海外ドラマ

海外ドラマ「ARROW/アロー Season2」第二十二話『Streets of Fire/破滅への序曲』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「ARROW/アロー Season2」第二十二話『Streets of Fire/破滅への序曲』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season2 登場人物/キャスト

オリバー・クイーン/アロー → スティーヴン・アメル
ダイナ・"ローレル"・ランス → ケイティ・キャシディ
テア・クイーン → ウィラ・ホランド
モイラ・クイーン → スザンナ・トンプソン
ウォルター・スティール → コリン・サーモン
ジョン・ディグル → デヴィッド・ラムゼイ
クエンティン・ランス刑事 → ポール・ブラックソーン
フェリシティ・スモーク → エミリー・ベット・リカーズ
ロイ・ハーパー → コルトン・ヘインズ
スレイド・ウィルソン → マヌー・ベネット
シャドー → セリナ・ジェイド
イザベラ・ロチェフ → サマー・グロー
サラ・ランス/ブラックキャナリー → ケイティ・ロッツ

 

第二十二話/エピソード22のあらすじ

スレイドたちにスターリング・シティを攻撃され、オリバーはチームメンバーをただちに召集するが、街は戦場のような火の海と化し、壊滅状態になってしまう。一方フェリシティは、S.T.A.R.ラボから連絡をもらい、大きな衝撃を受ける。それは、“ミラクル”にまつわる重大な情報を含み、すべてにおいて形勢が一気に大逆転する可能性を秘めていたからだ。そんな中、テアはついに実の父親、マルコム・マーリンと正面から向き合うことになる。 (公式サイトより引用)

 

ARROW/アロー Season2動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason2の第二十二話『Streets of Fire/破滅への序曲』のネタばれになりますので注意してください。

テアのいる駅でミラクルを投与された兵が暴れまわっていた。

xXEsEu2G.640x360.0

魔の手はテアの元にも届こうとしていた。

だがギリギリのところでマスクをかぶった男が駆け付ける。

その男はテアの実の父親のマルコム・マーリンだった。

Arrow_2_22_2

そのころ、イザベルと対峙したディグル。

ミラクルを投与されたイザベルは強敵でディグルの手には負えなかった。

そこへフェリシティが駆け付けイザベルを車でひいた。

felicity-renverse-rochev-pour-sauver-diggle

フェリシティはディグルを連れていったん退却した。

一方のオリバーは爆発の余波で生き埋めになり、ローレルは一人がれきに閉じ込められていた。

オリバーはローレルに自分の弓を使って瓦礫を爆破するよう指示。

恐る恐る弓を使ったローレルだったがうまく脱出することに成功する。

laurel-streets-of-fire-arrow

オリバーはすぐにディグルたちと合流した。

ここでフェリシティから中和薬が完成した知らせを受けたオリバーは、ローレルに警察署のランス巡査の元へ向かうよう指示し、中和薬を取りに向かった。

一人警察署へ向かうローレルは途中でマスクの男に遭遇してしまいピンチに陥る。

だがブラック・キャナリーに扮したサラがローレルを救出する。

ローレルは誰に聞いたわけではなかったがブラック・キャナリーがサラであることを把握していた。

Arrow-season-2-episode-22-recap-Laurel-Sara

正体がばれたサラはローレルに自分はヒーローなどではないと言ったが、ローレルはそれなら”カナリア”なんてきれいな異名が付くはずないとサラを励ました。

サラとローレルは二人で警察署を目指すが、途中で燃え盛る家の中に娘が残っていると泣いている母親を発見。

サラはすぐにその女の子を救出に向かった。

女の子を救ったサラは周りの人にヒーローだったと称えられる。

promo

そのころ、中和薬を受け取りに向かったオリバーたちだったが敵の方が早く到着してしまい中和薬を奪われてしまう。

手の打ちようがなくなったオリバーたちはひとまずサラのアジトに集まりロイをアジトからうつしてきた。

途方に暮れるオリバーだったがフェリシティはなんとかなるとオリバーを励ます。

ここで意外にもブラッドから連絡が入る。

ブラッドはスレイドから街の人間を皆殺しにするという話をつきつけられ、それでは約束と違うとスレイドと仲たがいしてしまう。

そのためブラッドは無断で中和薬を持ち出し、オリバーに渡そうと考えたのである。

jpeg

中和薬は無事にオリバーに渡ったが、そのことがばれてブラッドはイザベルに殺されてしまう。

Arrow_2_22_6

中和薬を受け取ったのはいいが、本当に効くのかテストする必要があった。

オリバーはロイに注射しようとするが、実験台にするのにわずかながら躊躇があった。

ちょうどこの時、ランス巡査から連絡が入りテレビを見てみろと言われる。

テレビでは軍隊がスターリングシティの出入り口を固めているのが報道されていた。

ただ軍隊が投入されるには時間が早すぎた。

陸軍ではないとわかったオリバーはアマンダに連絡した。

その軍隊はA.R.G.U.S.のもので、アマンダは事態が手に負えなくなる前に無人爆撃機で街を破壊するとオリバーに言った。

オリバーは中和薬があるから待つよう頼んだが、アマンダはそんなものでスレイドを止められると思っていなかった。

時間がないオリバーはロイに中和薬を投与し効果があるのかを確かめることに。

一方、マルコムに助けられたテアはモイラが死んだ連絡を受けてテアが心配になり戻ってきたと語った。

マルコムはテアに自分とくるよう説得したがテアは聞き入れない。

そうこうしているとマスクの男が再び襲ってくる。

ARROW

満身創痍ながらもマルコムはマスクの男を撃退。

だがこの隙にテアは落ちていた銃を拾ってマルコムに向けた。

マルコムが撃てるものなら撃ってみろというと、テアは銃の引き金を引いた。

vlcsnap-2014-05-08-14h24m20s9

ここから随所に出てくるオリバーの過去の回想
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
ミサイルで岩を粉砕し潜水艦を動かせるようになったオリバーたち。

だが船から下ろしたサラに連絡しても「オリバー!」という言葉を最後に通信できなくなってしまう。

サラはスレイド達に連れ去られてしまったのである。

オリバーはクニャゼフに1時間で戻らなければ魚雷で貨物船を撃墜しろといい一人で貨物船に乗り込んでいった。

Arrow222-0404

貨物船の牢屋にはサラがつかまっており、オリバーはすぐにサラを助け出した。

オリバーは一人で潜水艦に戻るようサラに言ったが、もう一人は嫌だとオリバーについてくる。

オリバーはアイボの金庫に入っているという中和薬を取りに行ったのである。

だがアイボの部屋の金庫はすでにあけられた後だった。

そして目の前にスレイド達が立ちはだかる。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

以上がSeason2の第二十二話『Streets of Fire/破滅への序曲』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.