海外ドラマ

海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ Season2」第四話『The Fury of Firestorm/ヒーローの資質』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ Season2」第四話『The Fury of Firestorm/ヒーローの資質』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season2 登場人物/キャスト

バリー・アレン/フラッシュ → グラント・ガスティン
アイリス・ウェスト → キャンディス・パットン
ハリソン・ウェルズ/リバース・フラッシュ → トム・キャヴァナー
ケイトリン・スノー → ダニエル・パナベイカー
シスコ・ラモン → カルロス・バルデス
ジョー・ウェスト → ジェシー・L・マーティン
エディ・ソーン → リック・コスネット
ヘンリー・アレン → ジョン・ウェズリー・シップ
ジェイ・ギャリック → テディ・シアーズ
ロニー・レイモンド/ファイアーストーム → ロビー・アメル
マーティン・シュタイン教授/ファイアーストーム → ヴィクター・ガーバー

 

第四話/エピソード4のあらすじ

バリーたちは、シュタイン教授がファイヤーストームとして結合するための新たなパートナーを探す。そして、STAR(スター)ラボチームは、有力な候補者として“ジャックス”ことジェファーソン・ジャクソンに会うが、ケイトリンは、ジャックスとシュタイン教授の相性が合わないのではないかと懸念する。一方、アイリスはあることでウェストを驚かせ、バリーとパティの仲は親密になっていく。(ワーナー海外ドラマ公式サイトより引用)

 

THE FLASH/フラッシュ Season2動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason2の第四話『The Fury of Firestorm/ヒーローの資質』のネタばれになりますので注意してください。

ケイトリンは倒れたシュタイン教授はロニーと長く離れていたことで体の中の分子が不安定になっていると説明した。

シスコはなんとか今の状態を維持できる装置を作ることにし、ケイトリンはシュタイン教授と結合できる可能性がある人物を探すことに。

バリーが警察署のラボに戻ろうとしているとパティが声をかけてくる。

パティはサメが陸を歩いていたという怪事件を調べておりバリーサメ人間の物であると思われる歯を分析してほしいと頼んだ。

バリーは自分はメタ・ヒューマン対策課ではないと言いながらもパティに協力してあげることに。

スター・ラボではシスコが教授の容体を安定させる杖を作り、ケイトリンは教授と結合できる可能性のある2人の男を見つける。

一人はヘンリー・ヒューイットとという科学者でシュタイン教授とも相性がいいと思われた。

もう一人はジェファーソン・ジャクソンで今は車の整備工場で働く青年だった。

バリーとシュタイン教授はジェファーソンの元へ行きケイトリンはヘンリーにコンタクトを取ることに。

ジェファーソンことジャックスに会いに行ったバリーたちは粒子加速器が爆発した時に起こったことを知ることができると言いジャックスを誘うが、ジャックスはあの時の事故でひざの靭帯を断裂してアメフト選手になるという夢を絶たれていたためあまり乗り気でなかった。

バリーは連絡先を置いて気が向いたらラボに来てくれと言いその場を後にした。

スター・ラボに戻るとケイトリンがヘンリーを連れてきていた。

バリーはジャックスのことが気になっていたが、教授の時間もあまりのこされていないことから仕方なくヘンリーで結合を進めることに。

だが結合できないという予想外の結果に驚く一同。

ヘンリーはぬか喜びさせやがってと怒って帰って行ったのだが、この時ヘンリーの手にはある変化が起きようとしていた。

一方、アイリスはジョーと一緒にフランシーヌと会うことにし待ち合わせをした。

アイリスに会えて喜ぶフランシーヌだったがアイリスは今さら現れて何のつもりなのかと感情をあらわにし、怨んではいないが二度と会いたくないと口にした。

それでもあきらめきれないフランシーヌはジョーに会いに行き自分がマクレガー症候群で先が長くないことを明かし困惑した。

そのころ、密かにこちらの世界にやってきていたウェルズ博士はマーキュリーラボへ行きある兵器を盗み出していた。

この時ウェルズ博士は姿を見られており、ジョーは犯人がウェルズ博士だったと聞いて驚きを隠せなかった。

ジョーはパティに今のバリーはシュタイン教授を救うのにいっぱいいっぱいであるためこのことは秘密にしておくようにとくぎを刺した。

スター・ラボでは膝を直してくれると言われ興味を持ったジャックスがやってきたのだが、実はそれがメタ・ヒューマンとなってヒーローとして活動することになると聞かされそんなものになる気はないと言い出ていこうとする。

止めるバリーだったがケイトリンはやる気がないのならここにいても仕方ないと強く当たってしまいジャックスは帰ってしまう。

その後バリーはサメ人間の歯のDNAの分析結果をパティに知らせ、人間のものと一緒だったと報告する。

この時パティは口を滑らせジョーに口止めされていることをしゃべってしまう。

気になったバリーはジョーに話を聞き裏が取れたら話すとはぐらかされてしまう。

またジョーはフランシーヌの先が長くないと聞かされたことをバリーに相談し、アイリスにも話すべきだと助言をされる。

反対にジョーはパティのことをどう思っているのかとバリーに尋ね、アイリスのことはわかっているが別の道も考えてみるべきではないのかと助言した。

スター・ラボではケイトリンが再びヘンリーにお願いしてみると意固地になっており、バリーは別の道を模索してみてもいいのではないかとアドバイスする。

そのころ、ファイヤーストームになれなかったヘンリーは怒りをあらわにしており、その怒りに呼応するようにメタ・ヒューマンとしての力が目覚め始めていた。

これによりヘンリーは暴走してしまい手がつけられなくなってしまう。

事件のことを知ったケイトリン達は前のことが影響してしまったのだと焦りを見せ、シスコはヘンリーには実は隠れた犯罪歴があることを突き止めていた。

ケイトリンはバリーの助言を受け入れ、自らジャックスの説得を試みることに。

だがケイトリンがジャックスと話しているとジャックスがファイヤーストームの候補であることを知ったヘンリーが襲い掛かってくる。

ケイトリンはジャックスを連れてスター・ラボに避難した。

スター・ラボではシスコが作った杖の効力が失われており教授がこん睡状態に陥ろうとしていた。

それを見たジャックスは自分がファイヤーストームになることを決意する。

結合は成功し、ジャックスは見事にファイヤーストームとなった。

ここでヘンリーが高校のグランドで電力を補給しているという知らせが入ったためジャックスとバリーはすぐに現場へ向かった。

メタ・ヒューマンになりかけとはいえヘンリーの力はなかなか強力でうかつに近づけない。

力は怒りに呼応しているようだったためケイトリンは怒らせればショートするかもしれないと言いバリーたちはヘンリーをバカにし始める。

ケイトリンの作戦通りヘンリーはショートしてしまい、スター・ラボのパイプラインに収容されることになった。

その後シュタイン教授は以前ロニーの時にも協力してくれた友人の尋ねると言いジャックスと共に去っていった。

一方、アイリスはジョーからフランシーヌが病気だと聞いてどうするべきか悩んでいた。

アイリスは一人でフランシーヌと会う決断をし話をすることに。

フランシーヌが病気であることは事実だったようだが、実はフランシーヌにはまだ秘密があった。

アイリスはそれを調べており、フランシーヌは姿を消した8カ月後に男の子を出産していたのだという。

それはジョーとの子供でアイリスの弟になる可能性もあったがアイリスは深く追求することなく、もう会うことはないと言い別れを告げたのだった。

そのころ、バリーはジョーの助言をうけてパティのことを気にするようになり、フラッシュのコスチュームで様子を見に行ったのだがここで予想外にサメ男に襲われてしまう。

それに気が付いたパティは銃を取り出しサメ男を撃つが全く聞かない。

サメ男は標的をパティにしようとするが、ここで何者かが現れサメ男を倒したのである。

バリーは去っていく男を追いかけ何者かと問いかけると、フードをとったその男の顔はウェルズ博士だった。

----------------------------------------------------------------------------------

最後の最後でサメ男が出てきましたね。

ウェルズ博士はマーキュリーラボに入ってあの銃のようなものを盗んでいたようですね。

バリーを助けてくれ他っぽいのでこのウェルズ博士はいい人そうですが油断は禁物ですね。

シュタイン教授は無事にジャックスとファイヤーストームになることに成功しましたね。

この後からレジェンド・オブ・トゥモローに出ることになるようですね。

それにしてもロニーのポジションがどんどんなくなっていきますね。

まさか本当にこれからは出てこないんでしょうかね?

バリーとパティは相性バッチリのような気もしますがそうなったらアイリスが黙ってないでしょうね。

以上がSeason2の第四話『The Fury of Firestorm/ヒーローの資質』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.