海外ドラマ「The 100/ハンドレッド Season4」第四話『A Lie Guarded/醜い言い訳』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season4 登場人物/キャスト

クラーク → イライザ・テイラー
ベラミー → ボブ・モーリー
オクタヴィア → マリー・アヴゲロプロス
ジャスパー → デヴォン・ボスティック
モンティ → クリストファー・ラーキン
マーフィー → リチャード・ハーモン
アビー → ペイジ・ターコー
ケイン → ヘンリー・イアン・キュージック
ジャハ → イザイア・ワシントン
レイヴン → リンゼイ・モーガン
ロアン → ザック・マクゴーワン

 

第四話/エピソード4のあらすじ

アビーは、答えは見つかるだろうという期待を胸にチームを遠い場所へと導いていく。その間にも、アルカディアとポリスでは指導者の座と信任をめぐる権力争いが続き、事態は暴力的な局面に入っていた。(公式サイトより引用)

 

The 100/ハンドレッド Season4動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason4の第四話『A Lie Guarded/醜い言い訳』のネタばれになりますので注意してください。

アビーやレイヴンは闇の血が放射線から身を守る方法だと知り、ベッカが行っていた研究から自分たちが生き残るヒントがあるのではと考える。

アビーは無線でそのことをケインに報告しレイヴンやマーフィー、ナイコ、ルナらを連れてベッカの研究施設がある場所へと向かった。

アルカディアではアルファ・ステーションの修理を食料の確保に大忙しになっていた。

ただクラークは食料の確保に行ったベラミー達の帰りが遅いことに不安を抱いていた。

一方、ケインはオクタヴィアを呼び出し大使やガイヤの身代わりを殺したことはやり過ぎだと話しオクタヴィアに自制するように促す。

だがオクタヴィアは復讐と正義が同じものだと考えておりケインには制御することができない。

そこでケインはオクタヴィアを警備から外すことに。

ロアンから呼び出されたケインはプライム・ファイヤへの対策を聞かれまだ模索中だと答えると、食料を取りに行っていたベラミーともう一人が人質にされて連れてこられた。

ロアンはケインから詳しい進捗状況を聞き出し人質から聞いた話が本当であることを確かめるが、フレームも失いもうタイムリミットであるといい連合を破棄するといってきたのである。

これにより氷の民は空の民と森の民を攻撃対象とし、ケインとベラミーは人質として牢に入れられる。

更にロアンは自分たちが生き残るためにアルファ・ステーションに部隊を差し向けたことを明かした。

オクタヴィアは警備の任を外されたことをインドラに報告に来たが、そこで見たのは無残に殺された森の民の姿だった。

幸いそこにはインドラの姿はなかったが息のあった一人から氷の民との戦争が始まったことを聞かされる。

インドラはこのことを森の民に報告しに行ったと聞かされるが、更にロアンはアルファ・ステーションも狙っていると教えられる。

オクタヴィアは愛馬ヘリオスにまたがりステーションへと急いだ。

そのころ、アルファ・ステーションに雨が降り、黒い雨対策としてクラークは急いで住民を中に避難させた。

だがジャスパーだけはたらたらと歩き雨をもろに浴びてしまう。

幸いにもその雨は黒い雨ではなかったのだが、一同は今の状況では笑えないとジャスパーを非難した。

その後ジャスパーはモンティを誘ってクラークには笑いが足りないといってあるいたずらを仕掛けようとする。

議長室に忍び込んだジャスパーとモンティは配管から泡が出るような仕掛けを作りクラークを驚かせようとするが、ここでジャスパーが100人のリストを見つけてしまう。

これによりジャスパーはアルファ・ステーションを修理しても100人しか生き残れないと知り、更にクラークが命に価値をつけていることを知る。

そのリストの中にはモンティの名前もなかった。

そこへクラークが現れ泡の仕掛けを喰らってしまうのだが、リストを見つけたジャスパーはそれどころではなかった。

ジャスパーはクラークが秘密にしていたことに怒り、皆に教えるべきだと主張するがクラークは反対する。

するとジャスパーはマイクをとって自分で放送しようとするがクラークは警備員のスタン棒を使ってジャスパーを気絶させてしまう。

その様子をモンティは困惑した表情で見ていた。

クラークの指示によりジャスパーは一旦牢に入れられることに。

その後クラークは合間を見てモンティと話し合いを行った。

モンティは自分がリストに入っていないことに起こっているのではなく、クラークが平気でジャスパーを攻撃して牢に入れたことに驚いていると話した。

昔のクラークならそんなことは絶対にしなかったといい、ジャスパーの言う通り皆に真実を話すべきだと主張した。

クラークは今真実を伝えれば暴動が起きてしまうといい反対するが、モンティは拡声器を使ってクラークが作ったリストを読みあげてしまったのである。

これにより住民たちは100人しか生き残れない事実を知り、更にリストに入っていない者たちの不満が爆発した。

クラークはリストに入っていない者たちにその理由を一つ一つ話すが到底納得できる者はいない。

更に話はベラミーとクラークがリストに入っていることに及び、騒ぎに気がついたジャハがクラークをかばうように彼女がリストに入っているのは当然だと話す。

それでも皆の不満は収まらずジャハはそれならばリストは破棄してくじ引きにしようと提案したのである。

自分の名前が書かれたくじを作りそれを公平に引くが、名前をかけるのはしっかりと仕事をしたものだけだと言い、皆もそれに納得した。

クラークはジャハにどういうつもりなのかと問いただし、ジャハはただクラークを救いたいだけだと話した。

実際話はうまくまとまり、皆が積極的に自分から仕事をし始めたのである。

その後クラークは牢にいるジャスパーに謝罪し、ジャスパーはクラークにもっと楽に生きるべきだとアドバイスするのだった。

一方、島に到着したアビー達は研究所を探し始めるが、すぐにドローンの攻撃に合ってしまう。

これによりルナをかばったナイコが命を落としてしまい、ルナは行方不明となってしまう。

アビー達は手分けしてルナを探し始めるが、エモリはその島について何か知っているようでマーフィーにここにはドローンよりも恐ろしいものが出るといって引き返そうと話すがマーフィーは聞き入れない。

足を痛めているレイヴンはドローンから逃げきれないため一人で待機していたのだが、撃ち落とした一機のドローンの通信機能が生きていることに気が付く。

レイヴンはそのドローンをハッキングすることで残りのドローンを無力化できると考えるが、足のせいでドローンのところまでいけない。

するとここでルナが一人で船の方に戻っていることに気が付き、更にドローンが狙っていることを警告するが、途中でドローンはルナを追うのをやめてしまう。

どうやらドローンの行動範囲は境界線の中だけのようだ。

レイヴンは足を引きずりながらルナのところまでたどり着き、一人で戻ろうとしているルナを説得しようとする。

ルナは自分は人質で利用しようとしているだけだろうと反発し、空の民に生き残る価値はあるのかと問うとレイヴンは空の民にもいい人間はいっぱいいると言いチャンスを与えてほしいと話した。

これによりルナも進んで協力してくれることになり、レイヴンの作戦で撃ち落としたドローンをルナが持ってくることに。

なんとか無事にドローンを回収できたレイヴンはすぐにハッキングを開始した。

そのころ、別の場所ではジャクソンが負傷しドローンに追い詰められていた。

アビーは自分が囮になってドローンをおびき寄せマーフィーに撃退してもらおうとしていたが、マーフィーの銃はすでに球切れだった。

死を覚悟するアビーだったがここで突然ドローンが停止した。

レイヴンのハッキングが間に合ったのである。

こうしてなんとか危険を回避したアビー達はついにベッカの研究所を発見する。

その研究所にはすさまじいテクノロジーの機材が揃っていた。

そのころ、仲間の機器を知らせるためにヘリオスで駆けるオクタヴィアだったがそこへエコーが立ちふさがる。

オクタヴィアは崖に追い詰められてしまいエコーたちと交戦を開始する。

だが次第に劣勢となっていき、ついにエコーの刃がオクタヴィアを貫いてしまった。

そしてオクタヴィアはそのまま崖下の川へと転落してしまったのである。

エコーはこのことをロアンに報告し、ロアンは侵略を開始するためにアルファ・ステーションへと進軍を開始した。

人質となっているベラミーはオクタヴィアが戻れば準備を整えて返り討ちにあうと警告するが、ロアンはオクタヴィアが死んだことをベラミー達に話した。

そのことを聞いたベラミーとケインは動揺を隠せなかった。

だが死んだと思われたオクタヴィアは下流へと流れつきそこへヘリオスがやってきてオクタヴィアは目を覚ます。

オクタヴィアはなんとかヘリオスにまたがり仲間の元へと歩を進めるのだった。

———————————————————————————-

最近いらいらさせられることの多いジャスパーですけど、最後のセリフだけはちょっと良かったですね。

クラークもリストに入っていない人間に責められていましたけどジャハがうまくフォローしてくれましたね。

なんだかんだで統率力のあるジャハは頼りになりますね。

ルナも進んで協力してくれることになりましたけどエモリが話していたドローンよりも恐ろしいものが気になりますね。

グラウンダーの強化版みたいなのが出てくるんですかね?w

オクタヴィアもあの高さから落ちたら間違いなく死ぬと思いましたけど息があってなによりでしたね。

ロアンが進行を開始しているのではやく戻って準備を進めてもらいたいですね。

以上がSeason4の第四話『A Lie Guarded/醜い言い訳』のあらすじと感想のレビューでした。