードになったことに驚く。(ワーナー海外ドラマ公式サイトより引用)

 

THE FLASH/フラッシュ Season2動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason2の第十六話『Trajectory/スピードの果てに』のネタばれになりますので注意してください。

バリーはズームに対抗できるスピードを得るために休みなく訓練していた。

バリーはシスコとケイトリン、ハリーに協力してもらい崖をジャンプして重力から抜け出すという訓練を行おうとしていたが現在のバリーではそのスピードまで達していなかった。

それでもバリーは決死の覚悟で崖を飛び越えようとするが案の定落下してしまい、シスコが用意していたドローンに助けられる。

バリーたちがスターラボに戻るとジェシーが出迎えてくれたのだが、ここでシスコが椅子に座ると突然バイブの能力が発動しズームが見える。

ただシスコはなぜズームが見えるのかがわからずこのことはだれにも話さなかった。

ケイトリンとシスコは治訓練を続けようとするバリーに休息が必要だと言い皆でクラブへ行くことに。

ジェシーもハリーにお願いしてハリーがいつもつけている腕時計のようなものをつけることを条件に参加を許される。

クラブにやってくると店のチョイスが若干悪いという話になったがそんなことは気にせず楽しむことに。

少しするとアイリスとウォリーもやってきてシスコとケイトリンは一緒に踊って大はしゃぎ。

ウォリーに照れたジェシーは何度もバリーに反応するメタ・ヒューマン対策アプリをシャットダウンするためにトイレに。

ジェシーが時計をいじっているとハリーがジェシーを助ける前に吹き込んだメッセージが再生されてしまい、ジェシーはハリーが自分のために手を汚していたことを知る。

するとここで思いもかけない事態が発生する。

なんとバリーとは違うスピードスターが現れクラブにいた客から財布などを盗んでいったのである。

バリーは急いでフラッシュのコスチュームを身にまとい後を追ったが、相手は女であることしかわからずしかもバリーより速かったため逃げられてしまう。

スターラボに戻るとバリーは女スピードスターの特徴を皆に伝え探し出すことに。

ケイトリンはヴェロシティ9を作った時にマーキュリーラボのイライザ・ハーモンに協力してもらったことを思い出しもしかしたら彼女が独自にヴェロシティ9を作りだしたのかもしれないと考えた。

ケイトリンはすぐにマーキュリーラボへ向かいジョーも同行することに。

ジェシーはハリーにメッセージで言っていたことは本当なのかと問い詰め、ハリーは娘を助けるためなら何でもやると伝えた。

マーキュリーラボに到着したケイトリン達はイライザから話を聞くが特別怪しい点はないように思えた。

スターラボにいるバリーはズームとの戦いに苦戦している中どうしてヴェロシティ9のことを秘密にしていたのかと問い詰め、ケイトリン達から副作用があるためだと言われるがそれでも納得がいかない。

その日の夜、イライザは研究に追われもっとスピードがあればと愚痴をこぼしていた。

すると自分の中の別の人格と話をし始め、それこそがバリーたちが探していた女スピードスターだったのである。

イライザは自分で作ったヴェロシティ9が残り1つになっていたためそれを手に入れるためにスターラボへ向かった。

スターラボではバリーがヴェロシティ9を持ち出しており、ハリーが不正をして力をつけても何の意味もないと諭していた。

するととそこへイライザがやってきてバリーをパイプラインに閉じ込めてしまいジェシーを人質にとってヴェロシティ9をよこせと言ってきたのである。

イライザは自らのことをトラジェクトリーと名乗っていた。

ヴェロシティ9は使い切ってもうないというとトラジェクトリーはジェシーを撃とうとしたためハリーは今から作ってやると言いすぐに薬を用意することに。

薬が出来上がるとトラジェクトリーは鎮静剤がはいっていないかジェシーに試し打ちをしてしまい、はいっていないことを確認すると逃げていった。

ヴェロシティ9をうたれたジェシーはショック状態に陥ってしまい、薬を流すためにすぐに輸血が必要だった。

血液型はアース1とアース2では呼び方が違ったのだが幸いにもハリーが一緒に血液型だったためすぐに輸血を行った。

パイプラインから出してもらったバリーはすぐにトラジェクトリーの後を追ったのだがやはり相手の方が早く逃げられてしまう。

ジェシーは輸血によりなんとか一命を取り留めるも、父親が自分のために悪者に薬を渡したことにショックを受けていた。

ジェシーは自分のために他の人間が傷つくのが我慢できなかったのである。

スピードで圧倒されてしまったバリーだったがヴェロシティ9を打たれて死にかけたジェシーの姿を見て薬を打つのを自分の意思でやめたのだった。

一方、アイリスは新しい編集長にフラッシュが悪の道に走ったという記事を書けと言われていたが、犯人がフラッシュでないことを知っていたアイリスは反対していた。

だがどうにも編集長は納得してくれないためアイリスは編集長をコーヒーに誘いそこで説得することに。

しかし編集長はアイリスに誘われたのがデートであると勘違いしている様子で、そんなつもりがなかったアイリスは動揺し何も言えなくなってしまい、勘違いしていた編集長は帰ってしまう。

ケイトリンはヴェロシティ9に追跡できるような細工をしており、トラジェクトリーの居場所はすぐに特定することができた。

すると何やら橋で往復しているトラジェクトリーが見つかり、それを見たバリーは橋を壊す気だとすぐに気が付き現場へ向かった。

バリーはなんとか橋の上にいた人たちを助け出すが橋は崩壊してしまう。

更にトラジェクトリーは破壊された橋で分断されてしまい手が出せない。

バリーは最初に行った崖を飛ぶ訓練を思い出し、ハリーは1秒間マッハ3.3に到達することができれば重力から抜け出せるとアドバイス。

バリーは覚悟を決め破壊された橋をジャンプし、今度は見事成功しトラジェクトリーを追い詰めることができたのである。

だがトラジェクトリーはヴェロシティ9を取り出し更に自分に投与しようとしてしまう。

バリーはヴェロシティ9には副作用があり死ぬ可能性があると言ってトラジェクトリーを止めようとするが結局トラジェクトリーは薬を打ってしまう。

これにより超人的なスピードを得たトラジェクトリーだったが稲妻がオレンジから青に変化し、自分のスピードに耐え切れず塵となってしまったのだった。

スターラボに戻ったバリーはヴェロシティ9を打って稲妻が青く変化したことに引っかかっていた。

その稲妻はズームの物と同じで、青くなったのはヴェロシティ9の副作用であると考えたのである。

ハリーはズームはヴェロシティ9の副作用で死にかけており、だからフラッシュのスピードフォースが必要だったのだと口にする。

つまりズームの正体はヴェロシティ9を打っていたジェイであると考えられた。

その結論に達したところでシスコが最近ジェイのかぶっていたヘルメットの近くに行くとバイブが発動しズームの姿見えると告白した。

バリーはジェイのヘルメットをケースをたたき割って取り出しシスコに渡すとズームの力が発動した。

するとズームがマスクをとるヴィジョンが見え、その顔はまぎれもなくジェイだったのである。

一方、ジェシーはハリーにメッセージを残しスターラボから姿を消してしまっていた。

またアイリスは編集長に先日のことを謝り、またあの時はびっくりしただけでよく考えたらそこまで悪くないかも・・・と話したのだった。

———————————————————————————-

やっぱりジェイがズームって言う結論なんですかね?

一人二役ってことになりますけど、確かにこれまでズームとジェイが一緒にいたシーンってなかったような・・・。

しかもジェイの細胞が回復したのってバリーからスピードフォースを吸収した後だったような・・・。

そう考えるとかなりつじつまがあってきちゃいますけど、ジェイの死体をズームが抱えていたのは何だったんですかね?

まだ何か裏があるような・・・、って言うかあってほしい。

最近かなりいい感じに面白くなってきているのでこの先の展開も非常に楽しみですね。

以上がSeason2の第十六話『Trajectory/スピードの果てに』のあらすじと感想のレビューでした。